Toggle

ヘアカラー



黒染めカラーリングは怖い!美容院からの注告

もう季節もすっかり春!カラーチェンジしたいな~って方、たくさんいらっしゃると思います!季節がかわるとやっぱりイメージチェンジしたくなりますよね☆

②

 

だけどみなさんの中に過去黒染めカラーリングをして、トーンアップをしたいな~!って考えてる方はいらっしゃいませんか~?黒染めカラーリングをしたのはもう半年も前のことだし、もう落ちてなくなっているよね!と思ってしまう方も少なくありません。

スポンサーリンク




 

黒染めカラーリングは怖い!

 

黒染めカラーリングは、半年たっても一年たっても切らない限りなくならないものです。

ロングヘアーで一年前に黒染めカラーリングをした方の場合、一年で伸びた約12cmの髪の毛はキレイにヘアカラーがはいることでしょう!ですが、黒染めをした残りの髪の毛はどうでしょうか?

 

 

答えは、おそらく染まりません。すこーし明るくなった、明るくなったけど赤みのあるブラウンになってしまった。(黒染めカラーリングのあとの赤味は決してキレイなものではありません。)

 

黒染め

たとえば、真っ白な画用紙を黒い絵具で塗りつぶしてしまいました。

その上からレッドやブルー、イエローなどいろんな色の絵具で何かを書いてもその画用紙にはなにも映らないと思いませんか?

 

 

これを髪の毛に変換すると「真っ白な画用紙」=「黒染めをしていない髪」で「黒い絵具」=「黒染め」そして「いろんな色の絵具」=「したいカラーリングの色」だと思うと不思議と納得がいきませんか?

 

 

今回は意外と知られていない黒染めカラーリングの怖さをみなさんにお伝えしたくてこのブログを書かせて頂きました。でも、就職活動や、仕事の都合で…黒くするしかなかったの!という方もたくさんいらっしゃると思います。

 

fgjg

黒染めカラーリングしちゃったら、今後ヘアカラーをするときはどうしたらいいのかもお伝えしていきます!

 

 

1、絶対にホームカラーをせず、美容院でヘアカラーをすること。

これはどんなときも美容院でして頂きたいのですが、黒染めカラーリングをした髪をホームカラーすると9割の方が根元の黒染めをしていない部分だけが明るくなるからです。

 

 

2、美容師に「黒染めカラーリングをしたことがあります。」と自己申告ください!

もちろん私たち美容師もお聞きするようにはしていますが、黒染めは美容師にも一見わかりずらいもの…

黒染めだとわかっていたらお薬の選定を変えられますが、それを知らなかった場合ホームカラーと同じ結果になる危険性があります!

 

 

このふたつをして頂ければ、お客様の要望と最善の方法を見つけます!

黒染めの部分をブリーチしてグラデーションに仕上げてみたり、ブリーチが出来ない方はカラーで徐々に明るくしていくなど方法はたくさんあるので、是非美容院にご相談ください!

 

以上、(黒染めカラーリングは怖い!美容院からの注告)でした。

fhdhd

スポンサーリンク




Return Top