くせ毛対策



【毛先がはねる】【髪がパサつく】原因は!対策方法は美容師にお任せください

こんにちは。
今回は、よくお客様が抱えている髪の毛のお悩みについて、
原因や美容師なりの対策方法お話したいと思います。

 

 

【毛先がはねる】【髪がパサつく】
よく聞くお悩みです。

 
a
 

スポンサーリンク




なぜ【毛先がはねる】のか

 

 

まず、毛先がはねるお悩みで特に多いのは、
いつもはショートカットやアゴラインなんかのボブスタイルにしているけど、
成人式や結婚式、または気分転換に髪を伸ばし始めた方の途中段階でよく聞きます。

 

 

ということは…
毛先がちょうど肩に当たる長さになっていませんか?

 

 

それが大きな原因です。肩に当たってはねたまま、髪の毛が形づいてしまうのです。

 

 

その原因とは

 

 

髪の毛は、水分を含み濡れた状態から乾く時に形づきます。

 

 

ちゃんと乾かしていても、空気中の水分を含んでそのまま肩に当たっている状態だと形づいてはねてしまいます。

 

 

朝しっかり内巻きにブローしたのに、
もしくは、朝しっかりコテで内巻きにしているのに、夕方にははねているよ!?と思いますよね?

 

 

朝しっかりブローやコテで内巻きにして、一日中首を動かさなかったら大丈夫かもしれませんね(笑)

 

 

でも、動かすし、風で髪の毛がなびかされたりもします。
先ほど言ったように、空気中の水分や汗なども髪は含んでしまいます。

 

 

じゃあ、パーマで内巻きに形づければどうだろう?
それも、コテで内巻きにしたのと同じで、曲がった先が肩に当たればはねます。

 

 

どうすればいいの?

 

 

結果対策方法は、伸ばしている段階で肩にあたる時期はハネは我慢です!
もちろん、ブローやコテやパーマで内巻きに保てる時間は延びるとは思いますが、100%お悩み解消するのは難しいでしょう。

 

 

でも、肩より下に伸びてくれば解消されますよ!

 

 

それでも、クセなんかではねやすい場合は、パーマやコテは効果的です!

 

 

しかし、毎日コテを使ったり、定期的にパーマをかけてしっかりケアができていないと、
【髪がパサつく】原因となります。

 

 

また、髪がパサつくということは水分が保たれていないということなので、
さらにはねる原因になってしまいます。

 

 

美容師が教える対策方法

 

 

「我慢です」と言いましたが、全く改善できないわけではありません。
ご自宅でもできる対処方法があります。

 

 

それでは美容師が教える【毛先がはねる】【髪がパサつく】
どちらもちょっとは改善できる、対策方法をご紹介します☆

 

 

まず、毛先がはねるというお悩みをお持ちのみなさんは
毛先のクセは毛先を濡らして伸ばせばいいと思われがちですが、
大事なのは根元です。

 

 

髪をかわかすときに根元を少し浮かすように乾かしてあげると毛先が内巻きに収まりやすいです。

 

 

前髪や顔まわりの髪も、肩に当たるのと同じで、根元を潰して乾かすと、
前髪ならおでこ、顔まわりなら頬といった顔の凹凸があり、そこにぶつかってはねたりします。

 

 

でも、根元を起こして乾かしてあげると、毛根から真下に髪が落ちるより顔の凹凸の影響が少なくなります。

 

 

なので乾かす時の最初は、根元を浮かして乾かしましょう!

 

 

また、乾きにくい根元を先に乾かすことで、頭皮の半乾き状態もなくなり、
頭皮にもよく健康な髪が生えてきやすくなります!

 

 

そして、ドライヤーを当てる前には必ず洗い流さないトリートメントを
お使いください!!!

 
Attachment-1
 

これはもはや常識です。

 

 

保湿性、保水性のある洗い流さないトリートメントをつけることで、ドライヤーの熱から髪を守るだけではなくて、
1日中髪の中の水分を保ってくれます。

 

 

そうすることで、髪のパサつきを防ぎ、内部が乾燥しないので毛先のはねも抑えることができます。

 
image1
 

「しっかり洗い流さないトリートメントをつけて、根元から浮かすように乾かす」
これだけで、【毛先がはねる】【髪がパサつく】どちらも解決できるかもしれません♪

 

 

解決できるもの、できないものはありますが、これを読んで「なるほど!」と思っていただければ幸いです(笑)
やり方がわからないというときは、私たち美容師にご相談ください!
 

 

以上、(【毛先がはねる】【髪がパサつく】原因は!対策方法は美容師にお任せください)でした。

スポンサーリンク




Return Top