Toggle

ヘアカラー



ヘアカラー長持ちさせるためにやってはいけないこととは?カラーの長持ちの方法も紹介します。

ヘアカラーをしたのに、1、2週間で色落ちしてしまう。。。
せっかくお気に入りのカラーになったのに、すぐに色落ちしてしまってはがっかりしますよね。
 

ヘアカラーが落ちる原因は、カラーの仕方が悪いと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は大きな間違いなんです。。
 

ヘアカラーが色落ちする原因は髪の毛自体の「傷み」にあります。

この記事では、ヘアカラーを長持ちさせるためにやってはいけないことや、ヘアカラーを長持ちさせるための対策方法を紹介します!
 

 

マネージャー
セト
今回は当ブログをご覧いただきありがとうございます!

ヘアカラーが長持ちしない。。
いつもすぐ色落ちして困っている

という方にカラーを長持ちさせるコツを紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

【この記事を監修した美容師】

美容院 4cm マネージャー
背戸 信吾

確かな技術でヘアデザイナーとして顧客に絶大な信頼を得ている。

「お客様には常にキレイな髪の毛でいて欲しい!」という想いのもと、長年の知識と経験を生かしてヘアケアに関しての情報を発信しています。

豊富な知識力で、お客様からのヘアケアに関する質問が絶えない。


【詳しいプロフィールはこちら】
背戸 信吾の公式ブログ プロフィール
Twitter
Instagram

スポンサーリンク




なぜヘアカラーは色落ちする?ヘアカラーを長持ちさせるためにやってはいけないこと

まず簡単にヘアカラーが色落ちしてしまう原因を紹介します。

ヘアカラーを染める時は、まず髪の毛に薬剤をつけて髪のメラニン色素を分解し脱色が行われます。
そして髪の毛に色素が入ることで、カラーの色味を出すことができるんです。
 

ズバリヘアカラーの色落ちの原因は、この色素が抜けることが原因です。

簡単にヘアカラーの色落ちのメカニズムを説明するとこのようなイメージだと思っておいてください。

 

マネージャー
セト
ヘアカラー後は、髪の毛がデリケートな状態なんです。

さらにここからは具体的にヘアカラーが色落ちしてしまう原因について紹介します。

ヘアカラーを長持ちさせるために、ヘアカラーが色落ちしてしまう原因を知っておきましょう!

髪の毛のダメージによるもの


髪の毛が傷んでダメージを受けていると、髪内部のタンパク質が抜けてしまい髪の毛を保護しているキューティクルが剥がれてしまいます。
 

髪の毛が傷みキューティクルが剥がれていると、カラー剤が定着する場所がなくなりヘアカラーが抜けやすくなってしまうんです。
 

ヘアカラーが髪に定着する期間が、ヘアカラー後10日間ほどなのでその期間は念入りに髪の毛のケアや保湿してあげる必要があります。

紫外線によるもの

髪も肌と同じように紫外線のダメージを受けています。
日焼けした髪の毛がオレンジっぽいカラーになり傷んでいるのを見たことがあったり経験がある方も多いと思います。
 

紫外線は髪の毛の中にある、もともとの色素やカラーリングで定着した染料を分解してしまうんです。
それが、カラーリングの色落ちの原因になってしまいます。

マネージャー
セト
肌の紫外線対策をしている方は多いですが、髪の毛もしっかり紫外線対策をしてあげてくださいね!

洗浄力の強いシャンプーによるもの

シャンプーは髪の毛の汚れを落とすものですが、洗浄力が強いシャンプーを使用するとヘアカラーの色素も一緒に洗い流してしまいます。
 

ヘアカラー後の髪の毛はデリケートで洗浄力が強いシャンプーで洗ってしまうと、髪の毛はますます水分や油分がなくなってしまいヘアカラーが流出しやすい髪の毛になってしまいます。
 

洗浄力の強いシャンプーはヘアカラーの色落ちだけでなく頭皮の必要な皮脂までもごっそり洗い流してしまい、頭皮のベタつきやフケの原因にもなってしまいます。

ヘアカラーの色落ちが気になる、長持ちさせたいという方は普段から使用しているシャンプーを見直すこともオススメします!

ヘアアイロンやコテの使用によるもの

コテやヘアアイロンって、ヘアセットには欠かせないものですよね。
 

しかし、ヘアカラーした髪の毛に高温のヘアアイロンやコテを使用すると、髪の毛の中にある水分と一緒にカラーリングの染料が蒸発してしまい、一瞬にしてヘアカラーが抜けてしまうことがあるんです。

 
ヘアカラーを長持ちさせたい時は、できるだけヘアアイロンなどの使用はおすすめしません。

ただ、どうしてもヘアアイロンを使うという時は、なるべく短い時間でサッと使いましょう!

マネージャー
セト
せっかく綺麗にヘアカラーをしたのに、台無しになってしまっては悲しいですよね。
ここからは、ヘアカラーを長持ちさせるコツを紹介します!

ヘアカラーを長持ちさせるコツってある?

ヘアカラーを長持ちさせるには、何よりヘアケアが大切になります!
 

ヘアサロンに頻繁に通える方は、トリートメントやヘアエステなどをすることで、ヘアカラーが長持ちしやすい環境を整えることは可能ですが、ヘアサロンに頻繁に通うのはなかなか難しいですよね。
 

そこで重要になるのは、ホームケアです!

ホームケアとは自宅でしっかりヘアケアをするということですね。

そのホームケアで大切になるのは、毎日使うシャンプーが重要です!
 

原因でも紹介した通り、洗浄力の強いシャンプーはヘアカラーが色落ちしやすくなってしまうんです。
ヘアカラーを長持ちさせるのにオススメのシャンプーについて後ほど詳しく紹介させていただきます。
 

マネージャー
セト
ヘアカラーは、髪の毛を染めた日から2週間がもっとも色落ちしやすいと言われています。
そのため、2週間のケア次第で髪の毛の色落ちを左右してしまうと言ってもいいほど。
2週間という短い期間だけしっかりヘアケアをすることで、その後のヘアカラーが長持ちしやすくなるんですよ!

 

次に紹介するには、ヘアカラーを長持ちさせるためにヘアカラー後にするべきケア方法を紹介します!

ヘアカラーを長持ちさせるためにヘアカラー後するべきケア方法を紹介します

それでは、ヘアカラーを長持ちさせるオススメのケア方法を紹介します。
どの方法も簡単に始められるので、ぜひ参考にしてくださいね!

ヘアカラー当日はシャンプーを使わない

ヘアサロンでヘアカラーをした日は、なるべくシャンプーをしないことをオススメします!
その理由は、ヘアカラーは染めた後すぐに髪の毛にカラーが定着するわけではないからなんです。
 

髪の毛にカラーが定着するには、24時間〜48時間かかると言われています。
ヘアカラー後にシャンプーをすると、すすいでもすすいでも流したお湯に色がついているのはヘアカラーが落ちてしまっている証拠。
 

特にヘアカラーを染めた方は、翌日に色落ちしてしまう可能性が高いんです。
もちろん、髪の毛にヘアカラーが定着する前に洗い流してしまうと髪にヘアカラーを定着させることができなくなります。
 

マネージャー
セト
ヘアカラーをした日は、頭を洗わないと気持ち悪いと感じる人もいますよね。
そんな方は、シャンプーを使わずにお湯でしっかり洗いトリートメントをつけることをオススメします!

アイロンやコテの使用をなるべく控える


ヘアセットのときに、アイロンやコテを使わないとスタイリングができない。。という方も多いと思います。
 

しかし、髪の毛は熱に弱く髪の毛への熱のダメージは色落ちの大きな原因となりますので、先ほども伝えた通りヘアカラー後のアイロンやコテの使用はオススメできません。
 

できればドライヤーを使って、スタイリングのベース作りをすることをオススメします!

ヘアカラー後のシャンプーは洗浄力の優しいシャンプーがオススメ

先ほど、ヘアカラーをした日はシャンプーを控えることをオススメしましたが、翌日からのシャンプーは髪の毛への刺激の少ないシャンプーを使用することをオススメします。
 

市販で売られているシャンプーは洗浄力が強いものが多くヘアカラーも一緒に洗い流してしまいます。
 

通常、髪の毛についた汚れは、お湯で70%は落とせると言われています。
なので頭皮や髪の毛の汚れはそこまで気にせず、ヘアカラーを長持ちさせるためにも、低刺激のシャンプーを選ぶことをオススメします。
 

低刺激のシャンプーでオススメなのが、アミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸系シャンプーの主成分
・〇〇グルタミン酸
・〇〇アラニン
・〇〇グリシン
・〇〇サルコシン
・〇〇アスパラギン酸

これらの成分が使われています。
 

マネージャー
セト
美容室で販売されているシャンプーは洗浄力の優しいものが多く、ヘアカラーの色落ちも最小限にすることができます。
ヘアカラーの色落ちが気になっているという方は、ぜひ使ってみてください!

ヘアカラー後は洗い流さないトリートメントは必須

ヘアカラー後は、洗い流さないトリートメントは欠かせません。
ヘアカラーすることで髪の毛の内部が傷んでしまっているため、ヘアトリートメントで補修してあげましょう。
 

特に洗い流さないトリートメントは、名前通り洗い流さずにトリートメントがついた状態がキープできるので、ケア効果も高いんです。

ヘアトリートメントで髪の毛の内部が補修されることで、ヘアカラーは定着しやすく、髪の表面から流れ出ることも少なくなります。
 

毎朝、スタイリング剤の代わりに。
夜はお風呂上がりのタオルドライ後につけるのがオススメ。
 

マネージャー
セト
髪の毛のパサつきが気になる方は、ドライヤーの前後にミストタイプやミルクタイプのトリートメントをダブルでつけると効果的ですよ!

オススメのシャンプーを紹介します

低刺激のアミノ酸系シャンプーってどれを選んだらいいのかわからない。。という方にオススメしたいシャンプーはこちらです!

ヘアカラーを長持ちさせた方にオススメなのが、こちらは当店4cmが制作したオーガニックシャンプー【ザ・オーガニック】です。
 

ヘアケア効果が高い低刺激のアミノ酸系成分を洗浄成分として配合されています。
髪のダメージによる色素の流出を防ぐ効果が期待できる成分がたっぷりと含まれています。
 
また天然の植物性保湿成分も配合されているので、ツヤのある綺麗なヘアカラーがキープできます。

ヘアカラーを長持ちさせてツヤのある髪の毛になりたい!という方にはぜひオススメのシャンプーです。
ぜひよかったらこちらのシャンプーとトリートメントを一度使ってみてくださいね。

ザ・オーガニックについてはこちらで詳しく紹介しています↓↓
THE Organic Original Shampoo & Treatment

カラーを長持ちさせる洗い方を紹介


ここからは、カラーを長持ちさせるシャンプーの方法を紹介します!
簡単にできるので、ぜひ参考にしてくださいね。
 

①髪の毛の表面についている汚れを、お湯でしっかり洗い流す。
②シャンプーを直接つけず、手でとって耳の後ろや襟足、フェイスラインの頭皮数カ所につける。
③髪の毛が摩擦で傷まないように、指の腹で髪の毛を揉むようにして泡立てる。
④38℃くらいのお湯でしっかりとシャンプーを洗い流す。

 

正しいシャンプーをすることで、ヘアカラーが長持ちすることはもちろん頭皮や髪の毛のケアにもなります!
頭皮を洗うときは、爪先で頭皮を傷つけないように気をつけてくださいね。

まとめ

ヘアカラーを長持ちさせるには、髪の毛にダメージを与えないことが一番です。
 

髪の毛は日常の生活の中で、気づかないうちに傷んでしまうことがありますが、今回紹介したヘアケア方法を実践すれば、今まですぐに色落ちしてしまっていたヘアカラーの持ちが改善されます!
 

髪の毛は意外とデリケートなのでしっかりダメージをケアしてあげることで、ヘアカラーだけでなく頭皮のトラブルなども防いで綺麗な髪の毛を手に入れましょう!

マネージャー
セト
今回はヘアカラーが色落ちする原因と長持ちさせるための対処方法について紹介させていただきました。

あなたのお悩みは解決できたでしょうか?

またなにかご質問などありましたら、お気軽に美容室4cmのお問い合わせフォームにご相談ください。

最後までご覧いただきありがとうございました!

以上(ヘアカラー長持ちさせるためにやってはいけないこととは?カラーの長持ちの方法も紹介します。)でした!

スポンサーリンク






Return Top