Toggle

ヘアケア



傷んだ髪の状態を知ろう!ダメージ毛になる原因とは

「傷んだ髪」「ダメージ毛」お客様からも、美容師からもよく聞く言葉ですね。

 

 

みなさんご存知の通り、毛先がひっかかる、ザラザラした質感になる、髪が切れる
といった状態はすべて髪が傷んだ状態です。

 

 

では傷んだ髪とは、髪の毛がどのような状態になっているのかご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク




 

「傷んだ髪」「ダメージ毛」の状態

 

 

髪の毛は筒状になっており、一番外側に「キューティクル」とよばれる
うろこ状のものが重なり合っています。

 

 

髪の毛の傷んだ状態とは軽度のダメージレベルの場合はキューティクルが損傷している状態で、
感覚としてはツヤがなくなってきたりパサつきを感じます。

 

 

重度のダメージレベルだとキューティクルが剥がれ内部の流失が激しく、
切れ毛がおこったりウェットの状態では髪が溶けているような状態をさします。

 

 

では、髪の毛の傷みはなぜ起こるのでしょうか?

 

 

「傷んだ髪」「ダメージ毛」の原因

 

 

重度のキューティクルが剥がれてしまう状態は、
ブリーチや、ダメージ毛への熱処理が原因でおきますが、軽度のダメージは日々の日常でうけているのです。

 

 

ダメージの原因としては、「紫外線」「アイロン」「摩擦などによる刺激」です。

 
image1
 

「傷んだ髪」「ダメージ毛」の対策

 
image2
 

対策としては、お肌と同じ扱いをしてあげてください。

 

 

UVカット効果のあるシャンプーやトリートメント、スタイリング剤を使用してあげたり、
アイロンをする前には熱から守ってくれるトリートメントやスタイリング剤を使いましょう。

 

そして、摩擦が起こらないように髪を激しくこすったり、絡んだ髪の毛を無理やり強い力でコームでとかそうとしないことです。

 

 

また、キューティクルは濡れている状態は開いているので一番無防備な状態なのです。

 

 

なので濡れたまま寝てしまったりすると、枕やシーツとこすれキューティクルが損傷し
ダメージ毛の原因となります。

 

 

お肌に化粧水や乳液を付けてあげるように、髪の毛にもミルクやオイルなどでしっかりと保湿してあげてから乾かしてくださいね。
特にカラーをしている方は要注意ですよ!

 
2
 

カラーやパーマをしていない方も油断せずに、しっかりケアをして日常ダメージも受けないようにしましょう!!

 

 

以上、(傷んだ髪の状態を知ろう!ダメージ毛になる原因とは)でした。

スポンサーリンク




Return Top