Toggle

スタイリングのやり方



メンズのスタイリング剤の選び方!ヘアワックスとジェルの使い方も比較。

こんにちは。
今回のテーマは、メンズのスタイリング剤の選び方。ヘアワックスとジェルの比較!です。
メンズの方はスタイリング剤は、どれを使っていいのかわからない、または、迷う方がいらっしゃると思います。

 

 

メンズのスタイリング剤の選び方!

スポンサーリンク




 

 

メンズのスタイリング剤の選び方を簡単にいうと、答えは、濡れたような質感でセットしたい方や、カチっと固めてしまいたい方はジェルを選びましょう。

 

 

反対に、割と乾いた質感にしたい、無造作にしたい、時間が経っても手で修正できるスタイリング剤がよいという方はヘアワックスを選びましょう。

 

ヘアワックスとジェルの使い方の比較


 

 

では、少し細かくヘアワックスとジェルのスタイリング剤の比較をしたいと思います。
まず、ジェルですが、1番の特徴はウェットな質感です。スタイリングの仕方としては、まず頭をシャンプーする、またはしっかり濡らしたあとに、よくタオルドライをします。

 

 

そのあと、手の平でジェルをなじませて、髪にまんべんなくつけます。この時、注意していただきたいのは、ジェルはパリッと固まり、固まったあとは修正ができないということです。
ですから、ジェルを髪につけたあとは、立てたいところは立てる、または、流したい方向にしっかり流してください。

 

 

そのままドライヤーの弱風でじんわり乾かしても良いですし、自然乾燥でも構いませんが、ジェルが乾いてしまえばもう崩れることはありません。最近のスタイルでいえば、七三のように流すスタイルや、2ブロックのベリーショートのスタイルでツンツンに髪を立てるスタイルが合うと思います。

 

 

では、続いてヘアワックス。

 

 

ヘアワックスは、長い間定番のスタイリング剤なので、みなさん一度はつけたことがあると思います。美容院でのスタイリングもヘアワックスでスタイリングされることが多いはず。ワックスの特徴は束感を作れるということです。

 

 

また、無造作でラフなスタイリングが出来るということです。ヘアワックスはジェルと比較すると強さの種類が多く、それこそただ束感をつくるものもあれば、髪を逆立てたまま固める強いものがあります。ただ強いといっても、ジェルと違い、時間が経ち髪が落ちてきても、手で触ってまたスタイリングし直せるという特徴があります。

 

 

この修正力はヘアワックスのメリットといえるでしょう。
どのようなスタイルに合うかというと、ヘアワックスは万能。
どんなスタイルでも使えのがヘアワックスです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

スタイリング剤の選び方はスタイリング剤の特徴をふまえてどのような質感にしたいかで選ぶといいと思います。それでも迷ったときは、ぜひ美容師さんに相談してみてくださいね。

以上、(メンズのスタイリング剤の選び方!ヘアワックスとジェルの使い方も比較。)でした。

スポンサーリンク






Return Top