メイクのやり方



2016年におすすめの眉毛の形は太眉!美容師が眉育を紹介

2015年から流行の太眉。今年も太眉ブームは続くようで、今年はさらにナチュラルな形の太眉が流行するようです☆

ナチュラルな形の太眉を作るには地眉毛がしっかりはえていることが大事。

 

しかし、細眉ブームの時に抜きすぎてはえてこなっくなってしまった!

 

もともと眉毛が薄い…そんな方もいるのではないでしょうか。

 

2016は眉育でしっかり地眉毛をはやしていきましょう!

スポンサーリンク




 2016年におすすめの眉毛の形は太眉

そんな眉育のために眉毛の美容液が流行らしく、さらに眉毛の育毛剤やエクステなんかも出てきているようです。まつ毛エクステはされている方も増えて定番化しつつありますが、眉毛のエクステは聞きなれませんよね。

※参考

アマゾン 眉毛 育毛剤

楽天 薬用育毛ミニエッセンス 眉毛育毛剤

 

 

地眉毛に専用のエクステを専用グルーでつけていくもので、左右ムラなく対象に仕上がるみたいです!しかし、まだまだ浸透していないのでお値段も高く、持ちも2週間ほどとなかなか手を出しにくいですね…

 

 

そこで、眉毛がはえてこなくなる原因と、日ごろからできる眉育方法をお話ししていこうと思います☆眉毛のはえてこなくなる原因は、抜きすぎたという過去のほかに、毛穴のつまりも多いようです。

 

 

毛穴のつまりとは、汗や皮脂のつまりやお化粧が落とし切れていないこと、日焼け止めが残っていることが要因です。毛と毛の間のお化粧は残りやすいので毎日しっかりクレンジングする必要があります。

 

 

他に、日ごろからできる眉育方法は、眉毛付近の血行を良くすること。顔にもたくさんの血管があり、髪の毛と同じで血行が悪くなると健康な毛がはえてこなくなってしまいます。

 

 

まぶたの上の骨が出っ張っている部分や眉毛のまわりをマッサージして血行を良くしてあげましょう。そして、保湿して今はえている毛や肌をいたわってあげることっも大切。化粧水や保湿クリームなどをコットンに含ませて眉毛に貼ってパックをするのがおすすめ☆

 

 

汚れをしっかり落とし、血行を良くし、保湿をすることで今ある毛は太くなり、そして健康な毛がはえてくるので眉毛を増やすことができます!

 

 

では、美眉とはどんな形の眉毛なのか?

 

自分の眉毛は美眉項目に当てはまるかチェックしてみて下さい♪

 

 

1.左右対象な眉毛であること。

 

眉頭、、眉山、眉尻の高さを左右対象にするのは、当たり前のようで意外と難しいも

の。しかし、とても重要ポイントです!

 

 

2.ヘアカラーと眉カラーに統一感がある。

 

髪の毛の色と眉毛の色が統一されていないと眉毛が浮いて見えてしまうので眉カラーや眉マスカラで色を統一させましょう!

 

 

3.地眉毛が適度にはえている。

 

地眉がはえていることで濃く描く必要がなくナチュラルな眉毛に仕上げることができます。

 

 

4.立体的な眉毛がかけている。

 

地眉毛が少なかったり、ナチュラルに描けていないと平面的で不自然な眉毛になってしまうので、毛並みをそろえたり、描いた眉ラインをぼかすと立体的でナチュラルな眉毛が描けます☆

 

 

最近ではもはや定番化してきた太眉ですが2016年は「ふんわりナチュラルな太眉」と「辛口ハンサムな太眉」服装やその日のイメージに合わせて使い分けることでよりイマドキフェイスになれるようです!

 

 

顔の印象の8割が眉毛の形で決まるといわれるほど女性のメイクで大事な眉毛。ぜひ丁寧に眉育やメイクをして美眉で美人になりましょう♪

 

CIMG3534

以上、(2016年におすすめの眉毛の形は太眉!美容師が眉育を紹介)でした。

スポンサーリンク




Return Top