Toggle

ヘアケア



枝毛、切れ毛は髪が痛んでいるサイン!?ケア方法を紹介します

最近、髪が痛んできてよく切れる。
毛先が、枝毛になっている気がする。

 

そう感じるのは髪の毛が痛んでいる証なんです。
 

枝毛を見つけたら、髪をさいていませんか?
切れ毛をそのまま放っておいていませんか?
 

ちゃんとケアをしないと。ますます髪が痛んで切れ毛や枝毛が発生する原因になるんです!

枝毛・切れ毛がある場合は、そのままにしておくと良いことは1つもありません!

ヘアスタイルは崩れてボサボサになる
髪の毛がどんどん切れる

などの原因になり、ダメージを受けすぎるとヘアカラーやパーマができなくなってしまうなんてことにもなってしまう場合も。

枝毛や切れ毛が気になる方は1日でも早くヘアケアを始めましょう!

4cm諸江店
副店長
山元
今回は枝毛と切れ毛の正しいケア方法を紹介します!
キレイな髪の毛をキープするためにもぜひ参考にしてくださいねー!

 

それでは本題のケア方法を紹介する前に、間違いやすい枝毛と切れ毛の違いについて簡単に紹介しますね!

 

【この記事を監修した美容師】

美容院 4cm 諸江店副店長
山元 花菜

美を追求し、お客様とキレイを共有出来るように頑張ります。
多くの方の髪や頭皮の悩みに寄り添って情報を発信しています。
ぜひ参考にしてください。

山元花菜 ブログ

スポンサーリンク




枝毛と切れ毛の違いってなに?

枝毛と切れ毛の違いは、髪の毛の状態にあります。
 

枝毛は1本の髪が先端から枝のように分かれてしまっている状態の髪のことを言います。
毛先の部分をよく見ると2つに分かれているような状態ですね。

切れ毛とは文字通り、髪の毛が途中で切れてしまっている状態のことです。
ロングヘアの人は分かりやすいのですが、まばらに短い髪の毛があったり、自宅の床によく髪の毛が落ちている場合は切れ毛が発生している可能性があります。
また切れ毛が発生しているときは、髪の毛を少し引っ張るだけで髪の毛が切れやすくなってしまっているんです。
 

4cm諸江店
副店長
山元
枝毛と切れ毛はどちらも髪の毛が痛んでしまっている。。と分かりやすいもので自分で確認しやすく、多くの方が抱える髪の悩みです。

 

それではなぜ枝毛や切れ毛になってしまうのでしょうか?

続いては枝毛や切れ毛が発生してしまう原因について紹介していきます。

枝毛と切れ毛になってしまう原因って?


毎日丁寧にヘアケアをしていても、なぜかできてしまう枝毛や切れ毛の原因は何なのでしょうか?
 

それがズバリ髪の毛のダメージです。

ダメージを受けた髪の毛は、髪の表面にあるキューティクルが剥がれ落ちて髪の毛の内部の水分やタンパク質が、少なくなることで髪の毛の中に空間ができてしまいます。
 

空間ができた髪の毛がプチっと切れてしまったり、2つに分かれてしまったりするんです。

このことが原因で枝毛や切れ毛が発生してしまう原因になります。
 

4cm諸江店
副店長
山元
ここでキューティクルって何?と思う方もいますよね!
キューティクルとは厚さが0.005mmほどで鱗のように何層も重なり合っていて、細かく見ると8層ほどになっているんです。
乾燥などのダメージから髪の毛の内部を守る大切な役割をしてくれいているんですよ!

 
キューティクルが剥がれる原因がはいくつもありますので紹介します。

原因①熱によるダメージ


毎日、ドライヤーは使うのはもちろんですが、ヘアアイロンやコテを使っているという方も多いのではないでしょうか。
使い方を間違えてしまうとキューティクルが剥がれてしまいます。
 

キューティクルは「熱」にとても弱いんです。。。
ドライヤーやアイロンを同じ場所に長く当て続けるのはNG。

4cm諸江店
副店長
山元
髪の毛に熱を当てるときはなるべく短時間で済ます!ということを意識することで髪の毛のダメージを防ぐことができますよ!

原因②洗浄力の強いシャンプーによるダメージ


洗浄力の強いシャンプーを使うと髪の必要な水分まで洗い流してしまうんです。
 

洗浄力が強いシャンプーとはドラックストアなどで発売されているような、価格が安いシャンプーのこと。
価格の安いシャンプーは刺激が強く髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。

4cm諸江店
副店長
山元
毎日使うシャンプーは髪の毛の状態を左右するものです。
中にはダメージの原因になってしまうものもあります。
枝毛や切れ毛を防ぐためにはシャンプーも重要です!

 

洗浄力が強いシャンプーについてはこちらでも詳しく紹介しています。

値段の安いシャンプーのデメリットまとめ!頭皮と髪に注意が必要

原因③紫外線によるダメージ


紫外線はお肌だけでなく髪の毛にも影響します。
紫外線を大量に浴びるとキューティクルに穴が空いてしまい、髪の毛を保護する力を低下させてしまいます。
 

ダメージは枝毛や切れ毛だけではなく、髪の毛がパサつく原因にもなるんです。

紫外線は肌の敵だけではなく、髪の毛にとっても敵なんです!

原因④乾燥によるダメージ


髪の毛が乾燥していると、髪はダメージを受けやすくなります。
髪の毛が乾燥しているということは、髪の毛に必要な水分と栄養が不足している状態。
 

キューティクルがめくれたり、剥がれたりすると栄養や水分が外にでてしまい乾燥に繋がってしまいます。
キューティクルが破壊されると髪は弱ってしまい、枝毛や切れ毛の原因になります。

先ほどシャンプーが大切と紹介しましたが、髪の毛の乾燥予防のためにはヘアオイルも枝毛・切れ毛対策にはおすすめです!

原因⑤栄養不足によるダメージ


人間の身体は食事によって作られていますよね。
髪だって同じです。
 

ビタミンとタンパク質が不足になると、髪の毛は細く弱くなってしまうんです。
栄養バランスが悪いと髪にも影響が出て枝毛や切れ毛の原因になります。
 

4cm諸江店
副店長
山元
ここからは、枝毛と切れ毛のケア方法を紹介します!
キューティクルは一度ダメージを受けると元の正体に戻すのは難しいんです。
できてしまった枝毛や切れ毛を修復することは難しいですが、ヘアケア方法で保護してあげることは可能です。
今以上にひどくならないために、オススメのケア方法を紹介しますのでぜひ参考にしてください!

枝毛&切れ毛のケア方法5つ紹介します

①髪へのダメージを軽減する


ブラッシングの摩擦、ドライヤーやヘアアイロンの熱でのダメージは注意!
ドライヤーとヘアアイロンの温度は低めにして、髪の同じ場所に使い続けないようにしてくださいね。
 

濡れたままの髪の毛はキューティクルが開いている状態なのでしっかり乾かしましょう!
髪の毛を早く乾かしたくても我慢。低温でじっくり乾かすのがオススメ!
 

ブラッシングをするときは、髪が乾いてる状態で毛先から少量ずつ毛先、中間、トップの順にゆっくりブラッシングを行いましょう。

熱と刺激は肌と同じように髪の毛のダメージの原因になります。

髪の毛を扱うときはできるだけ優しく扱ってあげましょう!
 

②シャンプーを見直す


洗浄力の強いシャンプーは、髪の毛や頭皮の皮脂を落としすぎてしまいます。
油分がなくなった髪の毛はバリアがない状態。

乾燥・熱・紫外線など髪の毛は様々な原因でダメージを受けてしまい、枝毛や切れ毛が発生してしまいます。
 

髪の毛のダメージを受けて水分が少なくなると、キューティクルが剥がれやすくなってしまうんです。
洗浄力の強いシャンプーは髪の毛だけでなく頭皮の必要な皮脂までもごっそり落としてしまい、頭皮のベタつきやかゆみ、フケの原因にもなってしまいます。
 

どんなシャンプーを使えばいいか分からないという方にオススメしたいシャンプーはこちらです。

こちらは当店美容室4cmが作成したオリジナルシャンプー「ザ・オーガニック」です。
『肌と髪に優しい」をコンセプトに作られたシャンプーなので、配合されている低刺激の洗浄力と天然の保湿成分が髪の毛を優しく洗い上げてくれます。
 

低刺激でヘアケア効果も高く、さらに天然の植物成分の保湿効果が高いので、毛先まで手触りの良いキレイな髪の毛になることが期待できます!
枝毛や切れ毛でお悩みの方は、ぜひお試しください!
 
ザ・オーガニックについてはこちらで詳しく紹介しています↓↓
THE Organic Original Shampoo & Treatment

③紫外線対策をする

紫外線を浴びることで日焼けすると、肌に水分がなくなってカサカサに乾燥しますよね?
髪の毛も同じように紫外線が原因で、髪の毛の水分が減少してしまいます。
 

髪への紫外線対策はUVスプレーをオススメします。
お出かけ前、スタイルング後に髪にシューとスプレーして紫外線から髪の毛を守りましょう!

 

また洗い流さないトリートメントやスタイリング剤には紫外線予防効果があるものもあります。

つまり髪の毛の日焼け止めみたいなものですね。

特に紫外線が強い夏の間は枝毛や切れ毛が発生しやすいので、しっかり紫外線対策もしましょう!

4cm諸江店
副店長
山元
日差しが強い日に帽子をかぶることもおすすめですよー!

④食生活や生活習慣を見直す


食生活や生活習慣が乱れると、お肌の調子も悪くなってしまいますよね?
髪の毛だって同じです!
 

食生活や生活習慣を改善して頭皮の血行をよくすることも大切です。
十分な睡眠を確保したり、溜まったストレスを解消したりしましょう。
 

すぐに改善できなくても、髪の状態を確認しながら規則正しい生活を心がけてみてくださいね!
 

⑤ヘッドスパをする


枝毛、切れ毛のケアにはヘッドスパがオススメです。
丈夫で健康な髪の毛を作るには、頭皮環境がしっかりしていないといけません。
 

ヘッドスパをすると頭皮の血流もよくなり頭皮が綺麗になるので綺麗な髪の毛が生えやすくなります。
それに、頭にはたくさんのツボがありますので、すっきりストレス解消に繋がりますよ!

枝毛、切れ毛は自分で切ってしまってもいいの?


ここで注意していただきたいのは、枝毛や切れ毛を自分でカットしてしまうことです。
 
中には自分で切ってしまうという方もいるかもしれませんが、ご家庭で使われているようなハサミで髪の毛を切るのはNGです。

髪の毛はちゃんと髪の毛専用のハサミで切らないと、切り口がガタガタになってしまうのでさらに枝毛や切れ毛の原因になることもあります。

美容室で枝毛カットだけ頼むのもアリですよ。
仲の良い美容師さんがいる場合は、枝毛カットだけしてもらえないか聞いてみるのはいかがでしょうか?
 

あまり長さを切らない場合だと、通常の価格より安く切ってもらえるということもあるかもしれませんよ。

4cm諸江店
副店長
山元
特に枝毛をそのままにしておくとヘアスタイルがボサボサになってしまったり、手触りが悪くなってしまいます。

枝毛が多くある場合はカットしてキレイな状態にしてあげてくださいね。

まとめ

紹介したように枝毛、切れ毛は様々な原因で発生してしまいます。

発生しないためには、またこれ以上増やさないために大切なのはヘアケアです。

髪の毛をしっかりケアを続けることでキレイな髪の毛をキープすることができます。

枝毛や切れ毛が気になる方はぜひ早めにケアを始めてあげてくださいね!

4cm諸江店
副店長
山元
今回は多くの方が悩まれる枝毛・切れ毛について紹介させていただきました。

あなたのお悩みは解決できたでしょうか?

なにかご質問などありましたら、お気軽に美容室4cmのお問い合わせフォームにご相談ください!

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

以上(枝毛、切れ毛は髪が痛んでいるサイン!?ケア方法を紹介します)でした。

スポンサーリンク






※関連記事

髪の毛が広がらないシャンプーの選び方!硬くて量の多い方はチェック

髪のパサつき・うねり対策にオススメの方法3選を美容師が紹介しちゃいます!

Return Top