最新美容情報



紫外線対策は食べ物で!日焼け止め用サプリメントも人気です。

だんだん紫外線が強くなってくる時期になりました。皆さんしっかり日焼け止め対策はできていますか?

image1

スポンサーリンク




紫外線とは

 

 

太陽から出る光線は、赤外線・可視光線・紫外線の大きく分けて3つ。その中でお肌に悪影響を与えるのは皆さんもご存じ紫外線。紫外線を浴びるとなぜシミやそばかすができてしまうのかというと、紫外線を過剰に浴びることで肌の奥にある色素細胞が活発になりメラニン色素というものが合成されます。

 

 

「メラニン色素はシミやそばかすの原因になる」ということは聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし、そのメラニン色素はもともと体内の組織を紫外線から守る働きをしています。そんなメラニン色素ですが、紫外線を繰り返し浴びることで、繰り返し合成され皮膚の内側に沈着してしまいます。それがシミやそばかすになってしまうのです。

 

 

また、シワやたるみが起きるのは紫外線が肌の奥に存在し、お肌ハリや弾力を保ってくれるコラーゲンなどを破壊してしまうから。乾燥の原因にもなるので潤いがなくなり、肌のバリア機能が低下し肌荒れも起こしてしまいます。

 

 

 

そんな紫外線が原因の肌老化を起こさないために日焼け止めを塗るだけではなく、内側からの対策としてしっかり栄養を摂ることが大切!シミ、そばかす防止やハリツヤなど美には欠かせないビタミンC。肌の老化防止や肌荒れ対策にはβ-カロテン、肌の新陳代謝を活発にして若々しさを保つにはビタミンB2や亜鉛が効果的です。

 

 

そしてどうせ摂取するならしっかり吸収したいですよね!

 

 

ということで紫外線対策にオススメの、お肌に効果的な栄養素の吸収率をアップする食べや調理法、レシピをご紹介したいと思います♪好き嫌いが多い人には日焼け止め用のサプリメントも人気があります。それでは初めて行きます。

 

 

紫外線対策に効く食べ物

 

gjfgh

まずは、ビタミンC。ビタミンCが多く含まれる食べ物はブロッコリー、トマト、グレープフルーツやミカンなどの柑橘類、イチゴ、ジャガイモ。どれも身近な食べ物なので食材選びは簡単。しかし、ビタミンCは水、熱、酸化に弱いという難点があります。

 

 

なので調理する時の注意点は、水にさらしすぎないこと、生で食べれるものは生で食べること、新鮮なものを選ぶこと。葉野菜にグレープフルーツやキウイ、トマトやブロッコリーなどトッピングしたサラダでビタミンCたっぷり栄養素を壊さず摂取することができます。

 

 

色も鮮やかでこれから暑くなる季節にピッタリ!トマトには抗酸化作用のあるリコピンも豊富に含まれ、メラニンの生成を促す活性酸素を除去してくれるのでまさに美肌サラダ!ジャガイモやサツマイモ、カリフラワーは熱に強いビタミンCなので加熱しても大丈夫。ですが、水には溶け出してしまうので、ゆでたり蒸したりは避けて炒めたりスープなどの調理がおすすめ。

 

 

続いて、β-カロテン。

 

jkggjn

β-カロテンはニンジンやカボチャ、ブロッコリーなど緑黄色野菜に多く含まれています。調理する時は、脂溶性なので油と一緒に摂ることで吸収率がアップします。にんじんはビタミンCと一緒に摂るとにんじんの成分がビタミンCを壊してしまうのでビタミンCと一緒に摂るときはお酢をプラスしましょう!

 

 

おすすめはニンジンラぺ!細く切ったにんじんをオリーブオイル、塩コショウ、お酢かワインビネガーを和えるだけ!くるみやレーズンを加えてもおいしいですよ♪生なので、他の栄養素も壊さず摂取することができます。

 

 

かぼちゃを使った簡単オススメレシピは、かぼちゃをレンジで柔らかくしてつぶし、ココナッツオイル、クリームチーズ、アーモンドを砕いて混ぜるだけのヘルシーかぼちゃサラダ!!ブロッコリーなども茹でるよりもレンジを使った方が栄養を摂取できるます。

 

 

また、ブロッコリーやニンジンは1度冷凍させると栄養がアップするらしく、なんとブロッコリーはβ-カロテンが4倍、ニンジンは2倍に!!!ビタミンCなど他の栄養素もアップするようです!!生のまま小分けにして、使うときは自然解凍かレンジの解凍モードで戻してから使いましょう。

 

 

最後は亜鉛。

 

ghj

亜鉛が多く含まれる食材は牡蠣やホタテ。とくに牡蠣に豊富に含まれています。ビタミンCやβ-カロテンが豊富な食材は野菜など身近な食べ物でしたが、なかなか毎日牡蠣を食べるのは難しいですよね。しかし、亜鉛は少しずついろんな食べ物に含まれているので大丈夫!!

 

 

鶏ささみや牛肉の肩ロース、豚肉の肩ロースなど脂肪分の少ない赤身のお肉に含まれます!亜鉛と動物性たんぱく質は相性もいいのでお肉も食べることが大事。そして、クエン酸やビタミンCと一緒に摂ると吸収率がアップするのでお肉にレモンをかけたり、酢豚などがおすすめです!

 

 

もう1つの新陳代謝を促す栄養素、ビタミンB2は納豆やヨーグルトに含まれているので、献立に追加するだけ!お料理のときはバランスや吸収率も意識したいもの。

 

 

食べ物の好き嫌いが多い人には日焼け止め用のサプリメントもあります。日焼け止めに効く栄養素をバランスよく配合した美容師オススメの人気のサプリメントです。ぜひ参考にしてください(*^-^*)



 

 

以上、(紫外線対策は食べ物で!日焼け止め用サプリメントも人気です。)でした。

スポンサーリンク




Return Top