Toggle

新着情報



自分に似合う色とは?自分の髪型に似合う髪色の見つけ方

今回は色についてお話ししていこうと思います。自分の髪型に似合う髪色の見つけ方にも大変重要な、色の持つイメージです。季節に合わせて色の持つイメージを上手に使うことで、一歩先のおしゃれを演出できます。

mj

 

それでは色が持っている「イメージ」を説明していきます。

 

スポンサーリンク




色の持つイメージ

 

 

日常生活をとうしてあらゆるものには「色」が付いています。それは見た目の違いだけでなく、重さ、温度、雰囲気など、さまざまなイメージを私たちにインスパイアさせられます。今回は色が持つイメージを分析して自分に似合う色を見つけましょう。

 

 

・ 色が持つ「重さ」

 

IMG_0900

黒色のイメージ

重い、硬い、暗いなどです。

 

image3

クリーム色「暖色系」のイメージ

軽い、やわらかい、やさしいなどです。

 

 

色の持つ先入観は、私たちのモノの見方に影響を与えます。実際は同じ重さのカバン2つを持たせてどちらかが重く感じるかを試した時に「他の色のものより」黒が重く感じたというデータが残っています。

 

 

・ 色の持つ「温度」

 

 

赤・橙・黄色「暖色」などは暖かく、青緑や青「寒色」は冷たく感じます。皆様も経験はあると思います。例えば夏場の暑い時期に洋服は青や黄緑、寒色系が多いと思います。反対に赤や橙などの「暖色」を着ると暑そうなイメージになりがちだと思います。なので髪型も同じで時期によって髪色を変える方も少なくないです。

 

 

・色の持つ「雰囲気」

 

 

服の形が一緒で色が違うだけで印象が変わります。

 

 

ピンクやクリーム色→赤ちゃん

淡い色味は、やわらかい、はかない。赤ちゃんの服に多いのは、「優しく触れなければ」と言う風に、赤ちゃんを扱うときの注意深さを私たちに呼び起こします。

 

IMG_5825

赤や黄色→小さな子供

赤や黄色といった原色は、はつらつとした印象。これらは活発な子供に似合う色味で、彼らを目につきやすくする効果もあります。また、大人でもカジュアルな雰囲気を出したいときに適しています。

 

 

黒やベージュ→大人

暗いトーンの服は、大人の落ち着きを表現します。またモダン、シャープ、荘厳と言ったイメージもあるため、洗練された印象を見るものに与えることができます。

 

 

皆様どうでしょう??今回は色の印象をお話しさせていただきました!!自分に似合う色を見つけて、髪型や髪色、ファッションなどの参考にしてください。

IMG_5912

 

以上、(自分に似合う色とは?自分の髪型に似合う髪色の見つけ方)でした。

スポンサーリンク




Return Top