新着情報



男性におすすめの正しいハンドケア方法!カサカサ肌と手を治す

少しずつ気温も下がり始めきました。冬場になると特に乾燥しがちで、肌荒れや手荒れを起こす人も多いです。間違った手荒れのハンドケア方法は重症化を招くので、正しいハンドケア方法を覚えることがとても大切です。

image1

 

健康な肌は毛穴から皮脂膜や角質層の保湿成分によって肌バリアが正常に機能するので外部からの刺激も受けにくいですが、乾燥した肌は肌バリア機能が低下しているので水分が失われ、外部からの刺激も受けやすいです。

 

 

乾燥、カサカサ肌、炎症、亀裂の順に症状が悪化していくので、異変を感じたらすぐに皮膚科に行くようにしましょう。

 

スポンサーリンク




【日常で行うハンドケア方法】

 

 

熱湯に手をつけるのは効果的?

 

 

熱湯に手をつけると血管が大きく開き、痒みの原因となる物質が出るので一時的に痒みから解放されるますが、熱湯は皮膚バリアをさらに壊すので行ってはいけません。

 

 

手荒れを重症化させない為と早く治すには保湿が大事です。水仕事後、就寝前、何もしてない時などこまめにハンドクリームを塗るようにしましょう。そして出来るだけ手袋をして乾燥から手を守ることが大切です。(手荒れを治すおすすめの手袋は、木綿の手袋です!)

 

 

手は体の中で皮膚の表面の角層が最も厚く、丈夫にできています。そのため手荒れが進行すると治すのに時間がかかります。重症化しないためにもハンドケアをしっかり行いましょう。

 

029

【男性にもおすすめ!ハンドクリームでできるハンドマッサージ】

※参考記事

ハンドマッサージの方法と効果!手軽にできるツボ押しで血行促進と保湿効果が有る

 

ハンドクリームで手荒れをケアするついでにハンドマッサージで体の機能を高めましょう。手は「第二の脳」と言われるくらい脳との関係性が高いです手にはいくつかツボが存在し内臓などの全身とつながっています。

 

 

肺、腎臓、心臓、肝臓、膵臓に効くと言われているツボが手のひらに存在し、これらのツボをマッサージでほぐすことによって臓器の働きを高めると言われています。

 

 

指先には

 

親指 → 脳

人差し指 → 胃

中指 → 心臓

薬指 → 神経

小指 → 生殖器

のような関係性があり、爪の付け根の位置を指で挟み圧迫します。

 

 

痛みを感じると弱っている、負担がかかっている、疲れているのサインです。マッサージをする時はツボ、効果を意識すると、とても効果的です。

 

 

これからの季節、カサカサ肌とカサカサした手を治すには、正しいハンドケア方法が効果的です。男性のみなさんも肌や手が荒れていると女性に嫌われますので、こまめな肌や手のお手入れをおすすめします。

 

 

以上、(男性におすすめの正しいハンドケア方法!カサカサ肌と手を治す)でした。

004.jpg12

スポンサーリンク




Return Top