ヘアカラー



市販の黒染めカラーは危険!美容院で黒染めした方が良い3つの理由

実習や就活などで髪の毛を黒染めしなければならない時期ではないでしょうか?

「黒にするくらいなら自分で市販の黒染め薬で染める」という人もたくさんいると思いますが実は、黒染めこそ美容院でするべきなのです!!

うgjtyty

※参考
黒ばら本舗/黒染ヘアクリーム 150g

 

その理由は、

スポンサーリンク




 

美容院で黒染めした方が良い3つの理由

 

bんhmん、kimage1

 

①市販の黒染め薬はパワーが強いものが多く、ものすごくダメージを受ける

②塗り分けができないので、次に染めるカラーは間違いなくムラになる

③カツラみたい?必要以上に黒く不自然な感じになることも

 

 

以上3つです。一つずつ解説していきますね。

 

 

《①市販の黒染め薬はパワーが強いものが多く、ものすごくダメージを受ける》

 

 

市販で売られている黒染めカラー剤の多くは、どんな髪質、ダメージがる人が染めてもある一定の仕上がりになるように薬剤のパワーを強く設定しています。

 

 

現在市販で売られているカラー剤で一番に馴染みがあるのは「泡カラー」ではないでしょうか?

 

 

モコモコしてる泡を髪に塗ってしばらく時間を放置したら黒に染まる。泡で黒く染まる、、、かなり不思議ですね。

 

 

それだけ薬剤自体のパワーが強いということです。その為、市販品で髪を染めると必要以上に髪に負担をかけ、かなりダメージを受けます。美容院では黒染め薬のパワーを調整できるので最小減のダメージでカラーをすることができます。

 

 

《②塗り分けができないので、次に染める時に間違いなくムラになる》

 

 

市販の黒染めカラー剤を使って染める場合、根元から毛先まで何も考えずに一度に塗ってしまいますよね。市販の薬剤を使う人は、ほとんどがプロではないので当たり前なのですが、

美容院で黒染めをする場合、同じ薬剤で一度に塗ることはほぼありません。

 

 

時間差をつけて塗るか、薬剤を変えて塗ります。その理由は、髪の根元、中間、毛先で髪の状態が違うからです。健康な髪とダメージを受けている髪では、薬剤の吸い方、反応の仕方が大きく異なります。

 

 

毛先にパーマが残っていたり、ブリーチ、縮毛矯正、などなど美容院ではさまざまな髪の遍歴を考慮しヘアカラーをします。そうすることで次にヘアカラーをする時の弊害になりません。

 

 

《③カツラみたい?必要以上に黒く不自然な感じになることも》

 

 

①番や②番で紹介した内容を踏まえるとカツラっぽく不自然になることもわかりますよね。

人それぞれ髪質、髪の状態は違います。

 

 

なので黒染めカラー剤もそれぞれにあったものを選ぶべきですが、市販のカラー剤をドラッグストアーなどで選ぶ時「⚪︎⚪︎⚪︎ブラック」「✖︎✖︎✖︎黒染め」など商品名やキャッチコピーで選んでしまいます。

 

 

髪色の自然な黒はその人がもつ瞳の色と言われています。自分に合わないカラー剤を使っていても望んだ仕上がりになるのはかなり難しいですよね。

IMG_1774

 

【まとめ】

 

1、美容院で黒染めした方が髪の状態、髪質を考慮して薬剤を選ぶので最小限のダメージで髪に負担も少ない。

 

 

2、また不自然な色の黒になりにくく、次回ヘアカラーをする際もムラになりにくい。

 

 

市販の黒染め薬でセルフカラーをした方が、時間とお金はかかりませんが、髪のダメージは気になりませんか?黒染めの後は、またヘアカラーをする予定はありますか?黒染めをする際は市販の黒染めカラーで染めるか美容院で染めるのか、自分の髪とよく相談してくださいね!

 

以上、女性の髪を守る事が生き甲斐の、美容室4cmダイジョウがお送りした『市販の黒染めカラーは危険!美容院で黒染めした方が良い3つの理由』でした。

0062.jpg12

※参考記事

ホームカラーとサロンカラーの違いを美容師が教えちゃいます!

スポンサーリンク




Return Top