美容室4cmスタッフおすすめ



敏感肌・アトピー肌のシャンプーの選び方は? 効果的な洗い方もご紹介!

敏感肌やアトピー性皮膚炎の方は、頭皮が外部からの刺激に弱いうえ、乾燥しやすく、フケやかゆみ、湿疹、炎症などのトラブルも多くなります。

地肌を洗うシャンプーは頭皮に直接刺激を与えるものなので、どのような商品を選ぶのかが重要になります。

市販されているシャンプーは、無添加や低刺激で頭皮の乾燥・湿疹を防いでくれるもの、保湿効果が高いものなど様々な商品があります。

しかし、たくさんありすぎて「自分の肌にあったシャンプーってどうやって選んだらいいの?」と悩んでしまいますよね?

今回は敏感肌・アトピー肌に向けたシャンプーの選び方を解説します。

敏感肌の方におすすめのシャンプーや、後半では髪の洗い方も紹介していますので、気になる方はチェックしてください!

野々市店店長
浜松
敏感肌の方だと直接肌につけるシャンプー選びって重要ですよね?
今回は敏感肌・アトピー肌のシャンプーの選びや洗い方について紹介するので、ぜひ参考にしてくださいねー!
【この記事を監修した美容師】

美容院 4cm 野々市店 店長
浜松 孝行

「お客様に喜んでいただくこと」をモットーに多くのお客様から支持を集めているスタイリスト。

希望通りのヘアスタイルを提供するだけではなく、1年中お客様がキレイな髪の毛の状態をキープできるように、その人に合ったヘアケア方法を紹介します。

スポンサーリンク




敏感肌・アトピー肌のシャンプー選び方のポイントは?

それでは早速、“敏感肌・アトピー肌向けのシャンプーを選ぶポイント3つ”を紹介します。

野々市店店長
浜松
まずは敏感肌の方に知っておいて欲しいシャンプーの選び方の3つのポイントを紹介します!
大切なポイントなので覚えておいてください!!

選び方のポイント1.「低刺激」であること

1点目のポイントは、“頭皮への刺激が低い洗浄成分のシャンプーを選ぶこと”です。

シャンプーに使われている洗浄成分は、大きく分けて次の3種類があります。

①アミノ酸系・・・刺激・洗浄力ともに優しい

②石けん系・・・頭皮への刺激は中程度、洗浄力が強い

③高級アルコール系・・・刺激・洗浄力ともに強い

 

石けん系高級アルコール系は、刺激・洗浄力がともに強く、頭皮の保湿に必要な皮脂を洗い流したり、肌に負担をかけてしまう原因になることもあります。

そのため、敏感肌やアトピー肌の人が使用すると、湿疹や、かゆみが悪化する恐れがありますので注意しましょう。

一方、アミノ酸系の洗浄成分は頭皮への刺激が低く、洗浄力も穏やかなため、必要な皮脂まで落としてしまう心配がありません。

野々市店店長
浜松
そのため、敏感肌・アトピー肌で悩んでいる方におすすめのシャンプーといえるでしょう。

 

それでは、「アミノ酸系」とは具体的にどのような成分を指すのでしょうか?

代表的なアミノ酸系の洗浄成分がこちらです。

・ココアンホ〇〇 例:ココアンホプロピオン酸Na

・ココイル〇〇 例:ココイルグルタミン酸TEA、ココイルメチルアラニンNa

・ラウロイル〇〇 例:ラウロイルメチルタウリンNa、ラウロイルグルタミン酸Na

成分名は、シャンプーのボトルの裏に書かれている成分表で確認できます

シャンプーを購入する際は、ぜひ成分表示を確認しましょう。

野々市店店長
浜松
肌が弱い方は、まずアミノ酸系の成分が配合されているシャンプーをおすすめします!

選び方のポイント2.「無添加」であること

敏感肌・アトピー肌向けのシャンプー選びにおける2点目のポイントは、“肌や頭皮に刺激を与える添加物が含まれていないシャンプーを選ぶこと”です。

以下のような成分は、頭皮が傷つき、皮ふの炎症を引き起こすなど、頭皮に刺激を与えてしまう恐れがあります

・サルフェート(硫酸系の洗浄成分)

・鉱物油

・人工香料

・着色料

 

シャンプーの成分表を見て、これらの成分が無添加だと表記されているか確認しましょう。

野々市店店長
浜松
シャンプーを選ぶときは無添加のものや天然の植物由来の成分が配合されているオーガニックシャンプーを選ぶことも大切なポイントです!

選び方のポイント3.「ノンシリコン」であること

最後のポイントは、“ノンシリコンのシャンプーを選ぶこと”です。

シリコン入りのシャンプーには、髪の毛を1本1本コーティングし、摩擦やダメージから守ってくれる効果があります。

しかし、シリコンは人によっては頭皮が荒れてしまう原因にもなります
※シリコン=絶対に頭皮に悪いものというわけではありません。
ただしできるだけシリコン入りのものを避けることをおすすめします。

最近ではノンシリコンシャンプーの種類も豊富になってきています。

野々市店店長
浜松
敏感肌・アトピー肌の人はできるだけシリコンが含まれていない、ノンシリコンシャンプーを選びましょう。

敏感肌・アトピー肌の方におすすめのシャンプーがこちら!

敏感肌・アトピー肌の方には低刺激で肌に優しいシャンプーを使うことをおすすめしますと選び方を紹介しましたが、実際にどのシャンプーを使えば良いのか迷う方も多いと思います。

野々市店店長
浜松
そこで!
おすすめのシャンプーを紹介します!

 

こちらは美容室4cmが開発したオリジナルのオーガニックシャンプーです。

初めは肌の手荒れを防止するために、低刺激の肌に優しいシャンプーを作ろうと開発されたシャンプーですが、お客様からも好評でぜひ販売して欲しいと多くの声をいただき、さらに改良を重ねて商品化されたシャンプーです。

肌に優しい低刺激のアミノ酸系洗浄成分はもちろん、植物成分もたっぷり配合されており肌に優しくキレイで手触りの良い髪の毛をキープしてくれます。

そして、ノンシリコンなので肌が荒れてしまう原因を最低限まで少なくしています。

今まで紹介した敏感肌やアトピー肌の方におすすめのシャンプーのポイントを全て押さえているシャンプーです。

絶対に頭皮が荒れることはないとは言い切れませんが、

・頭皮にも髪にも優しいシャンプーを使いたい
・敏感肌で過去に頭皮が荒れた経験がある

という方はぜひ一度使ってみてください。

詳しい説明はこちらをご覧ください↓↓
美容室4cmオリジナルシャンプー&トリートメント 「ザ・オーガニック」

頭皮の荒れが心配な方はシャンプーの使用前にパッチテストをしよう!

せっかく新しいシャンプーを買っても、肌荒れを起こしてしまうと悲しいですよね。

自分のお肌に合うかどうか使用前に確認することができるのがパッチテストです!

野々市店店長
浜松
パッチテストとは肌につけるものが自分の肌に合うかどうかを確かめるテストのこと。

シャンプーだけではなく化粧品やヘアカラーなどでもこのパッチテストをすることが多いんです。

それでは簡単にシャンプーのパッチテストのやり方について紹介します!

パッチテストのやり方

パッチテストの手順をご紹介します。

①10倍〜20倍に水で薄めて泡立たせたシャンプーを綿棒にとって、絆創膏のガーゼ部分に染み込ませる

②絆創膏を二の腕や太ももなど健康で柔らかい皮膚に貼る

③30分放置して状態を確認。炎症などが起きていたら終了して洗い流す

④炎症などが起きていなかった場合は24時間放置して皮膚の状態を確認

①から④までを終えて斑炎・炎症などが起こっていなければアレルギーの反応は出ていないので、使用しても問題ないでしょう。

少しでも皮膚に異常が現れた場合は使用せず、受診して医師に相談することをおすすめします。

生理前や妊娠中などでは、肌のホルモンバランスの変化によって反応が変わってきます。

また、不規則な生活をしていたり、肌の状態が悪い時にパッチテストをおこなうと正しい結果が出ない場合がありますので、

なるべく何もない万全な状態の時にパッチテストをおこないましょう

野々市店店長
浜松
シャンプーの使用前だけではなく、突然頭皮が荒れてきた時にシャンプーでパッチテストをすると原因がわかることもあります。

ただし、パッチテスト中でもあまりに症状がひどくなった場合は早めに皮膚科に受診してください!

敏感肌・アトピー肌の人が洗い方で気をつけたほうがいいことは?

ここからは“敏感肌・アトピー肌の症状が起きづらくなるシャンプーでの洗い方”を紹介します。

シャンプーで髪を洗うときは、次の4つのポイントを意識しましょう。

野々市店店長
浜松
使うシャンプーも大切ですが、同じくらい大切なのが洗い方なんです。

洗い方のポイント1.シャンプー前はブラッシングとお湯洗いを

シャンプー前にはブラッシングし、髪の毛についている汚れやホコリを落としましょう。

そしてしっかりお湯洗いをしましょう。

シャンプーの前に頭皮の汚れを落としておけば、シャンプーするときにゴシゴシ強い力で洗わなくても済むので、頭皮にかかる負担を最小限に抑えられます

洗い方のポイント2.シャンプーは手のひらで泡立ててから

シャンプーは手のひらで泡立ててから使いましょう

これは、シャンプーの泡が頭皮をやさしく包み込み、摩擦やダメージから守ってくれるからです。

泡立てることなく、直接シャンプーを頭皮に乗せると、泡が立つまでの間に摩擦によって頭皮が傷ついてしまいます。

敏感肌やアトピー肌の人は、少しの刺激で頭皮が荒れやすいので、シャンプーをしっかり泡立ててから使いましょう。

野々市店店長
浜松
ちゃんと泡立ててからシャンプーをしている方って少ないんですよ。
今日から意識して洗ってみてくださいね。

洗い方のポイント3.頭皮をマッサージするように洗う

指の腹で円を描くように頭皮をマッサージしたり、左右に動くように力を加えたりして、頭皮を動かすイメージで洗いましょう

爪を立てて洗うと、頭皮が傷つき、湿疹やかゆみの症状が悪化してしまいます。

指の腹を使って優しく洗い、頭皮をダメージから守ってあげてください。

洗い方のポイント4.すすぎ残しの無いように

シャンプーが頭皮に残ったままだと、頭皮環境が悪化してしまいます。

皮ふの炎症やかゆみを引き起こさないために、シャンプーが残らないよう38℃ほどの熱すぎないお湯で地肌までしっかり濡らして洗いましょう

今回ご紹介したポイントを押さえておけば、シャンプー後も敏感肌やアトピーによる湿疹やかゆみの症状が起きづらくなります

シャンプー後のリンスやトリートメントについても、手のひらで馴染ませてから髪の毛につけ、最後はしっかりすすぎ洗いをおこないましょう。

野々市店店長
浜松
トリートメントは頭皮につける必要はなく、逆につけると頭皮が荒れてしまう原因にもなります。
頭皮にはつけないように注意しましょう!

まとめ

最後に、敏感肌・アトピー肌のシャンプー選びの3つのポイントと、シャンプーする際に気をつけたい4つのポイントをまとめて振り返っておきます。

 

【シャンプー選びの3つのポイント】

・低刺激の洗浄成分のシャンプーを選ぶこと

・肌や頭皮に刺激を与える添加物が含まれていないシャンプーを選ぶこと

・ノンシリコンのシャンプーを選ぶこと
 

【洗い方の4つのポイント】

・シャンプー前はブラッシングとお湯洗いをすること

・シャンプーは手のひらで泡立ててから使うこと

・頭皮をマッサージするように洗うこと

・すすぎ残しの無いようにすること

 

以上のポイントを押さえて、あなたにとって安心できるシャンプー選びと、毎日のお手入れに役立ててください

野々市店店長
浜松
最後までご覧いただきありがとうございました。
あなたのお悩みは解決できましたか?

ご質問やご相談などがあればぜひ美容室4cmお問い合わせフォームまでご連絡ください。
もちろんみなさんの御来店もお待ちしています!

以上(敏感肌・アトピー肌のシャンプーの選び方は? 効果的な洗い方もご紹介!)でした!

スポンサーリンク






※関連記事

シャンプーの選び方に注意!カサカサ頭皮の原因とは?

頭皮の乾燥が原因のフケや痒み対策はシャンプーが基本!対策方法を紹介!

Return Top