Toggle

最新美容情報



今話題のオイル!種類別健康&美容効果☆

最近注目されている「オイル」

炒め物やドレッシングなど食べ物としてのオイルだけではなく、最近はお肌に塗ったり、髪の毛の洗い流さないトリートメントとして使われたり、美容にも大活躍です。

blog F

 

私たちにとっても大切なオイル。そんなオイルのお話をします♪

 

 

今回は、外側から塗るオイルのお話ではなく

食べたり飲んだり、内側から健康にきれいになれるオイルのご紹介!

 

スポンサーリンク




オイルの基礎知識

 

 

油=脂質は太るという印象もありますが、私たちの脳は約70%が脂質でできているらしく、三大栄養素の1つでもあるので生きていくうえで必要なものです。油が不足すると便秘になったり、肌がカサカサになったり…ぜひ美容のためにも毎日摂りたいです。

 

 

しかし、どんな油でもいいわけではなく、できるだけ摂りたくないものもあります。例えば、ファーストフードや揚げ物、お菓子などに使われるトランス脂肪酸。マーガリンやショートニングがトランス脂肪酸と呼ばれるもので、このような油は悪玉コレステロールを増加させたり、生活習慣病の原因にもなります。

 

 

その他の油は大きく分けて、動物性の油に多い飽和脂肪酸と、魚や植物性の油、不飽和脂肪酸があります。さらに、不飽和脂肪酸はオメガ3、オメガ6、オメガ9に分けられます。オメガ3とオメガ6は体の中で作り出すことができないので、食事からとらなければいけない

必須脂肪酸ですが、オメガ6はとりすぎに注意が必要です。

 

 

オメガ6はアレルギー促進や炎症、血栓促進作用、そして悪玉コレステロールを減らすと同時に善玉コレステロールも減らしてしまいます。マヨネーズやサラダ油、ごま油がオメガ6の油で、現代摂取量が多くなっていることが問題ともなっています。

 

 

オメガ6とは逆にオメガ3はアレルギー抑制や、炎症や血栓の予防などの効果があり、美容や健康にも良いとされ、積極的に摂りたい油です!

 

 

それでは最近注目のオイルとその効果について☆

 

olive oil on wooden table
まずはとても身近なオリーブオイル。

オリーブオイルはオメガ9に分類され、抗酸化作用や動脈硬化の予防に効果的!

オリーブオイルの中でも質の良いエキストラバージンオリーブオイルがおすすめです。

 

 

他にもグレープシードオイルもオメガ9。

こちらも抗酸化作用があり、若さを保つオイルです!オメガ9のオイルは熱に強く生活習慣病の予防にも加熱する料理に使うときにはオリーブオイルやグレープシードオイルを使うとよいでしょう☆

 

 

そして、1番積極的に摂りたいオイル、オメガ3。

その中のえごま油にはα‐リノレン酸が含まれ血液をサラサラにしてくれたり、認知症予防にも効果的です。さらに、コラーゲンの生成を促したり、炎症を抑制する効果もあるのでニキビを予防し美肌にも効果大!!健康にも美容にも良い今注目のオイルです!

 

fhfh

もう1つ注目なのが、あまに油。

あまに油はえごま油と同様に血液循環を良くしてくれたり、美肌にもよく、こちらの油はオメガ3とオメガ6が理想的な比率なのでスーパーオイルとも呼ばれています。アレルギー予防、生活習慣病予防、認知症予防、美肌効果、そんなうれしい効果がたくさんのオメガ3のオイルですが、これらは生のままではないと効果がありません。加熱せずにそのまま飲んだり、サラダにかけていただきましょう!

 

khkuh

最後に、少し前から話題のココナッツオイル。

このココナッツオイルは中佐脂肪酸と呼ばれ、分解が早くエネルギー消費に使われるので

太りにくいのが特徴です!美肌効果はもちろん、腸もきれいにしてくれるので、ダイエット効果も期待できます♪

 

 

毎日、何気なく炒め物に使っているオイルやサラダにかけるドレッシングにちょっと気を遣ってみると身体の調子もお肌の調子も大きく変わります!ぜひ、試してみて下さい!!!

 

 

以上、(今話題のオイル!種類別健康&美容効果☆)でした。

スポンサーリンク




Return Top