Toggle

ヘアカラー



黒染めは美容院がおすすめ!市販の黒染めヘアカラー剤との違い

「お金もかかるし、黒くするだけだから市販のヘアカラー剤で黒染めしよー。」っと!こうゆうふうに思われるかたは多いかと思います。いやいやこれがとんでもなく間違いなことなんです!

3IMG_3392

 

黒染めこそ美容院でヘアカラーしてあげてほしいものなんですよ!その理由、美容院の黒染めと市販の黒染めの違いを美容師がお教えちゃいま〜す。

 

スポンサーリンク




 

 黒染めは美容院がおすすめ!市販の黒染めヘアカラー剤との違い

 

理由1

 

市販のヘアカラー剤にはトリートメント成分が入っていないものが多いからです。美容院のヘアカラー剤にはトリートメント成分が入っています。トリートメント成分が入っていない市販のヘアカラー剤でカラーをしてしまうと髪にダメージがとてもでてしまいます。ヘアカラーは髪にとってもダメージがでるものなので、そこでトリートメント成分が入ってないものを使用してまうということはとても髪に危険な行動です。

 

 

理由2

 

市販のヘアカラー剤でヘアカラーをしてしまうと絶対に色ムラになってしまいます。この一度できてしまった髪の毛の色ムラは、美容室で直してもらおうと思っても完璧にには
直せません。ムラをなるべく目立たせないようにはできますが、キレイな一色のヘアカラーにはなりません。一度、市販のヘアカラー剤で染めてしまったら大切な髪を切らないと元には戻らないのです。

 

 

理由3

 

市販のヘアカラー剤でヘアカラーをしても、すぐに色味が抜け落ちて、ヘアカラーが色落ちして髪が明るくなってしまいます。美容院で染めたヘアカラーは市販のものより色持ちが断然に違います。せっかくヘアカラーをしてもすぐに色味が抜け落ち、髪が明るくなってしまっては元も子もないありませんよんね。

 

 

理由4

 

市販のヘアカラー剤でヘアカラーしても思ったような色になりずらいということです。美容室ではただの黒染めといっても、一人一人の元々の髪の色素や前回にヘアカラーをした色味などを考慮してヘアカラー剤を調合しています。さらに根元と毛先のカラー剤を変えたりしています。このようなことは、市販のヘアカラー剤や黒染めの薬ではできません。

 

 

理由5

 

市販のヘアカラー剤でヘアカラーをすると地肌を保護してくれません。美容院でヘアカラーをする際には、保護スプレーや保護クリームをつけてヘアカラーをすることができます。さらに美容室ではヘアカラー剤を塗る際に地肌につけることなくカラー剤を塗るというやり方もあるのです。地肌が荒れている人だとヘアカラー剤はとてもしみます。さらに、美容院でのヘアカラーの場合は地肌のダメージを受けず、頭皮が健康であれば髪にもしっかり栄養がいきわたり、髪が綺麗な状態を保てます。

 

 

以上が市販のカラー剤で黒染めするよりも美容室のヘアカラー剤で黒染めしたほうがいい理由となっています。みなさん黒染めには注意が必要です!黒染めは安心で上手くいく美容室でヘアカラーしましょう!美容師からのアドバイスです。

うgjtyty

 

以上、『 黒染めは美容院がおすすめ!市販の黒染めヘアカラー剤との違い』でした。

4cm moroe02



スポンサーリンク




Return Top