ヘアカラー



白髪ぼかしってどんなヘアカラー?メリット・デメリットを紹介!

年々気になる白髪…

そのまま放っておくのも気になるし、かと言って白髪染めをするのも抵抗がある…

そんなお悩みの方にオススメなのが白髪ぼかしカラーです。

白髪ぼかしカラーとは明るいハイライトをヘアカラーの一部分に入れることで白髪を目立たなくさせるヘアカラーのこと。

全て同じカラーに染める通常の白髪染めと違って新しく伸びてきた白髪の部分と既に染めているカラーの部分が分かりにくく、そして全体的に明るいヘアカラースタイルを楽しめるなどのメリットがあります。

特にこれから白髪染めをしたいけど躊躇している方や、脱白髪染めの方に人気でおすすめのヘアカラーです!

今回はそのような今人気のカラースタイル「白髪ぼかしカラー」とはどんなヘアカラーなのか?

メリットやデメリットについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク




白髪ぼかしってどんなヘアカラーなの?

白髪染めをすると気になる白髪をしっかりと染めてくれるというヘアカラーですが、代表的なデメリットとしては

  • 全体的に暗めのヘアカラーになってしまう
  • 期間が経てば染まっているところと白髪が伸びてきた境界線が気になる

という2つのデメリットがあります。

伸びてきた白髪をしっかりと染めたいと場合はできるだけ暗めのヘアカラーを染めないとしっかりと染まらないですし、もちろん全体を白髪染めで染めても数ヶ月すると伸びてきたところは目立ちやすくなるんです。

そんな暗くなること、伸びたら気になるというデメリットを解決してくれるのが「白髪ぼかしカラー」です!

白髪ぼかしカラーとは全体的に同じ色で染めるのではなく、部分的に明るいヘアカラーのハイライトを入れることで白髪を染めて隠すのではなく、白髪を生かしながら明るいヘアカラーが楽しめるヘアカラーのこと。

ハイライトと聞くとすごく明るいメッシュを想像する方も多いですが、明るいと言っても自然の明るさのため年齢問わず誰でもお楽しみいただけるカラーです。

また現在白髪染めを今までしてきたという方も脱白髪染めということで、白髪ぼかしカラーに変更する方も徐々に増えてきています。

それでは実際にここからは白髪ぼかしカラーのメリットとデメリットについて紹介していきます。

今白髪染めをしている、白髪が気になるという方はぜひチェックしてみてください!

白髪ぼかしカラーのメリットまとめ!

それではまずメリットについて紹介していきます。

メリット①白髪を生かしたヘアカラーで境界線が目立ちにくい

白髪ぼかしカラーは一色全て同じ色で染めるのではなく、通常のヘアカラーと明るいハイライトを混ぜて染めることで白髪を目立たせにくくするというヘアカラーです。

白髪を完全に染めて隠すのではなく、暗いカラーとハイライトの明るいカラーに染めることで白髪が目立たなくなります。

ハッキリと白髪と染まっている髪と分かれるのではなく、明るいハイライトを入れることで白髪をぼかすことができるということですね。

またハイライトカラーの明るい部分は日にちが経過しても残るため、通常のヘアカラーよりも新しく伸びてきた白髪が気になりにくくなるというメリットもあります。

今まで白髪は染めて隠すものというイメージから生かすものと考えてカラーを染めると、今までよりも白髪が目立ちにくくなり明るいヘアカラーを楽しむことができることも白髪ぼかしのメリットの1つです!

メリット②明るいヘアカラーが楽しめます

白髪染めと聞くと暗めのカラーをイメージする方も多いはず。

もちろん白髪をしっかり染めるには色味が深い暗めのヘアカラーに染めると白髪を黒く染めることができます。

ただそれが原因で白髪染めに移行することをためらう方も多いんです。

しかし白髪ぼかしは明るいハイライトカラーを使用するので、全体的に明るいヘアカラーに染めることが可能です!

白髪染め=ヘアカラーが暗くなる

という今までのイメージを払拭できるのも白髪ぼかしカラーが人気の理由です。

メリット③ボリュームのあるヘアスタイルに見える

白髪染めが気になるのことと同じタイミングで悩み始められるのが「髪の毛のボリューム」です。

白髪が増えてきた、気になってきた時に同時に髪の毛のボリュームダウンに悩まれる方も非常に多いんです。

しかしハイライトカラーを使用する白髪ぼかしに関しては、ヘアスタイル全体に立体感が出るため髪の毛がボリュームアップして見えるというメリットもあるんです。

もちろんカラーを染める方法にもよりますが、白髪だけではなくボリュームダウンも気になると相談をすることで白髪をぼかしで隠すのではなくボリュームアップ効果のあるヘアカラーに染めることができます。

このように

  • 白髪との境界線が目立ちにくい
  • 明るいカラーを染めることができる
  • ヘアスタイルのボリュームアップ効果がある

ということが代表的なメリットになります。

ただ、メリットだけではなくデメリットももちろんあるんです。

それでは続いては白髪ぼかしカラーのデメリットについても紹介していきます。

白髪ぼかしカラーのデメリットとは?

メリットもあればデメリットもあるということで、その部分も紹介していきます。

メリットとデメリットの両方を知ってから白髪ぼかしをするか判断することで失敗や後悔を防ぐことにつながります。

ぜひこちらも覚えておいてください!

デメリット①髪の毛のダメージが大きい

ヘアカラーは全てではありませんが、基本的に明るいヘアカラーをほど髪の毛に与えるダメージは大きくなります。

つまりハイライトを使う白髪ぼかしは明るいヘアカラーのため髪の毛のダメージを受けやすいということですね。

またハイライトの部分にブリーチを使用する場合はさらに髪の毛へのダメージは大きくなってしまいます。

白髪ぼかしに染めたあとはしっかりとケアをしないと、あっという間に色落ちをしてしまったり、パサパサした見た目・手触りになる原因に…

キレイなヘアカラーを長持ちさせるためにも白髪ぼかし後はケアが必要です!

ケア方法はこちらを参考にしてください↓↓
白髪染めを長持ちさせたい!自宅でできるケア方法を紹介します

デメリット②白髪の量が多すぎると白髪染めの方が隠せます

白髪の量と言っても人それぞれですよね。

今回紹介している白髪ぼかしは白髪を直接的に染めるのではなく、白髪ではない部分に明るいハイライトなどを入れて染めることで目立たなくする染め方です。

しかし、白髪の量が多いとハイライトを入れても白髪が目立ってしまうということになります。

このことは自分で判断することは難しいと思いますので、担当の美容師さんに白髪ぼかしカラーでも白髪を目立たせなくすることが可能か確認してみることをおすすめします。

デメリット③美容師さんの技術レベルで仕上がりに差が出る

白髪ぼかしカラーはハイライトを生かして白髪を目立たなくして、さらにヘアカラー・ヘアスタイルをキレイに見せる技術です。

ハイライトと言っても白髪を目立たせないようにしながらもオシャレに染めないといけないので、染める美容師さんの技術レベルで仕上がりに差が出てしまうということもデメリットになります。

簡単にいうとちゃんと白髪ぼかしカラーをしてくれる上手な美容師さんに染めてもらえるかということですね。

「正直こんな仕上がりのイメージじゃなかった…」という染めた後に後悔をしないためにも、ぜひ当店をご利用ください!

当店4cmはヘアカラーを得意としており、もちろん白髪ぼかしカラーのお客様もたくさんご来店していただいております。

今まで白髪ぼかしカラーをしたきたけど仕上がりに満足していないという方
初めて白髪ぼかしカラーに調整したい方

相談だけでも構いません!

ぜひ私たちにお任せください!

当店の詳しい情報はこちらから↓↓
ご予約もしていただけます!
4cm広坂店予約ページ

4cm諸江店予約ページ

4cm横川店予約ページ

4cm野々市店予約ページ

まとめ

今回は今人気の白髪ぼかしカラーとはどんなヘアカラーなのか、メリットやデメリットについてまとめて紹介しました。

ここまで読んでいただいたあなたには白髪ぼかしカラーが人気の理由をわかっていただけたかと思います。

メリットとデメリットを把握した上で、一度白髪ぼかしメニューを検討されてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク




Return Top