ヘアカラー



きれいに髪を染める方法とは?ヘアカラーにはマニックパニックがオススメ

きれいに髪を染める方法とは?

IMG_5912

 

髪を染めるとき、「マニパニ」を入れるという若い人達はよくいますよね。マニックパニックやカラーバターは髪の毛にダメージ与える通常のファッションカラーよりも、髪が傷まない所がが売りで、ツヤを出す「トリートメント」とも別名で呼ばれています。髪を染める際にも、トリートメント感覚で揉み込みながらしていくので染めやすく、色ムラなくきれいににツヤのあるヘアカラーリングになります。

 

 

きれいなヘアカラーといえば、マニキュアもその一種でオススメです。。ヘアマニキュアは、髪の表面と、表面に近い内部にカラーが浸透し、髪をコーティングする薬剤です。こちらもダメージはでません。マニキュアは主に白髪を染める時にてきしていました。

 

 

それでは、きれいに髪を染める方法にはどちらがいいの?と思いますよね。ヘアマニキュアは、髪の毛に色素が入りやすくなるため、髪がパサつきます。要するに、パサつくけどはりこしがでるのがヘアマニキュア。そのためあえてボリュームが出やすくなり、年配の人には使いやすいです。

 

 

若い年齢層のひとには、ダメージが少なく、サラサラした印象を与えるマニックパニックやカラーバターををおすすめします。では、カラーバターもしれないとマニックパニックの違いはなんでしょうか。

 

スポンサーリンク




マニックパニックとカラーバターの違い

IMG_5825

 

基本的に、2つの成分は同じです。どちらもトリートメントが主成分になっています。ですが、マニックパニックの方が原色がおおく、カラーバターにはない色味もあるので、奇抜な髪にしたいと言う人にはオススメします。

 

 

一方、カラーバターの場合、少し量がおおく、値段が高めで、色が染まりやすい、という特徴があります。はじめて髪を染める時、値段が高いヘアカラーだと、うまくできなかったら諦める傾向はみなさんあると思います。最初は重要ですよね。

 

 

好みに合わせて自分の好きなヘアカラーをダメージなく楽しめる時代になってきているのです。詳しいヘアカラーの種類に関しては美容師にお聞きくださいね。きれいに髪を染める方法はたくさんありますので。

 

 

xdvxIMG_0446
以上、(きれいに髪を染める方法とは?ヘアカラーにはマニックパニックがオススメ)でした。

スポンサーリンク




※関連記事

髪が痛まないヘアカラー!マニックパニックの秘密

マニックパニックをトリートメントで薄めて淡く入れる方法

大人気マニックパニックの使い方!メンズにピンクもオシャレです。

マニックパニックの赤色に初挑戦!髪色はレッドがオススメ

マニックパニックの使い方!今回はロカビリーブルーの青色を入れていこうと思います!!

マニックパニックの染め方はポイントで使う方法がオススメ!トレンドヘアカラー

個性的なヘアカラーにはバレイヤージュ、マニックパニックのライラックがおすすめ

Return Top