Toggle

パーマスタイル



パーマとカットは同時にする方がオススメ!髪型が長持ちします。

こんにちは。今回は、パーマについてお話したいと思います。

 
a
 

よくお客さまで、カットなしでパーマだけかけたいという方がいらしゃいます。
理由はそれぞれあると思いますが、そういう方の多くは髪を伸ばしている途中段階で、
髪型を変えて気分をを変えるために「パーマでもかけようかな?」と思うようですね。

 

 

ですから、1ミリも髪を切りたくはないと思うのは理解できます。
ただ、美容師側の意見は、パーマとカットを同時にすることをオススメします。

 

 

実は、パーマとカットを同時にした方がスタイルだけではなく、髪型の持ちも変わってくるのです。

 

スポンサーリンク




 

パーマとカット、同時にした方がいい理由とは?

 

 

1.パーマスタイルで1番大事なのはカットであるということ。

 
IMG_0806
 

みなさんは、パーマで大事なのは巻き方だと思われるでしょう。でも、パーマというのはカットに対してのもの。
どういうカットスタイルに、どの大きさのロッドで、どのくらいの強さのカールをつけるかが重要です。

 

 

もっというならば、そのカットスタイルにどのくらいの毛束を作るように間引き(削ぎ、すくこと)をいれるかで、
細かいウェーブのパーマになるか、大きなカールの集合したパーマになるかコントロールします。

 

 

ですから、カットなしでパーマをかけた場合、スタイルとしてカッコよかったり、かわいくなることは少なく、
スタイルのクオリティとしては低いものになります。

 

 

ようは、ただ曲がっただけの髪型になるということです。

 

 

2.パーマは基本的にボリュームが出るものであるということ。

 

基本的にはパーマは毛が波うつように形を変えるわけですから、ストレートの毛がが真下にまっすぐ収まるのと逆にウェーブ同士が押し合ってボリュームになるのです。

 

 

なので、すでに軽くなっている毛先のみならば、気にならないかもしれませんが、
メンズやショートスタイルなどの髪型にパーマをかける場合には、カットでフォルムと量感をコントロールしておかないと、
ただただ頭の大きい人になってしまいます。

 
C
 

かといって、パーマはただボリュームを出すだけのものではなく、
ショートスタイルの場合は、骨格補整するという意味あいももっています。

 

 

トップが潰れやすい人は根元を立ち上げるように、ハチが張っていれば根元からかけないように巻いたりして、
出すところと出さないところをコントロールすることで、見え方、シルエットをバランスよく見せることができます。

 

 

ただし、カットのバランス自体が悪ければ、いくらパーマをかけても補整は難しいでしょう。

 

 

このように、パーマスタイルの良し悪しはほとんどベースであるカットが握っています。

 
5
 

極端なことをいえば、ロングヘアーの人がパーマのかかったアゴラインのボブスタイルの画像を持ってきて、
「パーマをかけて、これにしてください。」といっても、同じ髪型になるわけがないですよね(笑)

 

 

カットなしのパーマオーダーは、細かいところで、美容師側でそのようなことが起こっているのです。
ですから、みなさんより良いパーマスタイルになるために、そしてパーマを長持ちさせるために、
パーマをかける際は必ず同時にカットをしましょうね!

 

 

以上、(パーマとカットは同時にする方がオススメ!髪型が長持ちします。)でした。

スポンサーリンク




Return Top