Toggle

ヘアーアレンジ



帽子を被ったときの頭痛はハゲの原因になる。

今年も終わりを迎え、いよいよ冬本番で、寒さが身に染みてくる時期になってきましたね!
そうなってくると、日々の防寒具がかかせません。頭もキッチリと防寒をするためにニットキャップやハットなどの帽子でオシャレに寒さ対策をしている人も増えて来ているんではないでしょうか!

1622bb647d53d
しかし、長時間にわたって帽子を被っていると頭痛がしてくることがありませんか?

 

 

僕もお休みの日はセットもせずに楽におしゃれをしようとして、帽子類を被ることが多いのですが、帽子をかぶっているとよく頭痛がしてきて帽子の跡がついたおもしろ髪型を覚悟の上で、帽子を被るのをやめたりしています。笑

 
帽子をかぶっていて頭痛を感じたら無理せず休憩しましょう。これは頭が疲れているサインです!

 
少しの間でいいので帽子を脱いで頭を休憩させてあげましょう!!

 
しかし、なぜ帽子をかぶると頭痛が起こってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク




fe53d6bc7203b78a0b4589fc88327a21

 

理由はとても単純!!

 

 

帽子を被ると頭痛になる原因とは

 

 

それは、帽子が頭皮を圧迫して、血流を滞らせているからなんです。

 

 

ハット、ニットキャップなどの種類を問わず、帽子を被っている時点ですでに頭皮には負荷が毎秒当たり前のようにかかり続けています。

 
どれだけゆったりとした余裕のあるサイズの帽子であろうとも、体的には不自然な姿なのです。

 
頭皮に接している部分には特に強いストレスがかかっているため、帽子を被っている時間が長くなると圧迫や摩擦により、頭皮が披露して痛みを感じて痛くなってしまうのです。

 
もしも、頭皮が痛くなってしまったらそれは頭皮からのSOSのサインです!

 
痛いまま血行不良がそのまま続くと、髪の毛に必要な栄養が髪の毛に行き渡らなくなり、髪の毛自体が細くなって抜け毛が増えたりします。

 
よく「帽子を被るとハゲる」と言われたりしますが、もしかしたらこれが帽子とハゲの由縁なのかもしれませんね!

 
痛くなる前に帽子を脱いで頭皮の休憩をすることがハゲ予防になります。頭痛がしたらすぐに帽子を取ることをオススメいたします。

 
大体、1時間被ってるのだったら5分くらいは脱いでおきたいものです!
健康な頭皮を保つためにも休憩をいれて正しく帽子を被って、冬のファッションを楽しみましょう!ハゲたくない人は帽子に注意してください。

以上、(帽子を被ったときの頭痛はハゲの原因になる。)でした。

b002157908_419-314

スポンサーリンク




Return Top