Toggle

ヘアカラー



ヘアカラーで希望通りの髪色にする方法!髪質を見極める事が重要です

 

髪質というものは人それぞれ全く違います。遺伝の影響で髪質がかなり似ている親子を除いて、特徴は十人十色です!親子ですら、髪質はもちろん全く同じではありません!

 

 

人間なので、顔や体と同じように違うのは当たり前ですね。人それぞれ違った髪に対して、同じ方法でヘアカラーやパーマをしたらどうなるでしょう?これも答えは同じで、人それぞれによって仕上がりが変わってきます!

 

 

今回ヘアカラーで希望通りの髪色にする方法として、髪質別でどういったアプローチをすれば良いのかという方法をご紹介します!

スポンサーリンク




 

 

ヘアカラーで希望通りの髪色にする方法

 

 

太い髪質、硬い髪質

黒い色素や、内部のタンパク質が多い髪質です。キューティクルも厚い層で覆われていることが多く、ヘアカラー剤を弾きやすいのが特徴です。髪の毛1本1本に存在感があるので、アッシュやマット系の寒色系ヘアカラーで染めることで柔らかく見せることも、可愛いくする1つの方法です!

 

 

細い髪質、柔らかい髪質

黒い色素は少なく、ヘアカラー剤が比較的反応しやすい髪質です。キューティクルも薄いので、浸透しやすいのが特徴です。髪1本1本の存在感はあまり無いだけに、ハッキリした色味を選んだり、濃いめのヘアカラーで存在感を出した方が可愛いく見えますね!

 

 

ダメージ毛

ダメージ毛の1つの特徴として乾燥している状態というのがあります。

乾燥している状態なので、水分を吸収しやすく、ヘアカラー剤も入りやすい場合の方が多いですが。

 

 

しかし!反対にダメージが進みすぎた場合で、ほとんど色が入らないこともあります!

入ったとしても、シャンプーをすることで流れ出てしまったりと色の持ちが非常に悪いです。

 

 

ダメージ〜ハイダメージ毛の方は、ヘアカラーで希望通りの髪色にする方法として、ヘアカラー剤の種類などにも気をつけて塗布していく必要があります!もしヘアカラー剤の選択を間違うと、くすみが出すぎたり、しっかりと発色しすぎたり、色が入らなかったりなど、希望通りの髪色にならなかったりします。

 

 

以上のように髪質によってヘアカラーの仕上がりやアプローチに違いが出てくることが分かって頂けたでしょうか?髪の毛という素材は、本来持っている髪質や髪色があります。髪質によって色の吸収の仕方も違うのです。吸収の仕方が違うが為に、ヘアカラーの発色の仕方が異なってきます。

 

 

これらの要素を慎重に見極めながら、お客様1人1人に満足いく希望通りの髪色になるヘアカラーの仕上がりをこれからも目指していきます!

 

 

以上、(ヘアカラーで希望通りの髪色にする方法!髪質を見極める事が重要です)でした。

スポンサーリンク






Return Top