Toggle

美容室4cmスタッフおすすめ



海で髪がバシバシになった時の対策方法!持参したいオススメのトリートメント

だんだん暖かくなってきました。最近では暑いくらいです。今年の夏はまた一段と暑
そうです。そんな暑い夏に出かけたくなるのが海ですよね。海水浴に出かける人も多
いのではないでしょうか?

 
image2
 

しかし海から上がった後の髪の毛ってすごくバシバシしますよね?海に入っていない
のにごわついたりと海に行くと傷みが気になりますよね。なぜ髪がこんな状態になる
のでしょうか?

 

スポンサーリンク




海で髪がバシバシになる原因

 

 

〈海水は弱アルカリ性〉
 
髪の毛が弱酸性に対して海水は弱アルカリ性です。髪をアルカリ性の髪つけると髪を
覆っているキューティクルが開き、髪の中の栄養分が流失しやすくなります。

 

 

また髪の主成分はケラチンというタンパク質なのですがこのケラチンはアルカリが強
いと溶け出してしまいます。ヘアブリーチを繰り返すと髪が脆くなるのは、このこと
が原因です。

 

 

〈海水に含まれる塩分〉
 
海水に含まれる塩分も髪をバシバシにする原因になります。塩分は髪から水分を奪い
髪をパサパサにします。また不純物も多く付着しており、これらは髪に良いとは言え
ません。特に、ヘアカラーやパーマ等でもともと髪にダメージがある場合は髪の中が
空洞になっており、スポンジのように海水を吸ってしまうので注意が必要です。

 

 

〈紫外線〉
 
髪の毛は紫外線によって乾燥、ヘアカラーの褐色、強度の低下枝毛、切れ毛など髪の
毛から艶を奪います。また髪は顔の5倍以上の紫外線を受けるのに加え、海の場合は
海面も紫外線を反射するので、さらに髪に紫外線があたることになります。

 

 

海水浴での髪の毛の対策にはコタ洗い流さないトリートメントがオススメ

 

 

海水浴場によってはシャンプーができないところもあります。そういう時は真水で
しっかりと海水を洗い流し、最後に洗い流さないトリートメントをつける対策がオス
スメです。

 
image2
 

美容室4cmのオススメは「コタスタイリングベースB7」です。コンパクトなサイズ
で持ち運び便利な上に、配合成分がとてもいいです。

 
3月用1
 

乾燥に強く保水効果に優れた、「シーバックソーンベリーオイル」をはじめ美のオイ
ルとも呼ばれる「亜麻仁油」毛髪構成成分をふくむ「グルタミン酸オイル」毛髪潤い
を与える「コラーゲン」などなど、また紫外線カット効果もあるのでとにかく髪の毛
のダメージ対策には万能です。

 

 

海に入っても入らなくても海に行くなら持参したいオイルです。詳しくは美容室4cm
スタッフにお尋ねください!

 

 

以上、(海で髪がバシバシになった時の対策方法!持参したいオススメのトリートメント)でした。

スポンサーリンク




Return Top