メイクのやり方



20代におすすめメイクの仕方!アイメイクで簡単にハーフ顔になるやり方

よく見る20代のモデルさんでも、マギーやトリンドル玲奈、ダレノガレ明美や雑誌やテレビに引っ張りだこなローラなど、あこがれのモデルさんはみんなハーフ顔!

rtytry

 

あこがれてメイクを濃くしてもギャルになってしまったり、メイクが不自然になってしまったりしないですか?20代が目指すメイクははナチュラルで透明感のあるハーフ顔!

 

 

なので今回は、いつものメイクに2アイテム足すだけで簡単にハーフ顔になれるおすすめメイクの仕方を紹介します。

スポンサーリンク




 

20代におすすめのメイクの仕方!アイメイクで簡単にハーフ顔になるやり方

※動画と一緒にご覧下さい。

 

 

まず、アイブロウパウダーを使います。アイブロウパウダーは眉毛の柔らかい印象を与えるだけではなく、ノーズシャドウにも使いやすいアイテムです☆

dhfrh

 

入れる位置は眉頭の下の所から鼻の小鼻までのラインにかけて徐々に薄くなるように入れます。ローラの目元をよく見てもらうと分かるんですが、眉毛の目の間の距離が近いんです!

目と眉毛の距離が近い方がよりハーフ顔になれる、アイメイクの仕方ポイントになります。

 

 

そのときの注意点が、あまりにも濃く入れすぎると不自然で表情が怖くなってしまうのであくまでもナチュラルに入れて下さい☆★いきなり入れるのが怖い場合は薄い色から段々濃くしていってもらうと失敗がないですよ♪

 

 

もう一つのおすすめは、今人気の多い赤シャドウです♪これを使うだけで一気に変わります!

 

 

赤シャドウって腫れぼったくみえるんじゃないか?とか、血走ったような目になりそう。。。と思いがちなんですが、今回はいつものメイク(ブラウンメイク)に重ねるかたちなので、腫れぼったくも血走ったような目にもなりません!

jhthtr

rturtu

外人の方やハーフの方特有の、肌が透けて血色が浮き出ているような色素の薄い肌に近づけます。チップで塗るよりは指で少しずつぼかしてあげたほうが自然な血色が浮き出てきているような目元になれますよ♪目頭よりも目尻側に赤シャドウをのせてあげた方がでか目効果もあります♪

 

 

よりハーフ顔を目指すならチークとリップは同色系にして、髪色と同じ眉マスカラを使うとグッとあか抜けて可愛いですよ!目元に色があるのであくまでチークは薄めにした方がより目元が協調されます。

 

 

シーズンや流行に合わせてメイクの仕方も変化させて、毎日のメイクのマンネリを変えちゃいましょう!とくに秋冬はマニッシュやワイドパンツなどカッコイイ服装も多いので、20代の人はハーフ顔メイクでよりクールにカッコよくキメると素敵になりますので、美容師おすすめ簡単メイクのやり方、ぜひ試してみてください♪

 

 

以上、(20代におすすめメイクの仕方!アイメイクで簡単にハーフ顔になるやり方)でした。

写真 2015-11-05 22 24 11

スポンサーリンク




Return Top