Toggle

最新美容情報



ぱっちり二重になりたいなら♡プチ整形の「埋没法」で脱・アイプチ!

誰もが憧れるぱっちり二重。
生まれつき一重・奥二重の人は、あの手この手で二重になる方法をたくさん試したのではないでしょうか?

今や二重を作るグッズ、方法は様々!ドラッグストアに行けば二重グッズがズラリと並んでいますよね。

しかしグッズの使用はあくまで一時的なもの。

メイクを落としてしまえばあっという間に一重・奥二重に元通りになってしまうのです。

そこでノーメイクでもぱっちり二重を保ちたい、メイクでの二重作りが面倒・・・ということから「埋没法」というプチ整形を行う女性が増えているんですよ!

プチf整形と聞くと少し気が引けてしまいますが、埋没法は美容整形の中でも比較的リーズナブルかつ、短時間で済ませられる手術なんです。

広坂店副店長
三野
今回はそんな「二重埋没法」について、たっぷり勉強したことを紹介したいと思います!

 

【この記事を監修した美容師】

美容室 4cm 広坂店副店長
三野 由惟

明るい人柄のヘアデザイナーとして顧客に絶大な信頼を得ている。

ハイトーンカラーや特殊なヘアカラーを得意としている。

ヘアスタイルだけではなく、美に関する知識も深い。

 
スポンサーリンク




 

最もメジャーな二重グッズ・アイプチ

メザイクやアイテープなど様々な二重グッズが発売されていますが、最もメジャーなのはアイプチであると思います。

広坂店副店長
三野
この記事をご覧の方の中にも、実際にアイプチを使用しているという方が多いのではないでしょうか?

 

アイプチと言えば二重を作りたいラインに液体を塗り、専用のプッシャーでまぶたを押し込めば二重が完成するというスグレモノ!

使い方は非常にシンプルで、安価で買えるのも良いですよね。

しかしそんなアイプチですが、手軽さ故にさまざまなトラブルも発生しやすいのです。

広坂店副店長
三野
ここからはアイプチのデメリットについて簡単に紹介していきましょう!

 

アイプチのデメリットとは?

まずアイプチが肌に合わないという人も多いです。

手軽に二重を作れるのは魅力的ですが、あの液体(ノリ)が皮膚に炎症を引き起こしてしまう場合も!

「最初は大丈夫だったけど、使用を続けていたらかぶれてきた」なんて声もよく聞きます。

まぶたは皮膚が薄い部分であり、目の周りですので非常にデリケート。

広坂店副店長
三野
一度炎症が起きてしまうと、繰り返し似たようなトラブルに見舞われてしまうことも・・・。

 

またアイプチは強力な液体であることから、しっかりとメイクを落とす必要があります。

まぶたにノリが残ってしまうと、トラブルを引き起こす原因にもなります。アイプチを使用したのならオイルクレンジングなど強めのメイク落としでオフしなくてはなりません。

ジェルやミルク等は洗浄力が弱いので、落としきれない可能性があります。

アイプチが向かない人も多い?

実はアイプチが向いていない人も多いのです。

液体が肌に合わないだけでなく、まぶたの脂肪が厚い(重い一重)だとアイプチでは二重が作れないという人も。

脂肪が多いと、どんなに強力なノリでもまぶたが持ち上がりません。
アイプチは比較的、まぶたが薄い人向けと言えるでしょう。

 

またアイプチは角度によって二重を作っていることがバレてしまいます。

どうしてもノリを塗った部分が光ってしまうため、「いかにもアイプチをしている!」感はぬぐえません!

広坂店副店長
三野
メザイクやアイテープ等もそうですが、二重グッズは基本的にバレやすいというのもデメリットですね。

 

埋没法でバレない二重に♡

そこでおすすめなのが二重埋没法です。

埋没法とはメスを使わないプチ整形の一つで、皮膚の内側に糸を通し、二点or三点固定することで二重を作る手術法。
この場合特殊な糸を使用しているので、人体に害はほとんどありません。

広坂店副店長
三野
害がないとわかるだけでもかなり安心ですよね!

 

また手術時間も30分~1時間と短く、術後のダウンタイム(施術してから回復するまでの間)も5日~1週間程度です。

費用はクリニックによって異なりますが、安いところだと両目で3万円~あたりで手術を受けられるんですよ。

二重グッズは手軽で安価ですが、バレやすい、買いに行く手間がある、メイクの時間が掛かってしまいます。

そこで思い切って埋没法にシフトする女性が年々増えているのです。

埋没法は痛くないのか?本当にバレない?

切らないプチ整形と言えど体に針と糸を通すのですから、痛みが心配な方もきっといるはず。

ですが手術前には数か所に局所麻酔を打ち、更に目薬タイプの麻酔を行いますので安心してください。ほとんど痛みはありません。

 

 

目元に注射を打つだけで緊張してしまうとは思いますが、埋没法はギュッとまぶたに力を入れると腫れやすくなってしまうのです。
その状態だと医師も手術しづらいですから、できればリラックスした状態で受けたいものですね。

 

また埋没法は基本的にバレません。

特殊な糸を目の内側へ通し「埋没」させるのですから、伏し目になった時も目立たないんです。

しかしあまり腕の良くない医師が行った場合、埋没箇所のまぶたがボコボコと盛り上がってしまうことも・・・。

広坂店副店長
三野
やはり病院やクリニックを選ぶ時は、なるべく評判の良いクリニック、医師を選ぶのが良いようですね!

 

埋没法を受ける方に、知ってもらいたいこと

一見良いことずくめに思える埋没法ですが、もちろんデメリットは存在します。

プチ整形と言えどやはり手術。
そして二重グッズを買うより一回の持ち出しが多いですから、しっかりと考えてから手術に臨まなくてはなりません。

広坂店副店長
三野
もしこれを読んで埋没法を受けようと思った時は、必ずこれから紹介することを頭に入れて下さいね。

 

全く腫れない、はウソ?

残念ながら全く腫れないということはありません。

いくら麻酔をしていてもまぶたは緊張状態にあります。そこに糸を通す、つまり刺激するということですから、多少の腫れは出てしまうのです。

手術当日はそこまで腫れたように思えなくとも、2~3日は少し腫れぼったい印象が残るでしょう。

 

ダウンタイムは仕事を休んだ方が良い?

メスを使う切開法と違ってダウンタイムは短いのですが、多少の腫れや赤みは必ず出ます。

メイクも数日間~1週間は禁止されるため、出来れば何日間かはお休みが取れると、気持ち的にもラクかもしれません。

 

広坂店副店長
三野
特にまぶたの赤みはほとんどの人が出てしまうので、絶対に整形がバレたくない人はお休みを取るか、長い休暇の間に手術することをおすすめします。

 

アイプチ同様、向かない人もいる?

残念ながら埋没法が向かない人もいます。
これはアイプチと理由は同じで、まぶたの脂肪が厚すぎてしまう人を指します。

あくまで糸で縫い付けるというイメージなので、まぶたが厚すぎると持ち上がりづらく、取れやすくなってしまうのです。
クリニックのカウンセリングでも言われるのですが、肉厚一重の方は切開法を選ぶ方が確実な二重をゲットできます。

中にはまぶたの脂肪取り+埋没法、埋没の点数を増やして強化する(4~6点)という方法もありますが、ほとんどの場合は切開を勧められるようです。

 

埋没って永久モノ?

埋没法は永久モノではありません!いつかは取れてしまう、または緩んでしまうものです。

永久的な効果を求めるなら切開法一択です。
しかしダウンタイムも長いので気軽に挑戦できる手術ではないですよね。

しかし埋没法は永久でないぶん、やり直しも簡単に出来ます。

手術後二重のラインが気に入らない、やっぱり元に戻したくなった時はすぐに対応してもらえるのも良いですよね。

一度切開してしまうと修正が大変なので、やはり埋没法は手軽に行えるのが魅力です。

 

まずはカウンセリングに行ってみよう!

埋没法が気になった方は、ネットで口コミを調べてからクリニック選びをしましょう。

お金を払えば手術が当日にできるのではなく、まずカウンセリングがあります。
そこでなりたい二重のイメージを伝えて、説明を受けて初めて手術日の予約が取れるのです。

ダウンタイムはあれど二重グッズよりぱっちり・くっきりになれる埋没法。

延々と二重グッズを買い続けるより、一度手術してしまう方が長い目で見ると安価かも・・・!?自分のお財布と、そして気持ちと相談してみて下さいね。

二重になるとメイクも楽しくなること間違いなし!
気になった方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

広坂店副店長
三野
今回は今人気上昇中のプチ整形「埋没法」について紹介させていただきました。

この4cmブログでは髪型のことだけではなく、様々な美についての情報発信を行っています!

何かご質問やご相談がある場合は、お気軽に4cmお問い合わせフォームまでご連絡ください!

もちろん、皆様のご来店もお待ちしてまーす!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

以上「ぱっちり二重になりたいなら♡プチ整形の「埋没法」で脱・アイプチ!」でしたー!

スポンサーリンク






Return Top