Toggle

ヘアカラー



人気のインナーカラーとは?メリット・デメリットを紹介します!

「新しい髪色にチャレンジしたいけど、全体を染める勇気がない。。」
「落ち着いたカラーでおしゃれな髪型にしたい。。」
と思っている方にオススメしたいヘアカラーが、インナーカラーです!
 

インナーカラーは、最近では人気を集めているおしゃれヘアなんです!
個性的なカラーからナチュラルなカラーまでたくさんのカラーがあり、髪の毛全体を染める必要がないので気軽にできるカラーです。
 

この記事では、人気のインナーカラーとはどのようなカラーなのか、インナーカラーのメリット・デメリットについても紹介します!

 

マネージャー
セト
インナーカラーに挑戦したい・興味があるという方は、ぜひご覧ください!

 

【この記事を監修した美容師】

美容院 4cm マネージャー
背戸 信吾

確かな技術でヘアデザイナーとして顧客に絶大な信頼を得ている。

「お客様には常にキレイな髪の毛でいて欲しい!」という想いのもと、長年の知識と経験を生かしてヘアケアに関しての情報を発信しています。

豊富な知識力で、お客様からのヘアケアに関する質問が絶えない。


【詳しいプロフィールはこちら】
背戸 信吾の公式ブログ プロフィール
Twitter
Instagram

スポンサーリンク




インナーカラーってどんなカラー?


インナーカラーは名前の通り、「髪の毛の内側だけをカラーリングする」というヘアカラーの染め方です。
 

外側の髪の毛とは違う色になるので、髪の毛をかきあげたときにさりげなく見えるカラーがとてもおしゃれなんですよ!
 

外側の髪に色のベースを残したまま、印象を変えられるカラーでもあります!
「いかにも髪色を変えた!」という印象にならないようにできるので、初めてのカラーリングでインナーカラーにチャレンジするお客様もいらっしゃいますよ。
 

マネージャー
セト
普段、明るめのカラーができないという方でも挑戦しやすいインナーカラー!
さりげないおしゃれにオススメですよ。

 

こちらの動画ではいくつか当店で実際にインナーカラーに染めたお客様のヘアスタイルを紹介しています!

ここからは、インナーカラーのメリット・デメリットを紹介します!
まず、最初はメリットから紹介していきますね!

インナーカラーのメリットを紹介します!

インナーカラーはヘアアレンジによって、さまざまなシーンに合わせることができ、気軽に印象を変えることのできるヘアカラーの方法です!
具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?

①髪色を大きく変えなくてもいい

インナーカラーは髪の毛を下ろして入ればカラーリングをしたことに気づかれにくいんです。
なので、インナーカラーはベースとなる髪色を変えなくても印象だけ変えることができるので、普段明るめのヘアカラーができないという方にオススメなんです!

②ヘアアレンジしたときに引き立つ

インナーカラーはヘアアレンジしたときにとても引き立ちます。
ヘアカラーのデザインにもよりますが、少なくても2色のコントラストがヘアアレンジをより引き立たせてくれるんですよ。
 

髪の毛を耳にかける、ピンでとめる、結ぶなどのヘアアレンジをするとハイトーンな髪色が表に現れるインナーカラーはおしゃれなアクセサリーのように楽しめます。
 

普段は隠れているインナーカラーをヘアアレンジよって目立たせることもできるので毎日のスタイリングが楽しみになりますよ!

③さりげなくおしゃれを楽しめる

「派手なヘアカラーにする勇気がない。。」、「職場のヘアカラー規則が厳しい。。」などということがあっても関係なく楽しめちゃうのがインナーカラーの良いところなんです。
 

インナーカラーは文字通り、髪の毛の内側を染めるカラーなので派手なカラーでなければ、髪の毛を下ろしていても周りの人には分かりにくのもメリットの1つです。

④髪の毛のダメージを抑えられる

ヘアカラーをすると髪の毛の傷みが気になってしまいますよね。
そんな方には、インナーカラーはオススメです!
 

インナーカラーは部分的なカラーなのでブリーチをするにしても、ノーマルカラーのみでカラーするにしても髪の毛全体ではないので、髪の毛の傷みは気になりにくくなります!
傷みにくいのも嬉しいポイントですよね。

⑤髪の毛が伸びてきても目立ちにくい

インナーカラーは全体のカラーに比べて、髪の毛の内側だけを染めるカラーなので根元が伸びてきても目立ちにくいというメリットもあるんです!
 

なので、ヘアカラーを頻繁にできないという方にもチャレンジしてもらいやすいカラーとなっています。
 

マネージャー
セト
メリットがあれば、デメリットもあるインナーカラー。
ここからは、インナーカラーのデメリットを紹介していきます!

インナーカラーのデメリットを紹介します!

プラス料金がかかる

インナーカラーを入れる場合はブリーチ代&+カラー代がそれぞれかかるため、通常のカラーリングの2倍以上の料金がかかってしまうことがあります。
 

美容室4cmでは、通常カラー+4,000円〜でしています。
美容室によっては、料金が違うので予約をするときに料金を確認することをオススメします。

インナーカラーをやめたいときにカラーを均一にしにくい

カラーリングする際には、色によって髪の毛に与えるダメージが異なるのがインナーカラーの特徴でもあります。
 

そのため、インナーカラーをやめて髪の毛全体を同じ色に染めようとしても均一な髪色にすることは難しくなってしまいます。
 

特にブリーチを使ったインナーカラーは均一にするのが難しく、インナーカラーをした部分から色落ちするので、すぐに明るいインナーカラーがでてきてしまう可能性があります。

パーマや縮毛矯正がかかりにくくなる

インナーカラーでブリーチを使った場合ですが、パーマや縮毛矯正がかかりにくくなります。
ブリーチをすると髪の毛が傷み、パーマや縮毛矯正をオススメできる髪の毛の状態ではありません。。
 

ブリーチで傷んでしまった髪の毛は、水分を吸収しやすくなり髪の毛が乾きにくくなってしまうこともあります。
 

マネージャー
セト
インナーカラーをしてパーマや縮毛矯正をしたいという場合は、事前に担当の美容師さんにしっかり相談することをオススメします!

インナーカラーは、こんな方にオススメです!

・普段明るい髪色ができないけど、ボブヘアにアクセントが欲しい!
・職場でもばれにくいインナーカラーに挑戦してみたい!
・さりげなくおしゃれなカラーがしたい!

という方にオススメのインナーカラーを紹介させていただきました。
 


髪の毛を耳にかけるとさりげなく見える、インナーカラーはオススメです!

インナーカラーにはどんなカラーが人気?

インナーカラーには、たくさんのカラーがあります!
初めてインナーカラーに挑戦したい!という方は、どんなカラーにしようか迷ってしまいますよね。
 

そこで、インナーカラーの代表的な人気カラーを紹介します。

マネージャー
セト
ぜひインナーカラーをする際の参考にしてみてください!

レッド&ピンク系


レッド&ピンク系のカラーは、クールさも可愛らしさも兼ね備えた人気カラーです。
どうしても派手な印象があるカラーですが、ブラウンベースの髪色に深めのレッドのインナーカラーを入れることでカラーがなじみやすく、さりげない印象に仕上がりますよ!

グリーン系


ロングヘアーのアッシュや黒髪にオススメなのが、グリーンのインナーカラーです。
ロングヘアではどうしてもインナーカラーを入れる面積が増えるので、ごく一部にインナーカラーを入れるかさりげないカラーを入れると圧迫感がないんです。
 

それに、グリーンのインナーカラーは目立ちにくいため、職場などで髪色の規定が厳しいという方にもオススメですよ!笑

グレー系


外国人のような印象になるグレー系の院なカラーは、透明感が魅力的なんです。
髪全体も暗めのグレージュカラーにして、髪の毛の赤みを消すことで透明感がアップし、インナーカラーの中でもとくに落ち着いた高級感のある仕上がりになりますよ!
 

マネージャー
セト
インナーカラーは、ヘアカラーが色落ちする過程も楽しめるカラーになっています。
どんなカラーにしたいのかなど、お気軽に私たちにご相談ください!

まとめ

インナーカラーは入れる色や場所、ヘアアレンジによって楽しめるカラーリングです。
メリット・デメリットがありますが、いつもと違うカラー、おしゃれに見えるカラーにしたいと言う方はぜひ挑戦してみてくださいね!
 

今回は今人気のインナーカラーについて紹介させていただきました。

内側を染めることでグッとヘアスタイルのオシャレ度もアップするオススメのヘアカラースタイルなので、ぜひ一度挑戦してみてください!

マネージャー
セト
また何か質問などありましたら、美容室4cmではお問い合わせフォームでご相談を受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

最後までご覧いただきありがとうございました!

以上(人気のインナーカラーとは?メリット・デメリットを紹介します!)でした!

スポンサーリンク






Return Top