新着情報



2016年金沢マラソン完走しました!コースも最高です。

image1

 

 

こんにちは!美しさは日頃の美容院とランニングを提唱するタニイです!
今回は少し髪や美容と離れて、先日参加させていただきました「金沢マラソン 2016」の参加レポートをお送りします!

 

 

私事の記事ではございますが、金沢マラソンに興味のある方、これからランニングを始めたいという方、沿道で応援された方は是非読んでみてください!

 

スポンサーリンク




 

まず、金沢マラソンって!??

 

image3
 

今回で第2回目となるマラソン大会ですが、種目はフルマラソン(42.195km)となる国際陸連、日本陸連公認の市民型マラソン大会です。
今年は13,000人の参加定員でしいのき迎賓館をスタートとし7つのテーマゾーンに分けたコースを設定、金沢市内の観光スポットや景観を楽しみながら走ることができます。

 

「金沢をまるごと走る!」をキャッチフレーズに、様々な演出や金沢の魅力を随所に盛り込まれていて制限時間も7時間と余裕を持って楽しく回遊することができます。

 

 

金沢マラソンの特徴と魅力!

 

◎7つのコースゾーン!

大会のコースを金沢の魅力を感じられる7つのゾーンに分けられています。

 

①スタート~歴史的景観ゾーン
②中心市街地ゾーン
③新動脈、山環ゾーン
④学生のまち文教ゾーン
⑤旧街道まちなみゾーン
⑥白山連峰を望む田園ゾーン
⑦駅西新都心ゾーン~ゴール

 

2016新コース

 

◎エイドステーションの充実!

コース5箇所に設置されたエイドステーションが金沢マラソンの最大の特徴です。
スポットを「食べまっしステーション」と命名、石川県の特産物や食文化をフルコースメニューとしてランナーにお届けしてくれます。

 

 

◎コース沿道の応援!

第一回大会でも話題になった市民の方の切れ目ない応援パフォーマンスで金沢の「おもてなし」の精神や優しさを感じることができます。コース17箇所に応援スポットを設けており、和太鼓やよさこい、演舞などの応援ステージ、沿道にぎやかし隊、おっかけ応援コース、応援グッズの提供などで数え切れないボランティアの方々や市民の方々がランナーへの声援を送ってくれます。その数はボランティア参加者で5000人以上!沿道応援者で20万人を超えるそうです!

 

 

◎大会ゲストが豪華!

石川の出身者である松井秀喜氏や、辻口博啓氏など多くの著名人の方々が大会の広報大使として参加しています。
さらに松本薫氏は今回ゲストランナーとして参加しています!
さらには、参加賞の充実や完走メダルは金沢美大生のデザインだったり大会のこだわりが所狭しと盛り込まれています!

 

 

マラソンで準備するもの

 

ちなみにワタクシ、タニイは今回が初大会、初フルマラソン参加ということで万全の準備をして挑みました。
これから始めようと考えられている方も参考にしてみてください。

 

image6

 

○ランニングシューズ
○ゼッケン
○ランニングウェア
この3点は絶対にいるものです。ないと走れません。

 

image1

 

○スポーツタイツ
○キャップ
○ランニングポーチ
○タビオ
この辺はお好みで。足の速い人ほど軽量で薄着です。タビオはオススメです。
五本指ソックスは当然ですが、強度があり踏み込む力がアップします。

 

image2

 

○スポーツゼリー
○補給食
アミノバイタルのゼリーはカロリー補給として。顆粒タイプは筋肉疲労の軽減と、回復を早めるために。マグオンは足がつるの防ぎます。
メダリストは走った後の水分補給として。それと塩飴を持っていきました。

 

image3
 

○雨具
去年はスタート前の雨がランナーの方を苦しめたので、一応専用のポンチョも用意しました。

 

image1

 

○ワセリン
○絆創膏
走っていると擦れが体の随所に発生するので事前対策として。

 

image2

 

ざっとこんな感じです。必要なものはポーチに、ゴール後の着替えはリュックに入れてスタート前に預けます。

 

スタートは8時50分からで、30分前くらいには整列していないといけません。
スタート前の準備運動をして、トイレをすませて。師匠から頂いたアミノバイタルプロを言いつけの通り一時間前に
飲みます。あとはエネルギー切れにならないよう定期的に補給を取るようにします。
これで準備は万端ですね。

 

※師匠から頂いた伝家の宝刀。

 

image1

 

 

image1
 

スタート直前~
ランナーの人たちが控えています。カップルでの参加やグループで参加している方が多く、皆さん賑やかで楽しく過ごしています。

 

一人で参加していて知人のいないタニイはすみっこのほうで準備運動していました…
スタートの直前の整列します。

 

ランナーの能力をA~Hまでグループ分けしており、早いベテランのランナーの方はスタートラインに近い場所から整列します。
タニイはHグループということで仙石通りの後ろからです。
ここからでは開会セレモニーや著名な方々の様子は何一つとして見れません…

 

 

image2

 

いよいよスタートです!
13,000人の人が走るので最初は超渋滞です!普通に歩いています。最初の2kmはセレモニーや応援団の方などお祭りムードで、ランニングしてる感じじゃないですね。
ガンガン沿道の人とハイタッチします。みんなの声援がハンパないです。

 

 

タニイもこの時はたくさん写真を撮ったりハイタッチしたりしてます。気がついたらホントの最後尾でちょっと恥ずかしい気持ちになりました。
仮装をしているランナーをたくさんみましたが、応援の人もしています。酒飲んでるんでしょうか?

 

image1

 

 

image2

 

 

この人も後ろを向いて止まって写真撮影。みんなスマホなどでバシャバシャ撮ってます。

 

image5

 

とにかく応援がすごい圧倒されます。タニイも後ろを向いて撮りました。ホントは余裕はありませんが…

 

image6

 

 

スタート時は天気も良く気温もちょうどで気持ちよかったです、日にちを前回大会よりニ週間早めたのが功を奏したようです。

 

image7

 

 

10km地点 寺町~環状線
最初の10km上り坂が続きます。寺町から泉野を通り、窪まで行き、山環をもりの里まで走りますが、そこでもずっと人だらけ!

 

image1

 

 

応援の人が絶え間なく、テンションも高いのでハイタッチをしまくりました。おそらく500人以上としたような気がします。
やたら野球少年が多かったですね。

 

image2

 

スーパーマンさんは超人気者でした。しかもイケメンでしたし。

 

 

20km付近 東山~8号線

 

image1

 

出ました!食べまっしステーション!ここで初めて気が付いたんですが、最初のエイドステーションを見逃してしまいました!
一つ目のエイドは「県産フルーツ」ということで「シャインマスカット」「クイーンセブン」でした…
ものすごく楽しみにしていたのに残念です…

 

 

ここでは「百万石和菓子スポット」ということで和菓子を提供しています!ご当地の名産品「らくがん」「きんつば」「どら焼き」「羊かん」など様々!「いがらまんじゅう」までもあります!
実はようかんなど甘くて高カロリーのものはランナーにはありがたいのです!しかも笑っちゃうくらい美味い!

 

image2

 

かがやきさんもいつもよりは遅いですががんばって走っています。

 

image4

 

 

25km付近 白山連峰を望む田園地帯
この辺りではアップダウンは無くひたすら拓けた道を走り抜けます!見晴らしがいい分、次の給水スポットまでやたら長く感じました…体力的に疲れも見えてきた頃で白山を望む余裕なんて全くありません!

 

 

27km付近での「石川県産米、野菜スポット」です!おしるこ、いなり寿司、沢庵とお腹をいっぱいに満たせます。

 

image1

 

おしるこは残念ながら冷えていました…

 

image2

 

しかしありがたいです!五郎島金時使ってます!

 

 

これくらいから足の疲労感がかなり増してきました。
最初のテンションとアドレナリンでごまかしてきましたがやはりフルマラソン、簡単ではありません。
皆さんしんどそうです。ハイタッチどころで無いです。

 

 

30km地点 浅野川~金沢駅西口
みなさんしんどい山場ですが30km地点では金沢マラソンの目玉!「金沢カレースポット」が登場です!

 

image1

 

 

ここではゴーゴーカレー、ゴールドカレー、ターバンカレーの金沢カレー御三家がおもてなししてくれます!
今年はグレードアップでカツカレーです!二口程でしたが普段食べているカレーの8倍美味かったです。

 

image2

 

みなさんヘロヘロ状態ですがやはり匂いを嗅げば食欲が湧くもの。エイドは大人気でした!
ゴリラも来てます!

 

image3

 

 

タニイの足もかなり重くなり心の葛藤が続いていましたが、ここまで来ると全く知らないボランティアの子の声援で泣きそうになるくらいありがたかったりします。

 

image1

 

 

そしてフルマラソンランナーたちを襲う「30kmの壁」が容赦なく襲い掛かります!
皆さん下を向いて足取りも心もと無い状態です…周りの人たちはおそらく自分と同じマラソンビギナーの方々、喋らずともしんどさが痛いほど分かります。

 

 

ここへ来てこの状況ですが、ピンクレンジャーは写真撮影も快く受けてくれました。
この人も多分普通の格好ならめちゃくちゃ速いんでしょうね。

 

image2

 

35km地点 県庁~金沢西高校~ゴール
金沢駅から県庁までの長いストレートですがここへ来て雨風がさらに強くなりランナー達に追い打ちをかけます!
タニイも一番しんどさを感じた地点でした…

 

 

しかしここで最後のエイド!「金沢スイーツスポット」です!辻口さんの金沢銘菓「YUKIZURI」をはじめパウンドケーキ、クッキー、五郎島金時のフィナンシェなどが背中を押してくれます!ボランティアの方の声援が絶え間なく続きます!

 

image3

 

疲れてても食い気はあります。

 

image4

 

 

ついにゴール!

 

image5

 

感動の瞬間みたいなのは特になくぬるっとゴールしましたが何とか完走できました!
泣いたらどうしよとか考えてましたがそゆのは別に無かったです。
しかしゴールの西武緑地公園内は最後まで応援の人たちで埋め尽くされていました!

 

image2

 

 

最後は完走タオル、完走メダル、記録証、バナナ、とり野菜みその素を頂けます。最後まで金沢色を出してきます。

 

image1

 

 

まとめ

 

金沢マラソンレポートいかがでしたか?
一年前、第一回金沢マラソンを見て自分も参加したい!と思いランニングを始めました。
この大会での完走を目標に練習してきて完走出来たことはとても嬉しさと充足感を味わえました。

 

ランニングは個人競技ですし自分の性分に合ってるなと思っていましたが、実際走ってみると「ランニングをすること」と「フルマラソンを走ること」は全く種目が違いました。

 

運営に参加されたボランティアの方々の心遣いや自分の家族を応援してるかと思うくらい一生懸命にエールを送ってくれた人、こども達の枯れそうなくらいの大きなガンバレの声援やいろんな方の支えによって完走出来たことを感じました。

 

今回は目標タイムには届かなかったですが来年はぜひ記録を更新出来るようもう一度参加したいですね!
今回はレポートということで主観での記事となり、長々と駄文を書きましたが要は金沢マラソンは最高だったとタニイは言いたかったのです。

 

これで来年金沢マラソンに出ようかなと少しでも思った方がいらしたら幸いです!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

「金沢マラソン2016!大会完走レポート!!」でした!

スポンサーリンク




※参考
マラソンランナーにオススメ!2017年口コミ人気サプリメントランキング

マラソンランナーがサプリメントを飲む最適なタイミングは60〜90分ごと!

Return Top