ヘアカラー



自宅で行う市販のヘアカラー剤には注意が必要!セルフカラーは髪を傷める

みなさんこんにちは!ヘアカラーが大好きな横川店の象徴として輝いている店長の田端です。

6

 

最近ドラッグストアに行くとヘアカラー剤売り場にものすごい種類の市販のヘアカラー剤が置いてありますよね!お客様の中でもまれにご自宅でセルフカラーをされる方がいらっしゃいます。

 

 

しかし市販されているヘアカラー剤はもちろん美容室で施術するヘアカラー剤とは違うものになります。今回は市販のヘアカラー剤は何が違うのか?自宅で行うセルフカラーの注意点をご紹介します。

 

スポンサーリンク




① 薬剤の違い

 

市販のヘアカラー剤は美容室で使うヘアカラー剤と仕組みは同じなのです。1剤と2剤があって混ぜ合わせて使うという仕組みに関しては何の違いもありません。しかし成分に違いがあります。

 

簡単にいうと市販のヘアカラー剤はお値段的に安いので、髪の毛に対して刺激がものすごく強い成分で作られているのです。誰がヘアカラーを塗っても染まるように美容室のヘアカラー剤に比べて強く、ダメージを受けてしまいます。

 

 

② 希望のヘアカラーにするのが大変難しい

 

私たち美容師はお客様のなりたいヘアカラーを現在の髪の色、ダメージ具合を見ながらヘアカラー剤を調合してお客様にヘアカラーをしていきます。

 

それに比べて市販のヘアカラー剤は一応カラーの見本はありますがもともと染まっている色と混ざったり、ダメージによって色がキレイに染まらない部分が出来たり希望のヘアカラーにするのが難しいです。

 
image1
 

③ ヘアカラーがムラになりやすい

 

これが自宅でするセルフカラーのお客様の失敗で、一番よく聞く失敗です。セルフカラーは自分で塗ると後ろをキレイにヘアカラーが濡れていなかったり、時間をかけて塗ると最初に塗った部分と最後に塗った部分にヘアカラーの差が出て、ヘアカラー全体がムラムラになってしまいます。

 
1
 

ヘアカラーにムラがある状態で美容室でムラを直そうと思っても、なかなか1度でキレイに染めることはできない場合がほとんどです。

 

 

この3つが自宅でするセルフカラーの大きな注意点です。簡潔にいうと市販のヘアカラー剤で染めると髪の毛がすごく痛む、希望のヘアカラーになりにくい、ムラができやすく美容室でも直しにくいということです。

 

 

私たちはお客様の髪をキレイにするプロなので、ぜひヘアカラーに関しては私たちにお任せください!

 

 

以上、(自宅で行う市販のヘアカラー剤には注意が必要!セルフカラーは髪を傷める)でした。

スポンサーリンク




Return Top