Toggle

ヘアカラー



なぜ白髪になるのか?白髪の生える原因とは

ある時から、ふと気になり始める白髪。

 

 

こんなとこにあったかな?
最近生えてきたのかな??

 

 

1度気になり出したら最後。。染めに行かないとっ!
こんな風に、日々白髪にお悩みの方が多いと思います。

t4

 

そんな白髪の、知ってるようで知らない特徴と白髪の生える原因を簡単に紹介したいと思います。

 

 

なぜ白髪になるのか、白髪の生える原因??
白髪を少しでも理解することで、嫌な存在ではなく、愛すべき自分の髪の毛として感じてもらえたらと思います!

 

 

ストレートな疑問!なぜ白髪になるの???白髪の生える原因とは

スポンサーリンク




 

髪の毛の毛根には、髪の毛を作る役割の、毛母細胞といものがあります。
そして、その毛母細胞の周りにメラノサイトという細胞があるのですが、
ここで!!髪を黒く見せる「メラニン」が作られているんですね。

 

 

しかし!年齢を重ねると、このメラニンが色々な理由で無くなります。
黒く見せるメラニンがなくなることで髪が白く見える、つまり白髪になるのです。

 

 

意外と知られてはいないのですが、メラニンが作られる前の髪の色も実は白い状態から生まれているのです。
つまり再び白い毛に戻ってきたということなんです。

 

 

忌み嫌われる白髪が生えてきたのではなく、また元の姿に戻ったと思うと、少し見方が変わるかもしれませんね♪

 

 

メラニンがなくなる原因と働き

 

加齢やストレス、遺伝、栄養不足などが上げられますが、個人によっても違ったりしますし、明確な白髪の生える原因というのは分かっていません。
ただ以上のことから生活習慣、栄養バランスなど少しでも意識することで、白髪を減らすことは出来ると思います。

 

 

また、メラニンは髪の毛を黒く見せているだけではなく、太陽の光に含まれる紫外線を吸収して、髪を守働きもあります。

 

 

しかし、メラニンが無くなると、髪の内部に直接ダメージが与えられ、劣化が進んでしまいます。
劣化が進むということはさらに白髪になる可能性が高まってしまうということ。

 

 

白髪やダメージから髪を守るために少し白髪が増えてきたなと感じたら、
ヘアケアなどのお手入れはより一層しっかりする必要があるんです。

 

 

カラーで染めるだけで無く、流さないトリートメントやオイルでしっかりと守ってあげましょう。

 

 

白髪の特徴

 

髪の内部の脂質が黒髪より増えるという変化があり、脂質が増えることによって吸水性が低くなります。
よってカラーの薬剤などもはじきやすくなってしまいます!

 

 

つまりカラーやパーマの薬剤があまり浸透せず、薬剤が効きにくくなるというのが美容師にとっては最大のお客様の変化ですが、
僕たち美容師はそれらの知識や髪の状態に合わせて、カラーやパーマの施術をさせて頂いてます。

 

 

白髪になることによってヘアデザインの幅が少なくなったと、
ならないように少しでも色々なカラーやパーマを楽しんで頂けるよう、
ダメージの軽減にこだわり、必要なアドバイスをお伝えし続けていきます!

 

 

エンジョイ白髪ライフ!

de05ed87-bb6e-44de-9385-1d3fe8c7dca9

 

以上、(なぜ白髪になるのか?白髪の生える原因とは)でした。

スポンサーリンク




Return Top