Toggle

スタイリングのやり方



髪の根元のボリュームを出すドライヤーを使った乾かし方のコツ!男性必見

毎朝の髪のスタイリング。男性の皆さん上手く出来てますか?

ヘアスタイルを作る時に大切なのことって何でしょう?

hg

 

ヘアスタイルの動きやツヤなど、様々な変化をつけることが出来るスタイリング剤選びでしょうか?

 

 

ヘアワックス、ムース、スプレーなど色々な種類のスタイリング剤があるので、どれが自分のヘアスタイルに合っているのかなぁ?

 

 

上手くヘアスタイルが決まらないのは、スタイリング剤選びが間違っているのかなぁ??と考えがちですよね。しかし!

 

 

ヘアスタイルによっても違ってくるのですが、仕上がりが「決まる」「決まらない」の分かれ道は、まず最初のドライヤーを使った髪の毛の乾かし方がかなり大きいと思います!つまりシャンプーの後のドライヤーを使った髪の毛の乾かし方です。

 

 

ヘアスタイリングの中でどこかのポイントを押さえれば、仕上がりもグッと良くなるはずです。

 

 

ヘアスタイルによってもドライヤーの使い方が違うので、細かいポイントは違うのですが、今回はショートからミディアムぐらいの髪の長さの乾かし方のポイントをお伝えしようと思います!

man-who-dries-hair

では、スタートです!

 

 

髪の根元のボリュームを出すドライヤーを使った乾かし方のコツ!

スポンサーリンク




 

 

ショートからミディアムの髪の長さであれば、頭頂部(トップ)のボリュームが出ていることご可愛いorカッコイイの最重要ポイントであると考えます!

 

 

髪の根元を立ち上げるように乾かすことで、簡単にボリュームが出るんじゃないの?と思われがちなのですが、なかなか上手くボリュームだ出ない男性が多いのではないでしょうか!

 

 

髪の特徴として、濡れた状態が1番柔らかい状態で→乾いていくにつれて形が固まっていきます。つまり、特に頭頂部(トップ)は根元までしっかり濡らす必要があります。そして毛先ではなく、根元を狙って立ち上げるような乾かし方をしましょう。一定の方向からではなく、あらゆる方向からドライヤーの風を当てていきます。

 

 

そしてもうすぐ、完全に乾くかな?というぐらいで冷風で5秒ほど冷やすのが重要です!「髪が形作られるのは、髪型が乾ききるタイミング」であり、「冷やされることで髪は固定される」のです!

 

 

このポイントに気をつけてトップの根元を乾かすことが出来たら、髪の乾かし方はほぼ完璧です。ボリュームが長持ちします。

 

 

このことから分かるように、分かれやすい前髪も同じ理論で乾かせば、多少の生えグセも問題無いはずです。濡らした状態から意識して乾かすことで格段に仕上がりが良くなります!

 

 

逆にボリュームを出したくないところ(えりあし、顔周り)などは、抑えるように手を添えて、上からドライヤーを当てる乾かし方で、ボリュームが抑えられます!(冷やすことを忘れずに!)

 

 

後は、トップの、根元を潰さないように下もしくは横からドライヤーを当てることを意識して乾かしていきます。

 

 

いかがでしょうか?これだけでもメリハリのある状態が仕上がりますよね!

 

 

この後のスタイリング剤は、質感の調整や形をキープする程度の意味で付ければオッケーです!

是非、1度朝のスタイリングを見直してみて下さい♪

 

 

以上、(髪の根元のボリュームを出すドライヤーを使った乾かし方のコツ!男性必見)でした。

image1

スポンサーリンク




Return Top