ヘアカラー



ヘアカラーの色落ちを遅らせる方法!綺麗な髪色を楽しむポイントです

こんにちは!!今の時代はヘアカラーをされている方多くいらっしゃいますよね!個性的な髪色からナチュラルな髪色の人まで幅広くヘアカラーされています。

fhdhd

 

そんな中で必ずお客様に相談されるのが「どうしたらヘアカラーの持ちが良くなりますか?髪色の色落ちを遅らせる方法は無いですか?」という相談です。

 

 

せっかくですから美容室で染めた綺麗なヘアカラーを維持させたいですよね?そこで今回はなるべくヘアカラーを綺麗な状態で保てる髪色ケアの方法、ヘアカラーの色落ちを遅らせる方法を教えさせていただきます!綺麗なヘアカラーを保ってハッピーに過ごしましょう!!

スポンサーリンク




 

髪色はなぜ色落ちするの?

 

 

まずなぜヘアカラーが徐々に色落ちしていくかを簡単に説明します。

 

 

まずヘアカラーというのは髪の毛の内部に染料を入れて髪の毛を染めます。それが少しづつ髪の毛のダメージなどによって、普段閉じているキューティクルが開くことで髪の毛の内部から染料が外に流れ出て退色していく。それが色落ちとなるのです。

 

 

ということは髪の毛になるべくダメージを与えることがなければ、染料が外に出て行かずヘアカラーや髪色が長持ちするということになります。

 

 

髪色の色落ち原因となるもの

 

 

色落ちの原因となるものは沢山あります。一部を紹介します^ー^

 

① 紫外線

 

紫外線でキューティクルが破壊され髪の毛がダメージを受けます。そこから色落ちへとつながります。

 

hdyd

⓶ ヘアアイロン、コテ、ドライヤーによる熱

 

熱は髪の毛にとってかなりの負担になります。毎日ヘアアイロンなどをしていると髪の毛の先がジリジリになり、痛んだ経験のある方も多いと思います。熱は髪の毛に悪いだけではなくヘアカラーに関しては染料そのものを破壊してしまい、ヘアカラーの色落ちにつながります。ドライヤーによる乾かしすぎもかなりの負担になりますね

 

gytfキャプチャ

③ 市販のシャンプーを使う

 

この原因はヘアカラーの色落ちを悩む方でほとんどの方が当てはまることだと思います。市販のシャンプーはとても洗浄力が強いです。シャンプーの良さは洗浄力の強さではなく髪の毛にどれだけ良いかを重視することがとても大切になります。

 

 

市販のシャンプーを使うと洗浄力がすごく強く、髪の毛を保護する膜やヘアカラーの染料そのものを一緒に洗い流してしまいます。

 

 

簡単な理由はこの3つくらいですね

 

CIMG3534

色落ちを最小限におさえる方法

 

 

髪色の色落ち原因は書きましたが具体的な色落ち対策としては、まずヘアカラーをした時に美容室でのサロントリートメントをする、普段からダメージの元となる紫外線や熱による対策をしっかりするということがすごく大切になってきます。

 

 

さらに私たちが皆さんにお勧めしたいのは、一度でいいのでサロン専売シャンプーを使っていただきたいです!!ヘアカラーの色落ちはもちろん、パーマの持ちも髪の毛のパサつきもしないよう髪の毛に優しく作られています。

 

 

ぜひ一度、世界で一番のシャンプーを使ってみてください!私たち4cmの美容師にご相談いただければお客様の髪の毛にあった、今現在最もおすすめなシャンプーを提案させていただきます^ー^

 

 

お客様にヘアカラーを長く楽しんでいただくために

 

 

私たちも美容室でヘアカラーをしてお客様に感動していただくことがとても嬉しいです。なのでお客様になるべくヘアカラーを楽しんでいただくためにこのブログを書かせていただきました。普段からケアをしていただいて綺麗な髪色で、綺麗なヘアカラーを長く楽しんでいきましょう!!

 

 

以上、美容室4cm横川店のバタヤンこと田端がお送りした情熱ブログ!(ヘアカラーの色落ちを遅らせる方法!綺麗な髪色を楽しむポイントです)でした。

 

tbさんomちゃん

スポンサーリンク




Return Top