Toggle

スタイリングのやり方



男性におすすめのスタイリング剤!選び方は美容師にお任せ

こんにちは。今回は、男性の方におすすめのスタイリング剤の選び方についてお話ししたいと思います。

 
5
 

普段、お客さまと接していて感じるのは、多くの男性の方は、スタイリング剤に抵抗があるということ。
頭がベトベトするのが気持ち悪いという方、単純にめんどくさいという方、なんかバッチリセットしてキメキメにするのが、性に合わないという方、理由はさまざまです。

 

 

でも、カットの際に、空いて束感を作っているのですが、そのカットが最大限にカッコよくなるのは、スタイリング剤をつけたときなんです。
むしろ、スタイリング剤をつけて完成系、それを想像して多くの美容師はカットしています。

 

 

もちろん、カウンセリングの段階で普段スタイリング剤をつけないと伺えば、つけないである程度カッコよくしようと施術しますが、それでもスタイリング剤をつければよりカッコよくなります。

 

スポンサーリンク




 

男性におすすめ!スタイリング剤の選び方

 

では、スタイル別にどんなスタイリング剤を選べばよいかご説明していきます!

 

 

7:3スタイル、オールバックスタイル

gftt

ghkgh

 
image1

COTA STYLING SH~コタ スタイリング SH スーパーハードジェル 100g

 

このスタイルにはジェルや、グリースを使うのが今っぽいです。
この手の男性らしいスタイルは光沢感やウェット感がよりワイルドで色気を引き立てます。
ちなみにスタイリング剤のベタつきはジェルであれば、パリッと固まってくれるので解消できます。

 

 

パーマスタイル

jjgj

 
image2
 

ミディアムくらいの長さでカールを強調したい人は、ムースやミルクで自然乾燥させるとカールがキレイにでます。
もし、自然乾燥させた時の束感が強すぎたり、頭がタイトになりすぎている感じれば、そのままワックスでカールを散らすと無造作感とボリューム感がプラスされます。

 

 

こちらは自然乾燥なので、朝髪を濡らしたあと、タオルドライしてもみこむだけなので、手間はかかりません。

 

 

また、ショート、ベリーショートのくせ毛風パーマであれば、ドライヤーでバーっと乾かしたあとに、ワックスをつければ、ワックスの水分でパーマが戻りうまくパーマの束感ができます。

 

 

定番スタイル

ugjytu

んcvvbんv

 
image3

楽天 ルベル トリエ エマルジョン 8 50ml LebeL TRIE トリエ    (ルベル トリエ 8エマルジョン50) 【LebeL】 【L

アマゾン ルベル トリエ エマルジョン8 120ml

 

どんなスタイルにも使えるのがワックス。ジェルほど、流行に左右されず、いつの時代もスタイリング剤のエースです。
強さや、質感など、種類も豊富で万能なスタイリング剤です。

 

 

特徴は束感をつけ、無造作なスタイリングが可能。また、時間が経ったり、強風に吹かれて乱れても、修正可能です。

 

 

ジェルやムースはパリッと固まってしまうので、1度崩れると直せませんが、ワックスは直せます。
ただ、ジェルやムースと違ってベトつくのが弱点です。

 

 

その他に、どんなスタイルでもばっちりキープしたい男性はハードスプレーを使いましょう!
固めたい位置でしっかり振れば固まります。
こちらは、他のスタイリング剤で形づけてから、その形をキープするために使うのがおすすめです。

 

 

スタイリング剤の種類はわかったが、スタイリングの仕方がわからない方はぜひ、僕たち男性美容師にご相談ください。おすすめスタイリング剤の選び方も丁寧にお教えしますよ

 

 

以上、(男性におすすめのスタイリング剤!選び方は美容師にお任せ)でした。

スポンサーリンク




Return Top