新着情報



赤い、痒い症状って頭皮の病気かも!美容師も知らない皮膚疾患

頭皮が乾燥する、痒い、赤い、フケが異常に出るなど頭皮のトラブルはなどはないでしょうか?頭皮の荒れ、痒い地肌、赤い湿疹など頭皮の病気には様々な症例があります。

usuge

 

見た目などから美容院に行けないと悩む人もいます。今回は代表的な皮膚の病気と症状、皮膚疾患を簡単に解説します。

スポンサーリンク




頭皮の病気!皮膚疾患

 

 

〈脂漏性皮膚炎〉

 

頭部、眉毛、小鼻、脇の下、背中などにおこり特に頭皮には最もできやすい皮膚疾患です。炎症が起きると地肌が赤い症状となりやすく、痒みを伴います。寝不足、アルコールの過剰摂取、ストレスなどが湿疹を悪化させるので注意が必要。ストレスがかかると誰にでもできる可能性があります。

 

 

〈乾癬〉

 

頭皮が赤い症状となり、盛り上がった紅斑の上にフケのような白い粉がついた皮膚炎です。外観が非常に目立ち触ると白い粉がおちます。原因は、遺伝的体質や免疫の異常が考えられます。完全に治すのは難しいです。非常に地肌が痒い症状の頭皮の病気です。

 

 

〈アトピー性皮膚炎〉

 

乾燥した肌にじくじくした湿疹ができる皮膚疾患です。過敏性の遺伝的体質を持っている人に起こる、慢性もしくはときどき繰り返す湿疹。原因はホコリ、だに、動物などのアレルギーになりやすい体質と皮膚のバリア機能の低下や精神てきストレスがあげられます。

 

NKJ52_atamawokaita-thumb-815xauto-15337

日常生活における頭皮の病気への対処方法

 

 

☆シャンプーは弱酸性で脱脂力の弱いものを選びましょう。

 

添加物が少ないもがよく、天然成分でも加水分解物が添加されているものは好ましくありません。また脂漏性湿疹の患者は抗真菌薬入りのシャンプーを予防に使用すると良いでしょう。

 

 

☆洗髪は優しく洗う

 

手のひらでやさしく洗うようにしましょう乾癬の患者は刺激を与えると症状が誘発されることがあるので注意が必要です。

 

 

☆パーマ、カラー時は保護オイルをつけてもらう

 

パーマやカラーの前には保護オイルをつけてもらうようにし薬剤が頭皮につかないように注意しましょう。これらの皮膚炎は感染することはありません。しかし発症した場合は悪化を防ぐために日常生活において様々な刺激に対する注意が必要です。

 

 

また普段の生活から食事、睡眠をきちんととり、ストレスを溜めないことが大切です。

頭皮に赤い、痒い症状がある人は早めの対策が必要です。ぜひ参考にしてみてください。

 

以上、(赤い、痒い症状って頭皮の病気かも!美容師も知らない皮膚疾患)でした。

Sent2

スポンサーリンク




※参考

女性の頭皮が赤い原因とは!改善にはシャンプーとマッサージが効く

頭皮の痒みに効くシャンプー!美容師おすすめベスト3

Return Top