Toggle

ヘアカラー



黒染めヘアカラーが色落ちしにくい理由!美容院でも明るい髪色にできない訳

こんにちは。ヘアドクターと呼ばれている美容院4cmの斉川ちゃんです。
今回は黒染めヘアカラーについてお話ししたいと思います。

img_0187

まず、黒染めを考えている方は、今、黒髪にしたいということだけでなく、今後のことも考えて黒染めヘアカラーにようにすることをお勧めします。
なぜか?
黒染めは一度すると、色落ちしにくいのです。

 

スポンサーリンク




黒染めヘアカラーが色落ちしにくい理由

つまり、黒染めヘアカラーをした髪は明るくキレイな茶色の髪色などに非常になりにくく、今の気分で黒髪にしても、数ヶ月後、例えば夏には明るくしようと考えているならば、希望の明るさになる可能性も、キレイにムラなく染まる可能性も非常に低くなります。
そもそも、髪の毛のダメージは均等ではありません。

 

ヘアダメージの大きいところには染料が深く入り、ヘアダメージが小さいところには浅く入ります。
その染料を脱色しようと思えば、美容院ではブリーチ剤を使いますが、染料の浅く入ったところは明るくなりやすいですが、深く入ったところは色落ちしにくく、明るい髪色になりにくいです。

 
ということは、黒染めヘアカラーした髪の毛は均等に脱色できず、色落ちもしにくくムラになりやすいということです。
なおかつ、黒染めヘアカラーの薬剤は赤色をベースに作ってあることが多く、脱色すればその赤色が顔を出し、赤茶の髪色になります。
みなさんアッシュ系のカラーが好きな方が多いです。

img_0188

赤茶はその逆の色み。
もし、アッシュ系の髪色がお好みならアッシュ系の色みの髪色にするのも、非常に難しいです。
これは、美容院や美容師の技術の問題ではなく、薬剤と毛髪科学の問題です。

 

どんなに技術のうまい美容院や美容師でも、黒染めをキレイに希望の明るさにすることはとても難しいことなのです。
また、ブリーチを使って脱色するわけですから、ヘアダメージもさらにプラスされ、もし、明るくしてパーマもかけたいと思ったとしたならば、キレイなパーマもかかりません。
下手したら、美容院に行くとパーマNGという判断を下される可能性もあります。

 

ですから、その時の気分だけで黒染めしようと思うと後々、厄介なことになりかねないので、ちゃんと先のことも考えてみてくださいね。
もちろん、就活などやむを得ない時はあります。

 

ちなみに、最近では、某メーカーで就活向けの色落ちしやすいヘアカラー剤も作られていますが、メーカー推奨の時間を越えるとやはり深く濃く入ってしまうらしいので、黒染めヘアカラーをしてない方がやはり希望のトーン、色みをコントロールしやすいのは確かではないかと思います。
以上、黒染めについてでした。

 

黒染めヘアカラーに関するご質問等は気軽に美容師さんにお聞きくださいね。なお色落ちしやすい黒染めヘアカラーのお薬は髪の毛のダメージが強いです。ご注意を!!

img_0189スポンサーリンク




Return Top