ヘアケア



リンス・コンディショナー・トリートメント・効果の違い!

多くの方が毎日シャンプーを朝か夜などにすると思うのですが、ショートヘアの男性であれば、そのままリンス・コンディショナー・トリートメントをしないで、流して終わり!なんていう感じですね。

スポンサーリンク




 

しかし!女性の場合や髪のダメージや広がりが気になる方などでしたら、その後髪の手触りを良くする為にトリートメントなどをつけて、仕上げますよね。

 

 

お風呂で使う流すタイプのトリートメントや、お風呂上がりに、ドライヤーで髪を乾かす前につける流さないトリートメント。その他にもリンス、コンディショナーなどもあります。
今回はリンス・コンディショナー・トリートメントの効果違いを、よく知らない方に向けて簡単にわかりやすくお伝えしますね!

 

 

リンス・コンディショナー・トリートメント効果の違い!

まずリンスの効果

リンスはシャンプーの後に使うことで、髪の表面に静電気などを帯電させないようにしてくれます!手触りを良くして、ツヤを出す効果があります。キューティクルに保護膜を作ってくれるので、髪同士の摩擦を抑えてくれます。つまり、髪の表面を整える目的の成分が主に配合されているものです!

 

 

つぎにトリートメントの効果

トリートメントはリンスのように髪の表面になめらかさやツヤを与えてくれる役割もあるのですが、違いとしては髪の内側のダメージもしっかり補修する効果があるのがトリートメントの働きです!

 

 

内容成分としては、髪の内部の水分を保持してくれるヒアルロン酸やトレハロースなどや、ダメージしている内部にアミノ酸やたんぱく質を補修してくれる効果が有る成分が代表的なものです!

 

 

最後にコンディショナーの効果

コンディショナーに関しては実は特に決まった定義や違いが無いようです。
どちらかと言うとリンスと同じように髪の表面を整えることを目的にした商品が多いので、内容成分や効果も似ています!リンスよりも髪のまとまりを良くする為に、髪の表面を保護する成分が多く含まれているものがあったりするので、実際に使ってみて、細かい使用感などの違いで好みが分かれるかと思います!

 

皆さんが知ってるかも?

スポンサーリンク




リンス・コンディショナー・トリートメントに含まれている代表的な内容成分の効果

コラーゲン
髪のたんぱく質に似た性質で、内部補修をしてくれます。それ以外にも髪の表面に吸着することでコシを補強もしてくれます!

 

 

シアバター、シア脂
シアという木の種から取れる天然の脂。紫外線などの日焼けを防いでくれます!

オリーブ油
髪の表面からの水分蒸発を防ぐことで、潤いを維持する役割です!

海藻エキス
これも水分を吸収するのを助けてくれるので、潤いを維持してくれます!

 

 

これらはリンス・コンディショナー・トリートメントに含まれている代表的な内容成分ですが、その他にも髪の表面と内部を補修してくれる成分を色々と含んでいるリンス、コンディショナー、トリートメントです!

 

 

それぞれの役割や効果、内容成分を少しでも知ることで、これまでより自分の髪に合うものや、好みに合ったものを選んであげられかもしれませんね!参考にして見てください。

 

 

以上、(リンス・コンディショナー・トリートメント・効果の違い!)でした。



※関連記事

リンス 、コンディショナー、トリートメントの違いとは?美容師が詳しく教えちゃます

美容師がおすすめするトリートメントの使い方とは!コンディショナーとリンスの違い

 

 

Return Top