Toggle

ヘアケア



髪がパサパサになる原因と改善方法

髪がパサパサと乾燥してしまうと、とても気になっちゃいますよね⁉︎
髪の毛の乾燥やダメージによってパサパサ感が出て来ると、ワックスとかつけてもまとまらない、枝毛ができる、絡まるなどの原因に繋がります。
髪のパサパサがとまらない!と悩んでいる方は、参考になればいいかなと思います。

 

 

今回は髪がパサパサになる原因と改善方法を紹介します。パサパサ髪をどうすればいいか分からないと悩んでいた方、必見です!

髪がパサパサになる原因

スポンサーリンク




 

 

まず最初に毎日するであろうシャンプーです!
市販シャンプーは洗浄力が強いので、髪に必要な皮脂を全部洗い流してしまうため、乾燥して髪がパサパサになりやすいのです。
いいシャンプーやいいトリートメントを使っていても、しっかりとした髪のケアを出来ていなければパサパサになる原因の一つになります。

 

 

・自然乾燥もパサパサの原因

男女問わず多いのではないでしょうか?自然乾燥にすると濡れた髪の毛はキューティクルが開いた状態になります。この状態で寝てしまうと摩擦で髪の毛が擦れるため、キューティクルが剥がれてしまいパサパサになってしまいます!

 

 

改善方法としては、お風呂上がりに髪の毛をすぐに乾かしてあげましょう!ただし乾かしすぎるとオーバードライになりパサパサの原因にもなるので注意して下さいね!

 

 
・コテやヘアアイロン

 

 

 

 

180度以上のコテやアイロンで何度も同じ所に熱を与え続けると(タンパク質変性)をおこして髪がパサパサになる原因となります。
低温の140度ぐらいでセットやスタイリングが出来れば髪に優しいとは言わないですが、パサつきは少しは抑える事出来ます。改善方法はアイロンやコテを使う前に髪をしっかり乾かして、アウトバストリートメントを使いましょう!

 

 

髪は一度ダメージしてしまうと切るまで治らないです!
髪がパサパサのままいると、見た目が老けたようにも見えます!

 

 

綺麗な髪だと若返ったようになりますし、普段のケアやスタイリングを気をつけるだけで、髪のパサパサはできにくくなりますよ。参考にしていただけると幸いです。

 

笑顔がパサパサな橋本がお送りした、(髪がパサパサになる原因と改善方法)でした。

スポンサーリンク






Return Top