ヘアカラー



マニックパニックをトリートメントで薄めて淡く入れる方法

ビビットなカラーで有名なマニックパニックですが、
今回はマニックパニックをトリートメントで薄めて淡く入れる方法を教えます!

 
image3
 

最近はただマニックパニックを使って色を入れるのではなく、マニックパニックを薄めて淡く入れるのが流行りになっています!

 

 

そのまま入れてもいいですが、薄めて淡い色も可愛くておしゃれ感が出ると思いますよ。

 

スポンサーリンク




 

マニックパニックとは

 

通称マニパニと呼ばれ、
なんとマニパニの素晴らしい所はダメージレスのカラー剤!

 

 

マニパニはマニキュアなので、毛髪の表面にしか色が入らないので、ダメージが全くありませんよ〜!
トリートメント成分で出来ているので仕上がりの手触りがサラサラになります!

 

 

さらに海外でも実際にトリートメントして使うモデルさんや女優さんがいるぐらいらしいです。
カラーも出来てさらにダメージレスにしてトリートメントが出来るなんて一石二鳥じゃありませんか⁉︎笑

 

 

手で直接触ると、手がグチャグチャになりコンビニとか行きにくい事になるので薄手の手袋があるといいと思います!!

 

 

マニパニには入りやすい色と入りにくい色があります!

 

 

赤色はブリーチなしでも髪色が明るい状態であればいい感じに発色はしてくれます。

 

 

青色はブリーチなしではなかなか綺麗発色してくれません‼︎
白いに近いぐらいまでブリーチで抜いてあげると綺麗に入ります‼︎

 

黄色ぐらいまで抜けている髪に入れると黄色と青色が混じり緑になります‼︎

 

 

トリートメントで薄めて使う方法

 

ビビットなカラーが多いマニパニですが、
トリートメントで薄めて使うと、パステルカラー、淡い色にできちゃうんです!

 

 

マニパニ専用の薄めるミックス剤もあるのですが、
ご自宅にあるトリートメントでもできます。

 

 

ただ、マニパニには色の濃さを「★」の数で表記してありますが、
星の数が1つや2つのものを薄めてしまうとぜんぜん色が入らないので、
薄めるときは3つ以上のものを使いましょう!

 

 

使い方は、普通にマニパニを使うときと同じ、薄い手袋をしてマニパニとトリートメントを
手のひらで混ぜ、髪の毛にトリートメントをするように塗っていくだけです。

 
image1
 
image2
 

マニパニはマニキュアなので、シャンプーしていけば色が少しずつ落ちていきます!
薄めている場合は落ちるのが早くなりますが、
何度でも色々な色が楽しめますし、
繰り返してカラーを被せてもダメージがないので、毎日使っても大丈夫です!

 

 

マニパニの注意点

 

 

注意する事はマニパニした後は、普通のカラー染めても入りません‼︎

 

 

マニパニが毛髪の表面に膜を張っているので、カラー剤を塗っても弾いてしまうから注意して下さいね‼︎

 

 

ぜひマニパニでビビットなカラーからパステルなカラーまでいろいろ楽しで下さい‼︎

 
image3
 

マニパニをご自宅でキレイにできないという方や、
メッシュやセクションカラーなど高度な技術が必要な場合は是非4cmまでよろしくお願いします!

 

 

以上、(マニックパニックをトリートメントで薄めて淡く入れる方法)でした。



スポンサーリンク




※関連記事

髪が痛まないヘアカラー!マニックパニックの秘密

大人気マニックパニックの使い方!メンズにピンクもオシャレです。

マニックパニックの赤色に初挑戦!髪色はレッドがオススメ

きれいに髪を染める方法とは?ヘアカラーにはマニックパニックがオススメ

マニックパニックの使い方!今回はロカビリーブルーの青色を入れていこうと思います!!

マニックパニックの染め方はポイントで使う方法がオススメ!トレンドヘアカラー

個性的なヘアカラーにはバレイヤージュ、マニックパニックのライラックがおすすめ

Return Top