Toggle

ヘアカラー



日本人の黒髪を外国人みたいな髪色のブロンドヘアにする方法

外国人のようなブロンドヘアの髪色に、憧れるって方は多いのではないでしょうか。赤みの一切ない、透き通るようなブロンドヘアってとっても素敵ですよね。

Cafegoogirl_52960_1

でも日本人がブロンドヘアの髪色にするのはとっても難しい、ということはみなさんご存知の通りです。難しいのはわかっているんだけど、どうしてブロンドヘアにするのは難しいの?

スポンサーリンク




日本人の黒髪を外国人みたいな髪色のブロンドヘアにするのが難しい理由

まず、日本人の髪の毛(黒髪)を外国人のようなブロンドヘアにしようと思うと、ブリーチが必須になってきます。そもそもなぜ外国人の髪の毛はそのままで綺麗なブロンドのなのに、日本人の髪の毛(黒髪)にはブリーチが必要なのでしょうか?

 

ブリーチが必要な理由

 

ブリーチが必要な理由はメラニン色素によるものです。メラニン色素は二種類あり、赤褐色のユウメラニンと赤黄色フェオメラニンで分類されます。外国人と肌の色が違うのも、髪色が違うのもこのふたつのメラニンの量の違いなのです。

 

日本人の髪の毛(黒髪)には赤褐色のユウメラニン、赤黄色のフェオメラニンは外国人。ブロンドヘアの髪にしたいときにはユウメラニンは邪魔になってしまうので、ブリーチという強力な薬剤でユウメラニンを破壊する必要があるのです。

 

ではなぜ難しいかと言うと、ユウメラニンは赤褐色なので、壊していく過程で赤色だったり、オレンジ色が強く出てきてしまうのです。完全に色味を消そうとすると、ブリーチが複数回必要になってきます。ブリーチを複数回繰り返すことでユウメラニンを破壊することはできますが、髪の毛のダメージは如実にでてきます。

 

髪の毛のダメージがおこることによって色持ちが悪くなる、見た目からダメージが読み取れ、きれいなブロンドヘアにみえない場合もあります。これらの理由のよってきれいなブロンドヘアの髪色はむずかしいとされています。メラニン色素とダメージの関係です。

 

目標の色味まで色を抜くことに髪が耐えられるかどうかが肝心です。例え髪の毛を痛ませてでもハイトーンにしたいと言っても限度があります。髪の毛が溶けてしまったり、手を通すだけで切れるような髪の毛にしてしまっては意味がありません。そのことからわたしたちは髪の毛がひどい状態になる前にブリーチはストップします。

 

ブロンドヘアにする方法

 

そして、髪の毛にでてきた余計な色味を消すようにヘアカラー剤を選定し、塗布します。もちろんヘアカラー剤もアルカリ性であるため、ダメージがないわけではありませんが、赤褐色のユウメラニンの多い髪の毛にはそうする方法(補色を使うやり方)はブロンドヘアにする方法として得策だと考えています。

 

美容室でハイトーンにする場合やブロンドヘアを目指す場合は、美容師にダブルカラーをオーダーしましょう。ダブルカラーは日本人の黒髪を外国人みたいな髪色のブロンドヘアにする方法です。ぜひ参考にしてみてください。

 

以上、(日本人の黒髪を外国人みたいな髪色のブロンドヘアーにする方法)でした。

スポンサーリンク




5

Return Top