スタイリングのやり方



長い前髪の流し方!長い前髪を斜めに流すコテを使った方法

長い前髪の方で、 前髪が伸びてきて目にかかる、、、 斜めに流したいけどどうコテを入れたらいいか分からない。 うまく流れない! 前髪の流し方がわからないとゆう方に、今回はコテで長い前髪を斜めに流す方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク




コテを使った長い前髪の流し方!

 
nagai
 

まず、クセ毛の方はドライヤーでクセを少しひっぱって伸ばした状態でコテを使って下さい☆髪がまとまってない状態でコテを入れても、綺麗にカールがつきません。しっかり乾かして、もし、乾燥しやすい方は巻くまえのミストをつけてあげると長持ちしすよ☆

 

 

コテは入れる角度で、カールの強さが変わりますし、髪のどの位置から巻くかによってカールの始まりが決まります。大体温度は細い髪のかたは140℃〜160℃、髪が太い方は160℃〜180℃が目安となります。時間がかかる方は低温気味でじっくりと、慣れて早く巻けるかたは高めの温度ですることをオススメします✨

 

 

あまりひとつのところに5秒以上コテをあてると髪の毛にダメージが出るのでよくありません。あまり熱を入れすぎると髪のタンパク質がゆで卵のように熱で硬くなって、髪が硬くなり、ヘアカラーなども入りにくくなります。 あとはコテの種類ですが、コテによっても、髪が滑りにくいものや、グリップの部分が硬くて力がいるものがあります。

 

 

個人的には道具はやりやすい物のほうが、嫌にならずに楽しくコテができると思うのでオススメします。 さらに森本ちゃん個人的なオススメが『クレイツプロ 32㎜』がとにかくやりやすいです。 滑りがとてもいいので、斜めに流す前髪にももってこいですし、ワンカールも滑らすように巻けちゃいます。さらにセラミック加工がされてて、巻いた後の髪がツヤが出て綺麗にみえます☆
長い前髪の流し方の動画でもこのアイロンを使ってます。

 

 

まず、

 

 

⑴前髪を斜め45度に引き出して開く方を下に向け開いて前髪を挟みます。そしてそのまま下にコテを抜くだけで斜めに流れる前髪が作れます。

 

 

さらに

 

 

⑵長い前髪はまた斜め45度に引き出して、また開く方を下にして開いて髪を挟み、アイロン1回転半回してはなすともう少しカールができて、雰囲気が変わります。また立ち上げ前髪は分け目をいつもより多めにとって、斜めに流すとよりオシャレに流せますよ☆

 

 

目の下の場合は軽く流す程度に。ノーズラインとリップラインは大胆に⑴の巻き方で。 顎下になると⑵の巻きかたがオススメです。やはり顔周りの前髪の流し方で印象がだいぶ変わるので、せっかくならぜひコテを使って長い斜め前髪を楽しんでみて下さい‼︎

 
kiyitt
 

以上、(長い前髪の流し方!長い前髪を斜めに流すコテを使った方法)でした.

スポンサーリンク




Return Top