ヘアカラー



色落ちが少ない黒染めカラーはもう古い?トレンドヘアカラーには暗染めがおすすめです

学校、就活、実習、様々な理由から髪の毛を黒くしなければならない黒染めカラーは、学生にとっては嫌なカラーですよね。できれば黒くしたくないし、就活、実習が終わればまた髪を明るくしたいと考える人も多いですよね。

スポンサーリンク




 

本当に真っ黒にする必要がない人には、黒染めカラーではなく色落ちが早い「暗染め」がおすすめです。

IMG_0116

※参考
黒ばら本舗/黒染ヘアクリーム 150g

 

〈黒染めよりも暗染めがおすすめ出来る理由〉

 

「黒」ほど暗くする必要がない場合は色落ちが早い暗染めが良いです。黒染めの薬は使わずアッシュやグレー系の出来るだけ、暗い色で髪を暗く染めます。

 

 

染める前の髪色、髪の状態にもよりますが、十分に黒に近い焦げ茶まで色を暗くすることが出来るので真っ黒である必要がなければこの方法が良いと思います。

 

 

暗染めカラーはアッシュやマット系で染めているので次に染めるときも薬による赤味が出にくいです。しかも黒染めの薬を使った時よりは色落ちが早く、明るくなりやすいです。

 

なので長い期間色落ちしたく無い場合は黒染めしてしまった方が良い場合もあります。

また「黒染め」も「暗染め」美容院でしてもらうことをおすすめします。

 

 

色落ちが少ない黒染めをしてしまうと次にカラーをする時になかなか明るくならないということは、知っていると思います。黒染めの薬は色素が強く、薬を塗った所は染料が残っているので普通のカラーでは明るくなりにくいです。

 

 

また髪は1ヶ月に約1cm伸びます。黒染めカラーしてから数ヶ月経つとその分髪も伸び、伸びてきた髪の毛には黒染めの薬がついていません。

 

 

そうなると、髪が伸びた所は綺麗に染まるが、それ以外の箇所は染まりづらいということになります。美容院でもなかなか難しいカラーになります。

 

 

これを市販の黒染めの薬で自分で染めてしまうと、見た目ではわかりにくいですが、薬に塗りムラがあり次染める時に美容院で染めてもムラになる可能性が高くなります。

 

 

また「暗染め」はドラッグストアでの薬を選ぶのがたいへん難しいので美容院で染めてもらいましょう。

image1

 

【まとめ】

 

真っ黒にする必要がある    → 色落ちが少ない黒染め

 

黒を長期間もたせたい     → 色落ちが少ない黒染め

 

焦げ茶でみ大丈夫そう     → 色落ちが早い暗染め

 

すぐにカラーチェンジしたい  → 色落ちが早い暗染め

 

 

黒染めカラーに関するご相談は、美容院4cmタテマチ店ダイジョウまで!!24時間相談受け付け中です。笑

 

以上、『色落ちが少ない黒染めカラーはもう古い?トレンドヘアカラーには暗染めがおすすめです』でした。

IMG_1578

スポンサーリンク




Return Top