ヘアカラー



美容院のヘアカラー!アルカリカラーと酸性カラーの違い!白髪染めにも注意が必要です

こんにちは美容院4cm諸江店です☆今回は、美容院の毛染めについて詳しくお話しさせていただきます(^O^)

1んgfn

 

皆さんがいつもするヘアカラー。最近は、ヘアカラーをしていない方のほうが少なくなってきているのではないでしょうか?気になるのは、白髪染めやアルカリカラーを繰り返し行うことで、髪の毛、頭皮に起こるダメージ‼︎どうして、傷むの⁇酸性カラーって聞いた事あるけどどんなもの⁇では、アルカリカラーと酸性カラーの違い、お答えいたします“〆(゚_゚*)フムフム

スポンサーリンク




 

美容院のヘアカラー(アルカリカラー)とヘアマニキュア(酸性カラー)の違い?

まず、染料と分類が違います。

※参考
[ミルボン]★★ファルグラン★★業務用 プロ用 ヘアマニキュア通販 ◆希望色選択

 

 

ヘアカラー剤

 

染 料 : ジアミン系酸化染料(酸化染毛剤)
分 類 : 医薬部外品
ヘアマニキュア
染 料 : タール系染料(酸性染料)
分 類 : 化粧品

 

2hfggFullSizeRender

 

一般的にヘアカラーをするといえばアルカリカラーを使うことが多いですよね。アルカリカラーの特徴、注意点

 

o 持ちがいい
o 色落ちしにくい
o 色の種類が豊富
o 髪が傷みやすい
などがあげられます。

 

 

おしゃれ染め★髪の黒い色素を脱色してから髪の内部に色を入れるので髪を好みのカラーにすることを言います。

 

白髪染め★色のない白髪に色を入れるので脱色することがない分、髪が傷まない気もしますが、その分染料が濃いのでやはり髪へ負担はかかってしまいます。
アルカリカラーに対して酸性カラーはヘアマニキュアのことをいいます。

 

酸性カラー★おしゃれ染めのように髪を脱色することなく髪の表面に色を付ける(コーティングする)ので、髪にダメージをあたえません。ただし髪の表面に色をのせるので、髪が傷んでいるときれいに染まらなかったり色落ちしやすくなります。お化粧と同じで肌が荒れていると化粧のりが悪くなるような感じですね。

 

 

そして酸性カラー(ヘアマニキュア)はアルカリカラーの様に頭皮から塗布出来ないのです。髪にピタッと密着させて色を付ける為に、色が手や頭皮、皮膚に付着するとなかなか落ちません。という事は、頭皮ギリギリからハケやクシで塗布する技術がいるので結構難しい作業になります。
また、頭皮から塗布出来ない事で根元の伸びを早く感じるかもしれません。しかし、頭皮に薬剤をつけないのでアレルギーがある人やかぶれやすい方でも酸性カラー(マニキュア)は使えるという事も言えるわけです。

 

 

もうひとつ!酸性カラー(マニキュア)は付着力が強力なので、自然に色が落ちるのを待たないとカラーチェンジが出来にくいです。特に白髪染めでマニキュアを使用している場合は、特に白髪染めのマニキュアは落ちにくいです。専用の薬剤もあるのですが、きれいには落ちないのが現状。この点も注意が必要です。

 

 

酸性カラーの特徴は、注意点

 

o 髪のダメージが少ない
o 色落ちしやすい
o 黒髪を明るくできない
o アレルギーの方も安心
o カラーチェンジしにくい
o ツヤ、ハリが出る

 

3fghf

 

※注意!染毛剤にはそれぞれ長所と短所がございます。白髪染めやカラーリングをするときは美容師と相談して目的と用途、ダメージに合わせてそれぞれ使い分けてみてください。

 

 

カラーリングは知れば知るほど、よく染めることもできますし、ダメージをよりなくすこともできます。そして、初めてアルカリカラーをされる方は、まれに重いアレルギー反応をおこすことがあります。必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行ってください。

 

4vgfbdIMG_8829

 

最後に。。。美容師オススメのヘアカラーの退色予防方法を教えします☆

 

≪温泉やプールは要注意!!≫

 

温泉やプールの塩素などは、アルカリ性です。そして、美容院で使っている、ヘアカラー・パーマ剤なども基本的にアルカリ性です。髪は、アルカリ性に傾くと表面のキューティクルが柔らかくなり色や栄養分が抜けてしまいます。

 

 

温泉の場合はなるべく髪を付けない方がいいでしょう。プールの場合は、なるべく早めにヘアカラー用シャンプーなど髪に優しいシャンプーで洗う事が大事です。あと、海水もダメージや色落ちの可能性が大きいので注意が必要です。

 

 

≪紫外線要注意!!≫

 

紫外線で髪が退色する理由は、紫外線によって、メラニン色素が壊されてしまうからです。
紫外線の影響を始めに受けるのは、髪の表面を覆っているキューティクルです。紫外線を受けると、キューティクルは剥がれてしまいます。剥がれてしまうと隙間から髪の内部に紫外線が入り込んでしまいます。
黒髪の人は、メラニン色素が多いので、髪の色の明るい人に比べてメラニン色素が紫外線の影響を吸収するので、ダメージが少ないのですが、内部に入った紫外線量が増えると紫外線を吸収しきれなくなったメラニン色素は分解してしまいます。

 

 

メラニン色素の量は髪の色の濃さに比例するので、メラニン色素が分解されて髪の内部からメラニン色素が減少してしまうと、髪の色が褪せて退色してしまうのです。頭皮の健康と、艶やかな髪の毛を守りたいときは、帽子や日傘から紫外線予防すると良いですね!

 

 

美容院でのヘアカラーの種類はたくさんあります。ヘアカラーをする際には注意してヘアカラー剤をお選びくださいね。

 

以上、『美容院のヘアカラー!アルカリカラーと酸性カラーの違い!白髪染めにも注意が必要です』でした。

IMG_1811.jpg12

※参考記事

ブリーチなしで出来るキレイなアッシュカラーのやり方を美容院4cmが教えます!

2015年秋冬トレンドヘアカラーはヘルシーカラー!塗り方は2種類

2015年秋冬の髪色はダークカラーで決まり!暗めのヘアカラーでもかわいくなれる

美容院4cmで人気のヘアカラー「バレイヤージュ」!違いはおしゃれな外国人風ヘアーになれる所

2015年秋のおすすめヘアカラーはマルサラカラー!オシャレな髪色はこれで決まり

美容室おすすめの白髪染めオーガニックカラー!髪へのダメージも少なく色落ちもしないので市販のセルフカラーより安心

ホームカラーとサロンカラーの違いを美容師が教えちゃいます!

ヘアカラーとヘアマニキュアの違いとは?美容師が教えちゃいます

色落ちが少ない黒染めカラーはもう古い?トレンドヘアカラーには暗染めがおすすめです

市販の黒染めカラーを多用する危険性とヘアーブリーチのリスク!美容院からの提案

2016年春夏のヘアカラーはブルージュカラーで決まり!!美容室4cm

男性の白髪染めヘアカラーは美容室がおすすめ!カッコイイ髪型提案しちゃいます。

2016年も大人気の髪色ヘアカラーは『アッシュ』!アッシュとはどんな色?

個性的なヘアカラーにはバレイヤージュ、マニックパニックのライラックがおすすめ

黒染めは美容院がおすすめ!市販の黒染めヘアカラー剤との違い

スポンサーリンク




Return Top