Toggle

美容室4cmスタッフおすすめ



髪の毛の大敵!紫外線が与える髪への影響!!美容師おすすめの日焼け止め対策

皆さん日焼け止め対策はされていますか?女性の方は特にお肌のダメージは気にかけますよね!ただお肌は紫外線を防ぐために日焼け止め対策クリームを塗ったり、長袖などの服を着て身を守ったりできますよね!

、ghhgmキャプチャ

 

ただ髪の毛もお肌と同じで紫外線によってダメージを受けてしまいます。更にお肌のようにケアしている方も少ないので、今回は髪の毛が紫外線を浴びるとどうなるのか、さらに髪の毛の紫外線対策を、髪の毛のプロフェッショナルである美容師がご紹介します。これからの季節、髪の日焼け止め対策は重要ですよ。

 

スポンサーリンク




紫外線とは?

fdtfhtrキャプチャ

 

まず紫外線って皆さんご存知ですか?紫外線とは英語で【ultra-violet】といいよく聞くUVカットのUVはこの英語からきています。紫外線は太陽からでる光の一種なので避けて生活することはできません。更に紫外線の中にも種類があります。

 

 

紫外線の種類

 

 

UVーA…紫外線の中のほとんどがUV-Aです。季節、天候関係なく一年を通して地上に降り注ぎ、髪の毛やお肌や髪の毛へのダメージは少ないです。

 

UV-B…3月から9月に強く降り注ぐ紫外線。真夏にはピークを迎えます。髪の毛やお肌に対するダメージがUV-Aと比べると最大1000倍の有毒性が強いと言われます!

 

 

紫外線を髪が受けるとどうなるの?

 

4444DSC_0145 (2)

紫外線の髪への影響

では髪の毛が紫外線が浴びてダメージを受けるとどうなるのか説明します。

 

 

キューティクルが破壊される

髪の毛の1本1本の周りにあるキューティクルが破壊されると髪の毛の栄養が外へ出て髪の毛がパサパサになります。

 

 

ヘアカラーが退色しパーマがとれる

キューティクルが破壊することで髪の毛の性質が変わります。そのためもともと髪にヘアカラーをしていたりパーマをしていたりするとそのヘアスタイルがキープできなくなります。

 

 

髪の毛の強度が弱くなる

ずっと紫外線を浴びることで髪の毛が弱くなってしまい少しのことでもすごいダメージを受けてしまいひどくなると髪の毛がちぎれてしまうということにもなります。

 

 

これだけ紫外線が髪の毛に対してもすごく脅威だということは恐ろしいですね★

 

 

美容師おすすめ!紫外線の対策方法

 

① 帽子を被る、日傘をさす

髪を紫外線に当てないという方法です。この方法は髪の毛だけではなく頭皮やお肌も守ってくれる対策方法ですね

 

 

② UV対策ヘアケアグッズを使う

これはおすすめです!!対策ヘアケアグッズでもたくさん種類がありますがシャンプーを始めスタイリングの後に全体にかけるスプレー、最近ではワックスなどのスタイリング剤にまでUVカット効果があるものまで出ているので、ぜひ私たち美容師にご相談ください。

 

 

皆さん紫外線は眼に見えないだけになかなか常に気をつけるのは難しいとは思いますがぜひ髪の毛の為に、素敵なヘアスタイルの長持ちの為にお肌と同じように髪の毛も日焼け止め対策をしっかりしてあげてくださいね^^

image1

 

以上、(髪の毛の大敵!紫外線が与える髪への影響!!美容師おすすめの日焼け止め対策)でした。

スポンサーリンク




Return Top