ヘアカラー



白髪染めの髪を明るくトーンアップする方法!ハイライトがオススメ

こんにちは。
今回のテーマは、白髪染めの髪を明るくトーンアップするにはハイライトがオススメ!です。

スポンサーリンク




 

 

白髪染めをされている方の中で、いつも暗い茶色であったり、黒く染めている方はたくさんいらっしゃると思います。そういう方でも、いつも一緒で飽きてきて、たまにはいつもより明るくしたいと考えることもあるでしょう。

 

 

いつもより明るく染める、つまりトーンアップですね。

 

 

ヘアカラーの中では、ファッションカラーのトーンアップは簡単です。ですが、この白髪染めというのは実はトーンアップするには厄介なものなのです。暗い白髪染めのヘアカラーは、白い髪を黒、もしくは暗い茶色にするということなので、染料がものすごく濃いのです。

 

 

基本的には、白髪染めのヘアカラー剤はブラウンをベースに作っているためもともとがファッションカラーに比べて色素が濃く、トーンのバリエーションが少ないのです。

 

 

また、すぐにトーンアップしなくても、時間によって起こる毛先の退色に合わせて徐々に根元のリタッチの薬を明るくして、最終的に明るくするという方法もありますが、これは非常に時間がかかり、急がない人には毛先のダメージがなくトーンアップできるのでオススメですが、すぐにトーンアップしたい人には気が遠くなる話です。

 

 

ただこの場合も注意して、いただきたいのが、白髪染めのカラー剤は、トーンが明るくなればなるほど、白髪がしっかり染まりません。明るければ明るいほど、色素が薄く、白髪を染めるというより白髪を目立たなくボカすという言い方がわかりやすいかと思います。

 

 

ようは、まわりの黒髪を明るくしてその中に薄い茶色を白髪に入れてなじませるということです。では、今すぐ明るくしたい方。

 

 

色素の濃い白髪染めを明るくするには毛先をブリーチ剤など、脱色効果の強いカラー剤を使うことになりますが、毛先全体のダメージは避けられません。明るくなることと引き換えに、手触りはガサガサし、ツヤのないパサついた髪になってしまいます。

 

 

そこで、私たち美容師がオススメするのは、ハイライトによるトーンアップです。

 

 

ハイライト、つまりメッシュというやつですね。

※関連記事

黒染めをハイライトヘアカラーで明るく染める!

 

髪の毛先全体をトーンアップするのでなく、細く取った毛束だけをブリーチ剤などで明るくするのです。そうすれば、髪全体がダメージするのではなく、一部だけのダメージに抑えられます。

 

 

例えば、髪全体の5割、もしくは3割だけをトーンアップさせるなど、割合もコントロールできます。その割合の部分しかダメージさせず明るくできます。

 

 

また、普通に明るい白髪染めで染めると、先ほどご説明したとおり、白髪がしっかり染まらないのですが、この場合はしっかり白髪に色素が入った状態で一部だけ脱色して、明るく見せるということなので、明るくしたいけど、白髪もしっかり染めておきたいという方にはオススメです。

 

 

ちなみに、メッシュと聞いて、黒髪の中に金髪がある虎のような髪をご想像される方もいらっしゃると思いますが、それほどのトーン差ではなく、あくまで、ナチュラルなハイライトで明るく見せることができるのでご安心ください。

 

 

以上、白髪染めの髪を明るくトーンアップするにはハイライトがオススメでした。

スポンサーリンク






Return Top