ヘアケア



美容師オススメ!抜け毛や薄毛を予防して髪をきれいに伸ばす方法10選

髪の毛、頭皮にいいことには敏感で美意識の高いみなさん、こんにちは。

1486087984186

 

毎日、生活を送っている中でこれは髪の毛、頭皮にいいだろうと意識して行っていることっていくつくらいありますか?

スポンサーリンク




 

 

美肌、ダイエットなど今、現在の状態より良くしたいと思った時には、やはり毎日、持続することが大事ですよね。髪の毛、頭皮も毎日持続することで健康に美しく保ち、抜け毛、薄毛を予防できる行動パターンがたくさんあります。

 

 

今から挙げる美容師オススメの髪をきれいに伸ばす方法10項目のうち、みなさんが意識して行っていることはいくつあるでしょうか?

 

では、

 

抜け毛や薄毛を予防して髪をきれいに伸ばす方法10選

 

 

□ 毎日使うシャンプーの内容成分を理解し、自分に合った物を使っている。

 

□ リンス、コンディショナーではなく、毎日トリートメントを使っている。

 

□ お風呂上りに、頭皮に育毛剤や養毛剤をつけてマッサージをしている。

 

□ お風呂上がりのタオルドライの時に髪の毛に気を遣いながら拭いている。

 

□ お風呂上りに、なるべく早くドライヤーを使って髪の毛を乾かしている。

 

□ ドライヤーで髪の毛を乾かす前に、濡れている状態で洗い流さないトリートメントを髪の毛につけている。

 

□ ドライヤーの冷風機能を使っている。

 

□ 髪の毛、頭皮にいい食品を知っていてよく食べるようにしている。

 

□ 髪の毛、頭皮にいい飲み物を知っていて毎日飲んでいる。

 

□ サウナが好き。

 

 

このうちいくつ該当しましたか?

もし全て該当していたら素晴らしいですね!6、7項目くらいでも優秀ですよ。

 

 

おそらくサウナはなかなか該当する人は少ないかもしれないですね。実はサウナも頭皮に対していいんですよ。

その説明は後ほどいたします。まずは、優先順位が高いこれです。

 

 

 

[ シャンプーとトリートメントを自分の髪質、頭皮の状態に合った物を使う ]

 

今の髪の毛の状態はいかがですか?

カラーリングをしている髪、パーマをしている髪、カラーとパーマを両方している髪、どちらともしていない髪だとどうですか?

 

 

髪の長さはロングヘア、ミディアムヘア、ショートヘアでしょうか?

 

 

髪質はやわらかい直毛、やわらかいクセ毛、かたい直毛、かたいクセ毛でしょうか?

 

 

そして、毎日入浴時に使っているシャンプーとトリートメントはどのような物をお使いでしょうか?

 

 

ドラッグストアで購入した物、美容室で購入した物、口コミや売れ筋ランキングを見てネットで購入した物など様々でしょう。どれがいい悪いではなく自分の髪質、ダメージ具合、頭皮の状態に合っているのかが重要です。

 

 

シャンプーを選ぶ上で重要なのが、洗浄成分である界面活性剤です。

界面活性剤という言葉は耳にしたことはありますか?女性のほうが知っている人は多いかもしれません。

 

 

洗剤や石鹸、化粧品や食品にも乳化剤として使われています。

界面活性剤とは簡単に言うと水と油を混ぜ合わせる物質です。混じり合わない物質同士に界面活性剤を入れることで混合されます。

 

 

では、シャンプーってあの容器一本にどのようなものが入っているかご存知ですか?

IMG_9459

 

水、界面活性剤、増泡剤、防腐剤、pH調整剤、香料、コンディショニング剤などが混ざってシャンプーになっています。

容器の裏側を見ると成分表示があり化粧品登録のシャンプーであれば配合されている成分が多いものから順に記載されています。

 

 

まず一番最初に記載されているのが水ですね。その水があの容器の中に何%入っていると思います?市販品、サロン専売品で違いますが60~90%が水なんです。そうなんです、結構な量が水なんです。

 

 

残りの40~10%の7割が界面活性剤になります。あとの3割が増泡剤、防腐剤、pH調整剤、香料、コンディショニング剤が配合されています。

 

 

水以外の大半が界面活性剤ということからどういうシャンプーを使うのかが重要になってきます。水から5番目くらいまでが主成分の界面活性剤、補助剤になるのでここを見るといいです。

 

 

市販のシャンプーで一般的に多く使われている界面活性剤が高級アルコールのラウレス硫酸系です。高級と言っても高価、上等ということではないです。安価な界面活性剤で一番多く使われています。

 

 

泡立ちはいいのですが洗浄力が高いため皮膚刺激も強いです。

過度に頭皮の皮脂という油を落としすぎると、乾燥の原因になり、その乾燥を補おうとして頭皮が過度に油を出してべたつきやすくなることがあります。

 

 

細毛、太毛関わらずカラー、パーマをしている人はラウレス硫酸系が配合されているシャンプーは避けましょう。カラー、パーマをしていなくてもロングヘアの人も洗浄力が高いので毛先の乾燥に繋がるので避けるといいでしょう。

 

 

髪をきれいに伸ばす方法としてカラーやパーマをしている人は、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルアスパラギン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNaなどのアミノ酸系の界面活性剤が配合されているシャンプーがオススメですね。

 

 

髪の毛のダメージレベルが高く、頭皮が脂性の人は両性界面活性剤のベタイン系のシャンプーを使うと泡立ちもよく、洗浄力もマイルドでなめらかな洗い上がりになります。良いと判断されるシャンプーはアミノ酸系、ベタイン系が両方配合されていることが多いです。

 

 

そして、髪のボリュームを出したい人は保湿力の低いシャンプー、ボリュームを抑えたい人は保湿力の高いシャンプーにします。同様にトリートメントにも言えます。あと、ロングヘアの人は毛先のほうが生えてから2年から長い人は3年近く経っているので保湿力の高いトリートメントがオススメですね。

 

 

それから何故美容師がリンス、コンディショナーじゃなく、トリートメントを毎日オススメするのかと、いうと髪の毛の内部から補修してくれるからです。

リンスやコンディショナーは補修というよりコーティング目的なのでトリートメントを毎日して内部に栄養を入れて下さい。髪をきれいに伸ばす方法としても大変効果的です。

 

 

界面活性剤の種類と市販品と美容室専売品の内容成分の違いがわかるブログはこちら

関連記事

自分に合うシャンプーの選び方!選ぶポイントは表示されている内容成分の界面活性剤!
 

 

 

[ 抜け毛、薄毛が気になる前から育毛剤、養毛剤を使う ]

スポンサーリンク




 

なんとなく、育毛剤とかって男性が使うものみたいなイメージを持っている人はいませんか?そんなことはございません。今は多くの女性が社会に出て男性と同じようにストレスも抱えますし、頭皮環境も崩れやすいのです。ですから、女性も男性と同じように抜け毛や薄毛を予防できる頭皮のケアはとても大切なのです。

 

 

もしかしたら、多くの人が抜け毛や薄毛が気になってから使い出せばいいかなと思っています。

 

 

実は違います。

 

 

基本的に育毛剤も養毛剤も今ある髪の毛を抜け毛や薄毛を予防して、頭皮環境を整え、髪の毛を健康に保つ働きを促すものなので髪の毛がしっかりある今、頭皮が健康な今だからこそケアが必要なのです。

 

 

育毛剤、養毛剤、発毛剤の効果、違いがわかるブログはこちら

※関連記事

育毛剤・発毛剤・養毛剤・効果の違いとは!美容師が教えちゃます

 

 

 

[ 髪の毛のドライをする時に必要なこと、気をつけること ]

 

まずはタオルドライです。この作業をしっかりするのとしないのとで、ドライヤーをかける時間がかなり違ってきますし髪をきれいに伸ばす方法としても重要です。。ドライヤーの時間が短くなれば、髪の毛への負担も軽減されますしね。

 

 

タオルドライ時に気をつけることはゴシゴシとタオルと髪の毛、髪の毛と髪の毛を擦らないことです。濡れている髪の毛はとてもデリケートですので強く拭いたり擦れると、キューティクルが剥がれ髪の毛のダメージの原因となります。

 

 

美容師オススメ!神タオルドライ

 

・ まず頭にタオルを乗せ、手のひら、指全体で頭をギュッ、グッと押さえます。そこから少しずつ中間、毛先を拭いていきます。擦るのではなく、タオルで髪の毛の束を握る感じです。

 

 

・ 次にタオルを裏返して、擦るのではなくマッサージをする意識でタッピング方式で根元の水気をよく取ります。髪の毛の密度がある耳後ろからネープもしっかり水気を取ります。ここからもう一度中間から毛先の水気を取ります。タオルで挟んで軽く叩くようにしてもいいです。

 

 

これを何回か繰り返します。やはり毛量によって回数は変わります。多毛の人はよりしっかりしましょう。

 

 

*髪の長さによって回数は調整して下さい。

 

 

・ ここで一度クシやブラシで髪の毛をといで下さい。目の細かい物だと引っかかって髪の毛に負担がかかるので目の粗い物でして下さい。毛流を整えると内側のの濡れている髪の毛の水気を取りやすくなります。

 

 

美容師オススメブラシ タングルティーザー


 

 

・ 最後に全体的に擦らず拭けば神タオルドライの完成です。

 

 

 

タオルドライの次は、洗い流さないトリートメントをつけます。

 

 

最近では、自宅でもつけている人がかなり増えてきてると思います。中にはたまに、つけるという人もいますがこれはやはり毎日です。そして髪の毛が濡れてキューティクルが開いている状態でつけます。そうすることによって、ドライヤーによる水分が飛びすぎるオーバードライを防ぎます。

 

 

洗い流さないトリートメントには霧状のミストタイプ、エマルジョンのクリームタイプ、油分性のオイルタイプがあります。これもシャンプーと同じで髪質、ダメージレベル、ボリュームをどうしたいかで自分に合ったものを選びます。あと、季節で使いわけてもいいですね。乾燥しやすい冬はより保湿力の高い物を使っても効果的です。

 

 

美容師オススメの洗い流さないトリートメントのより詳しいブログはこちら

※関連記事

洗い流さないトリートメント!コタスタイリングベースの効果!冬の乾燥ケアに

浜尾

 

ここから、ドライヤーで乾かしていきます。

その前に、もう一度クシでといできれいに毛流を整えてから乾かしましょう。こうすることで乾かし終わったあとの髪の毛のおさまりが良くなります。ドライヤーは振りながら熱を逃がしながら乾かすと負担を軽減することができます。

 

 

毛先の方は水分が飛びやすいので根元から乾かしていきます。全体が乾いたら最後にドライヤーの冷風機能に切り替えて、根元から毛先に向かって髪の毛全体を冷やします。これをすることで髪の毛にツヤとしまりが生まれます。アホ毛のおさまりも良くなるんですよ。

 

 

[ 髪の毛、頭皮に良い食品を知ってバランスの取れた食事を摂る ]

 

 

健康な髪の毛、頭皮環境を作る働きをする栄養素として、髪の毛の主成分であるアミノ酸を含む「タンパク質」、抜け毛、薄毛を防ぎタンパク質を髪の毛に生成する働きのある「亜鉛」、頭皮環境を正常に保ち、新陳代謝を活発化させ血行を良くする「ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE」がとても重要になります。

 

 

このような栄養素を多く含んだ食品をバランスよく摂取することが健康かつ強い髪の毛、頭皮を作る上で欠かせません。抜け毛や薄毛を予防して髪の毛をきれいにする髪の毛、頭皮に良い食品はこちらです。

 

 

卵 ・・・ 卵にはタンパク質はもちろん、ミネラルや亜鉛など髪の毛が生成されるのに必要な多くの栄養素が含まれています。ただ、生卵ではなく、ゆでたまごか目玉焼きが効果を得られます。生卵の黄身と白身をかき混ぜていないことがポイントです。

 

 

黄身にはビオチンという髪の毛を生成するアミノ酸の働きを高め、育毛や発毛に効果のある成分が多く含まれています。生卵をかき混ぜることで、白身に含まれるアビジンというタンパク質が、黄身に含まれるビオチンと結合して高分子の物質となり体内への吸収が妨げられてしまいます。

 

 

 

アビジンは加熱することで変形してビオチンとの結合が薄れます。ということから、髪の毛、頭皮に対して効果を得られるのは、かき混ぜていない状態で加熱調理したゆでたまご&目玉焼きなのです。

 

 

牡蠣 ・・・ よく海のミルクと言われますが、牡蠣には健康な髪の毛を生成するのに必要な栄養素をとても多く含んでいます。

 

 

 

髪の毛を健康に成長させ、頭皮の新陳代謝を高め、血行をよくするビタミンB群、ビタミンA、ビタミンC、卵の黄身にも含まれているビオチン、抜け毛や薄毛を防ぎ髪の毛を強くする亜鉛がとても多く含まれています。そして銅も含まれていてキレイな髪の毛を生成するのに効果的な栄養素です。この亜鉛と銅を一緒に摂取するとより効果的です。

 

 

 

ナッツ、大豆 ・・・ 髪の毛の材料となるタンパク質が多く含まれています。

 

 

 

鉄、亜鉛、カルシウムなどのミネラルも多く含まれているため髪の毛、頭皮に対してとても効果的です。大豆には、イソフラボンが含まれているため抜け毛、薄毛予防の効果が期待できます。

 

 

鮭、イワシ、サバ ・・・ タンパク質のほかにビタミンB群や、髪の毛のツヤや水分バランスに必要なオメガ3脂肪酸が含まれています。

 

 

緑黄色野菜、ニンジン、トマト、フルーツ ・・・ ご存知の通り、色の濃い野菜は体にもいいですがビタミンA、C多く含まれているので健康な髪の毛を維持するには必要不可欠です。トマトに含まれるリコピンは高い抗酸化作用で髪の毛や頭皮の老化予防に効果的です。フルーツの柑橘類に含まれるビタミンCも髪の毛の老化を防ぐ、抗酸化作用があります。

 

 

 

乳製品 ・・・ 牛乳、バター、チーズやヨーグルトにはカウシウムをはじめ髪の毛に必要なタンパク質やビタミンがバランスよく含まれています。

 

 

 

ゴマ ・・・ 髪の毛に必要な成分、タンパク質、亜鉛、ミネラル、ビタミンなどが多く含まれています。抜け毛、薄毛を予防する効果が期待できます。

 

 

唐辛子 ・・・ 唐辛子に含まれる辛味成分カプサイシンは頭皮の血流を良くし育毛効果が期待できます。

 

 

これらの髪の毛、頭皮にいいとされる食品を使ってできる美容師オススメの料理がこれです。

vitamin1

 

・ 白ゴマ&きざみのりかけ納豆ご飯 目玉焼きのせ

 

・ イワシトマト煮

 

・ 鶏肉のピリ辛トマト煮

 

・ キムチ納豆冷奴

 

・ 牡蠣とトマトのピリ辛バターニンニク炒め

 

・ ナッツ&フルーツ入りヨーグルト

 

 

というのはいかがですか?かなり髪の毛、頭皮に対して効果的な栄養素が含まれている料理ばかりです。料理の得意な人はこの食材を使ってもっとレパートリーを増やせるでしょうね。

 

 

[ 髪の毛、頭皮にいい飲み物を毎日飲もう ]

※参考

甘酒の効果効能とは!美容や健康にすごい効果が!効果的な飲み方!

 

甘酒 ・・・ 甘酒は「飲む点滴」とも言われビタミンB群、葉酸、システイン、グルタミンなどのアミノ酸、大量のブドウ糖が多く含まれています。甘酒には卵の黄身にも入っているビオチンが含まれており美しい髪の毛を生成するサポートをします。コウジ酸は頭皮を若返らせる効果が抜群です。

 

 

 

ルイボスティー ・・・ ルイボスティーには高い抗酸化作用があり、タンパク質、ミネラル(亜鉛、カルシウム、鉄、銅)が多く含まれていて細胞を活性化させ、抜け毛、薄毛を予防して育毛効果が期待できます。

 

 

この飲むという行為は何よりも簡単にできるのでないでしょうか?我が家では冷蔵庫の中のお茶はルイボスティー、毎朝甘酒を大人も子どもも飲んでいます。ルイボスティーのデメリットとしては容器にまぁまぁ着色するというところですかね。

 

 

[ 週2でサウナに入りろう ]

 

では、最後にサウナと髪の毛、頭皮との関係について説明いたします。

 

 

ヒートショックプロテインという言葉をご存知ですか?サウナに入り身体の細胞に熱が加わると、タンパク質が損傷します。

 

 

それと同時にヒートショックプロテインという別のタンパク質が生まれます。ヒートショックプロテインにはタンパク質の損傷を修復する性質があるため細胞の再生を活発化させ免疫力を高めます。これが、育毛、発毛効果があると言われています。

 

 

サウナに入ることによって新陳代謝を活発にし、血行を促進させ免疫力を高め、頭皮環境を健康にし、育毛、発毛効果が期待できます。これがサウナと髪の毛、頭皮との良い関係です。

 

サウナに少し興味を持った人はこちらのブログをどうぞ

※関連記事
育毛・発毛効果のあるサウナに行こう!頭皮環境を改善する方法に最適

 

 

 

[ まとめ ]

 

以上が抜け毛や薄毛を予防して髪の毛をきれいに伸ばす方法10選です。すぐには全部できなくてもいいです。自分には今日からできるものは何か選んでみて下さい。

 

 

そのひとつの行動が習慣化されればもうひとつ、ふたつと増やしていけばいいと思います。ひとつのことを3週間続ければ習慣化されるはずなので、これを続けてきれいな髪の毛、健康な頭皮を作っていきましょう。

 

 

以上、(美容師オススメ!抜け毛や薄毛を予防して髪をきれいに伸ばす方法10選 )でした。

1485846733175

スポンサーリンク






Return Top