パーマスタイル



パーマの種類!2017年美容師おすすめのパーマ液とは

パーマの薬剤や技術は日々進化し、1人1人の個性を生かしてくれる技術が多様化しています。デザインの幅が広がることで新しい自分に変身が出来るので、美容師にとっても、お客様にとってもパーマは大切な技術です。

 

 

そんなパーマ液の種類や技術の進歩とはどういうものか?

今回は少しパーマ液のことをご紹介したいと思います!

 

 

まずはパーマの種類

スポンサーリンク




パーマをかけたことがある方だとご存知かもしれませんが、まずパーマのかけ方の種類がいくつかあります。昔からあるのが、基本的にパーマのお薬だけでかけるパーマです!パーマのロッドを巻いて、1つ目のお薬をつける→かかっていれば2つ目のお薬をかける、で終わりです!

 

 

それ以外には、薬を使う+専用の機械を使うパーマの種類です!

広く知られている代表的な2種類がエアウェーブとデジタルパーマだと思います。

それぞれ風と電気の熱を使ってパーマをかけるメカニズムで、お客様の髪の状態などの多様化に対応する為に生まれたパーマのかけ方です!

 

 

そしてパーマ液の種類も実は数多くあるということも少しご紹介します!

 

パーマ液とは

 

 

パーマ液と一言で言っても10種類以上はあります。それぞれ特徴が違うので、使う場面も色々です。

 

 

ダメージが少ないもの、臭いが少ないもの、かかりは弱いがしっとり仕上がるもの、健康な髪や硬い髪質のパーマがかかりにくい方に向けてのものなど!それぞれ特徴があります。

 

 

その中でも2017年美容師おすすめの、化粧品として登録されているコスメ系と呼ばれているパーマ液のご紹介をしたいと思います!

 

 

2017年!美容師おすすめのパーマ液とは

 

 

2017年!美容師おすすめのパーマ液とは専門的にはシステアミンと呼ばれているコスメ系のパーマ液です。システアミンはとても髪に優しい薬剤のが最大のメリットで、髪への負担は少なく優しいですが、髪に浸透する力が高いので、ウェーブもしっかりかけることができます!

 

 

4cmでもお客様の状態や仕上げたいデザインによってコスメ系のパーマ液を使わせて頂いてます。髪に負担が少なく、それでいてしっかりパーマがかかる、ヘアカラーを同じ日にしても負担が少なくて済むなど本当に使いやすいパーマ液です!

 

 

これから春夏にかけてスタイルチェンジの時期ですし、しっかりパーマをかけても、手触りは柔らかく仕上がるコスメ系のパーマもオススメです。2017年!是非皆さんチャレンジしてみましょう、!興味のある方は美容師にお気軽にご相談下さい!

 

 

以上、(パーマの種類!2017年美容師おすすめのパーマ液とは)でした。

スポンサーリンク






※参考

パーマが長持ちするシャンプーとは?

Return Top