Toggle

シャンプーについて



【ノンシリコンシャンプーとは?】の質問に美容師がお答え致します。

2年ほど前に爆発的に人気が出はじめたノンシリコンシャンプー
ドラッグストアーなどでやや割高ではありますが簡単に購入することができますね。

 

 

使用したことがある方、いらっしゃいますか?

 

 

ノンシリコンシャンプーについてわたしたち美容師にお客様からご質問を頂きます。

 

 

「ノンシリコンシャンプーをドラッグストアーで購入して使ってみたのだけれど、
よくなるどころか髪がキシキシしはじめたの。
ノンシリコンシャンプーって良いものなんじゃないの?」にそんな疑問に美容師がお応えします。

 
%e3%81%9f%e3%81%b0%e3%81%9f%e3%81%8b

 

スポンサーリンク




ノンシリコンシャンプーとは

 

シリコンて悪いもの?

 

 

まずノンシリコンのシャンプーがいいといわれるということは、
シリコンて悪いもの、と思われる方も多いと思います。

 

 

シリコンってほんとに悪いものなんでしょうか?

 

 

いいえ、それは違います。
美容室で使っているシャンプーやトリートメントにもシリコンが入っているものもあります。

 

 

シリコンとは人工化合物であり髪をコーティングし摩擦の軽減やツヤをだすものです。
必ずしも髪に悪影響なものではありません。

 

 

わたしたち美容師が市販のシャンプーをおすすめしないのは、
一般的にドラッグストアーなどで購入できるノンシリコンシャンプーの裏面を見ると、
成分には「ラウレス硫酸」が記載されていたりします。

 

 

そちらの方がよっぽど悪いものだからです!

 

 

「硫酸」といわれるということは、おそらく髪にいいものではないんだろうなあ…
と想像はつきますよね。

 

 

ラウレス硫酸は洗浄成分が非常に強いものです。
では、洗浄成分が強いラウレス硫酸だけで洗ったらどうなるでしょうか?

 

 

そうです、これが「キシキシ」に繋がっているのです。
そしてそのキシキシを補うためにシリコンが使われるのです。

 

 

「じゃあ、シリコンが入っていたほうがいいってこと?」と思われる方。
正解です。

 

 

シリコンによって手触りがよくなります。

 

 

シリコンの問題点

 

 

問題なのはシリコンの種類なんです。

 
%e3%81%97%e3%82%83%e3%82%93
 

主成分がジメチコンのものだったりすると、キューティクルを覆い、
吸着するのでヘアカラーをするときに色が入りにくかったり、パーマがかかりにくくなったり…
これはキューティクルをコーティングすることによってお薬が浸透していかないのです。

 

 

そして、シリコンが剥がれると同時にキューティクルをも一緒に剥がしていってしまいます。
それがシリコンの悪いところなのです。

 

 

ではどのようなシリコンであれば使用した方がいいのでしょうか?

 

 

それは「水溶性シリコン」です。

 

 

この水溶性シリコンは水に溶けるシリコンなので、髪の毛や頭皮に残ることがなく、
カラーやパーマの邪魔をすることなく、髪の毛を外部からの刺激や摩擦から守ってくれます。

 

 

その水溶性シリコンの製品を手に入れるにはどうしたらいいの?となるとやはり美容師がおすすめするものです。

 

 

毎日使うシャンプーだからこそ、お客様にあったもの、髪の毛や頭皮に安全に使っていただきたいのです。

 
image%ef%bc%93
 

以上、(【ノンシリコンシャンプーとは?】の質問に美容師がお答え致します。)でした。

スポンサーリンク




Return Top